カテゴリー別アーカイブ: DIY

飛騨の蕨粉づくりとOTONOTANI

金曜の昼に名古屋を出て20時頃に現地に飛騨(朝日地区)に到着し、蕨粉手伝おうと思いきや、まさかの蚕のお手伝いをしました(はじめて触りました)。その後蕨粉を手伝い、翌日根っこを掘りにいきました。(朝日地区に廃校になった小学校を利用しているNPO「げんきな里ひだあさひ」があり、そこの人たちが、蚕、蕨、ジャム、漬け物、パン作り等色々なことを試みていてとてもいい感じです。)帰ってきて、MOBIUMでOTONOTANI(揖斐郡)へ、MOBIUMの人が謎のオブジェを作って展示、私は持ってきた根っこで蕨粉づくりなどをしました。岐阜の北と南にいったけど、どちらも自然豊でいいと思いました。OTONOTANIのイベントにいくと、この辺(揖斐郡、池田町あたり)って田舎なのに、若者が沢山いてええなあと思います。
(ともあれ、11月のパフォーマンス用の蕨をもらえてよかった)

Ogaki Mini Maker Faire 2014に参加しました

Ogaki Mini Maker Faire 2014に参加しました。
私はNODE Labのブースで展示をしましたが、未完成の超ゆるい作品だったので、出してすぐに反省しました、、、、あと、子供が多かったので、もっと子供がよろこぶような仕様にしてもよかったかもと思いました。毎回参加して思うのは、趣味にここまで労力をかける人たちがいるんだなーということです。素晴らしいと思いました。

ワラビモチ凧を作ったが、、

金沢の凧の会に行くので、ワラビモチ凧を2つ作ったが、、1つは重すぎて飛ばず、もう1つは未完成で飛ばなかった、、、、来年は飛ばしたい。自分の家族もなんかすごいのを購入していたので、それが飛ぶのも楽しみにしていたが、それも買った日に壊したみたいで凧的にはいまひとつだった、、
dsc01528dsc01540

ここ数年行っているが、毎回21世紀美術館でアートマーケットが出ているので、ワラビモチ交換プロジェクトもすることにしている。
dsc01521hoshi

Send to Facebook
View Comments
2013/5/3 Friday
石臼、粉作りに関係する装置を譲ってくださる方を募集しております
Filed under: food, warabimochi — admin @ 10:49:17
ワラビモチ愛好会では、わらび餅と交換に石臼、粉作りに関係する装置を譲ってくださる方を募集しております、
もしいらっしゃれば、phiripアットマークhotmail.com
もしくは、このページのコメントまで、ご一報いただけたらうれしいです、

どうぞよろしくお願いします

NODEの展示とWORKSHOPに参加します

NODEの昨年の作品展示があります。
私は昨年参加した、AACサウンドパフォーマンス道場での着ぐるみなどを展示します。
ワークショップも豪華なゲストトークがあったりさいます
ぜひ遊びにおいでください!

詳細
[展示]

CONSONARE luminous and sound device exhibition
日 時:2013年1月9日[水]ー1月20日[日]11:00-19:00
会 場:アートラボあいち 名古屋市中区錦2-10-30
韓国のアートセンターKunsthalle Seoul、および日本のNODE LABにて交流ワークショップを複数回実施し、日韓のクリエイターによる共同制作を行ってきました。 本展はその成果物として光と音をキーワードとした作品の展示を行ないます。
本展はその最終成果発表展示であり、光を発するオブジェと、その光を通信として受け取り音に変換するヘッドホンデバイスとで構成されます。
オープニングレセプション 
日時 2013年1月9日 18:00~
会場 アートラボあいち1F

http://www.node-lab.org/
node201301-2
[WORK SHOP]
「WORKSHOP SHOWCASE 2012 プロジェクションマッピングワークショップ」
これまで本事業で行なってきたワークショップの集大成として、特にプロジェクションマッピングの制作に焦点を当て、サイネージとしての発展性や、作品のクオリティアップを行なうワークショップを行ないます。
このワークショップでは「A 造形物の制作+マッピングコース」と「B 建築物へのマッピングコース」があり、それぞれアイデア出しから実現に至る迄のブラッシュアップを行ないます。
またこのプログラムで制作された作品は3月上旬に開催予定の成果発表会にて審査し、優秀賞を決定いたします。

日 時:2013年1月9日[水]ー20日[日] 11:00~19:00(ただしワークショップによって時間が異なります)

会 場:アートラボあいち(名古屋市中区錦2-10-30)

共 催:NODE あいちトリエンナーレ実行委員会

協 力:長者町アートアニュアル 中京大学
参加費:無料

13日 特別講師
MASARU OZAKI 尾崎 勝

Contemporary Artist
Motion Graphics Designer
Creative Director
http://motiondesignmagic.com
モーションをデザインすることで質感 表現をするアニメーションを得意とし、独創的な映像でスペインのSONARやHDフォーラムなどに出演。ステージやライブで音に合わせて映像をリアルタイムに操るパフォーミングアートのパイオニア的存在である。ニールバレット、ディーゼルをはじめとする世 界を代表するトップブランドのファッションショー映像演出や空間演出など。
既存の平面なスクリーンではなく、立体物に正確なスキャンをし、さらにオプティカルトリックを取り入れた立体映像を演出するアート作品を展開。目の前で様々な変化が体験できる「chair」をはじめ、上海万博では多くの会場の演出を手がけ、日本館メインエントランスには氏の立体彫刻やアート作品が常設されるなど、その活躍はワールドワイドに広がっている。

Bプログラム[建築物へのプロジェクションマッピング制作]
日 程
1月14日[月・祝] 15:00~18:00[定員15名]
以降の日は公開制作を行ないます。
会 場 アートラボあいち1F
参加費 無料

このワークショップでは建築物へのプロジェクションマッピング映像の制作を 行います。建築物へのマッピングの効果やクオリティをあげるノウハウを学び 、タイムライン映像を各自で制作していきます。 数回のワークショップ、勉強会を経て、3月上旬に成果発表を行ないます。
制作条件
・特定のテンプレートに従って映像の制作を行う。
・タイムライン(時間軸映像)に限定する。
・各自数分の映像を制作し、最終的に1本にまとめる。
持参するもの
・ノートPC(Win MAC 問わず)
・映像系ソフトウェア


プロジェクションマッピングコンペ
本ワークショップでのAプログラム、Bプログラムの成果