Yukonexus6さんのネットラジオでワラビ掘りの歌

一緒に氷点下の森に出演してくれた(しかもドライバーもしてくださった>大変ありがとうございます)ミュージシャンのYukonexus6さんのネットラジオでも、蕨掘りの歌を歌いました。
Yukoさんは90年代から、コンピュータを普通ではない方法で使った面白い音楽表現をされているミュージシャンです。
https://note.mu/yukonexus6/n/n1d37c24b1285 どんなもんか聴いてみたい方は是非ご視聴を!

葛加工のイベントに参加してきました

「本気の葛加工」(里山文庫さんのクラウドファンディングイベント)に参加してきました!
信じられないくらいでかい葛がとれてびっくりした!!

指導してくれたおじさんが、かなり物知りで真剣に掘り方を教えてくれて面白かったのですが、
岩をどけたり、めちゃ高い所に登ったりして、結構危険というか、
いつの間にか、葛根掘りが、岩掘りになっていたような、、

あと、夜にcommons gardern=里山文庫? シェアハウスのオープニングパーティ的な物があり、
それにも参加して来た。農家民泊がやりたい人、農業の専門的な知識を持った人、馬を飼うという方や、日本料理の料理人などが既に集まっていて、とても面白そうだった。

翌朝に、デンプン的にはわらびとほぼ同じだと思って、粉を練らせてもらった。
みんなで一口ずつ食べてとても美味しかった。

氷点下の森「氷祭り」

2018/2/10(土) の18:00から行われる、氷点下の森「氷祭り」にて、少しだけ時間を頂いたので、蕨粉の歌(いつも演奏してるのはワラビモチの曲で、蕨粉の歌ははじめて)を演奏することになりました。高山市朝日町と少し遠いのですが、とても楽しそうなイベントなので、お近くの方がもしいらっしゃれば、是非おいでください。
この氷点下の森を作られた小林さんは、「氷の王様」として有名ですが、実は蕨粉の記録や推進活動でも有名な方です。
2014年に昔から伝わる蕨粉歌の歌詞は残っているけど、メロディが分かる人が誰もいないと言われているのを聞き、
メロディを作りますと約束してからもう、3年経ってしまいました。遅くなり過ぎてすみません。今年はなんとかします。

http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000006/2000017/2000106.html

一柳 慧 アーティストトーク・ 《タイム・シークエンス》コンサート(出演:一柳 慧、飯野明日香)にいった

一柳慧 アーティストトーク・ 《タイム・シークエンス》コンサート(出演:一柳 慧、飯野明日香)(アッセンブリッジ・ナゴヤによる)にいった。

  • トーク(一柳さんと服部さん)
  • 飯野明日香さんの演奏(実験音楽だがかなり弾く感じ)
  • 一柳慧さんの即興 ピアノとは思えない 音がかなりかっこいい、というか、この演奏(ジョンケージ時代の作曲)を見れたのはかなり貴重だったのではないか
  • タイム・シークエンスを飯野明日香さんが演奏 聴いてるだけで走った気分になるような演奏、聴いていてピアニストはアスリートだったのか!と思えて来ました。
  • 川島素晴さんの作曲した曲の演奏

ちゃっかり一緒に写りましたw。
久しぶりにまともな音楽を聴いてちょっと刺激が強かったです。
あと、タイムマシンにお願い(サデスティックミカバンド)はもしかして、この曲のオマージュだったのか?と、、

tokyo experimental festival 2014でパフォーマンスをしたときの審査員の一人が一柳さんで(ミーハーなのでワラビモチを食べてもらって喜んでいた)、それ以降パフォーマンスを休止しており、勝手になつかしんでいました、、いつかまたパフォーマンスも再開出来るといいなと10月にやまじさんと話していたところでした。

トヨタ市民アートプロジェクトを観に行って

今日は昼にトヨタ市民アートプロジェクト、ナデガタインスタンパーティディレクション、旧豊田東高に行って来た。盆踊、鳥カレー、解体、廃校巡り等楽しかった。うっかりスキャナーの解体にハマり、豊田市美に行く時間がなくなってしまった! トヨタ市民アートプロジェクト

その中で開催していた、旧豊田東高(女子校)の廃校巡りに行ってきました。そんなに古くはないし、廃校になってから10年との事でした。
本当は廃校はさみしいことだし、今はどこにいってもあるので珍しい訳でもないけど、案内してくれた方がこの学校の出身者だったからなのか、なかなかよい感じでした。
黒板の落書き等もまだ残っていた。

もちもち共通語彙

ハッカソンで「もちもち共通語彙」というのを作って賞をもらいました!ありがとうございます!!
一緒のチームになった伊藤さんの力が大きすぎる
共通語彙基盤とは、
“今年5月に「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」が閣議決定され、データの標準化(語彙、コード、文字等)が重要であるとされています。
「共通語基盤プロジェクト」ではその根幹となる語彙やパブリックセクター、プライベート企業・団体など異なる集団の間での情報やデータのやりとりを円滑に進めるためのフレームワーク、そして、ユーザー支援ツールやライブラリー等の開発を進めています。”
というものです。
要は、使う言葉を統一すると、色々やり取りが楽になるよ!
ということです。国で色々模索されている、データ等のプロジェクトは、
便利そうではあるが、難しそうだし、情報公開への疑問も多く
なかなかとっつきにいくいと思っていたのですが、
今回のハッカソンは、データを使える環境を作る事はなかなか重要なことだったんだ、、
と気づけるよい機会になりました。

http://peatix.com/event/298493

Shigeki Yamada Solo Dance “kyun kyun” Vol.3 @ NAGOYA という催しにワラビモチ出します

もう明日なのですが、

黄金4422BLDという最近できた、舞踊家・浅井信好さんが開設したビルにて、
やまだしげきさんというダンサーの方の公演があります。
公演後に、色々なフードやドリンクが出店されていて、
そこで私もワラビモチを販売させて頂くことになりました。
とても面白そうなので、お時間がある方は
ぜひおいでください!

kyunkyun_omote05-02-212x300
以下詳細です


黄金4422BLDfacaebookページ:
https://www.facebook.com/pg/Kogane4422/posts/

Shigeki Yamada youtube
https://www.youtube.com/watch?v=jK0cQpOJJ4E

【Shigeki Yamada Solo Dance “kyun kyun” Vol.3 @ NAGOYA】
日時/ 2017.8.31(木) 19:30~
場所/ 黄金4422BLD 5階(名古屋市中村区長戸井町4-38)
料金/ ¥3,000- (事前予約の方は¥2500-)
お問い合わせ/ アトリエクーゲル
ask@a-kugel.net    052-831-0324
演出/ やまだしげき
照明/ 林佳音
美術制作監督/ ぽっぽ
美術制作協力/TEAM WARERA
制作/アトリエクーゲル
衣装協力/ ikumi
映像/ 岩田隼之介
やまだしげきソロダンスkyun Kyun とは?
ぼくがソロダンス単独公演をはじめたのは2007年、気づいたら10年の月日が流れました。2016年、通算11回目の公演時よりこのタイトルで踊っています。このシリーズを、〜僕自身が変化し続けるパフォーマンス作品〜として、”やまだしげきソロダンスKyun Kyun”と題することにしました。僕にとってkyun Kyunは、様々な行動(Action!)も含め、表現(Dance!)であると捉える「僕の表現者魂の禊の場」です。「永遠の未完成 これ完成である」という宮沢賢治の言葉を胸に、氣の修まるまで、精進(Kyun Kyun)していく所存です。

https://b-d-c.jp/teacher/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%92%E3%81%8D

———–
[感想]
やまだしげきさんの公演とてもよかったです。黄金という特殊な場所なのに、沢山お客さんがいて、とても楽しい雰囲気、自ら作られた舞台装置での映像やダンス、屋上でも踊りを見れたり、最後にバーベキューまで用意されていて、相当贅沢な公演でした。
今回見逃した人は、次の機会があれば、是非行くべきです。
久々の友達にも会えて嬉しかったです。

[今回のワラビモチの味]
朝鮮人参味、珈琲(グアテマラ)、普通

大曽根商店街(OZモールの夏祭り)の夢工作こどもひろば

大曽根商店街(OZモールの夏祭り)の夢工作こどもひろばにて、7/28にモビールづくりをしてきました。28日の先生は他にミニスマートボール、万華鏡などこどもにとって魅力的なものばかり!
2017kodomohiroba20170722

モビールは色々むずかしかった。
最後のバランスを取るところを教えたくてこのテーマに決めたのですが、
最後にいくまでの工程が意外と多くて大変でした、、

昨年は掛軸づくりでわりといい感じだったので、もっとやり方考えればよかったなあーと反省しました。

それにしても、大曽根商店街の夏祭りはいつも、心和むいい祭だなあと思います。
おすすめのお祭りです。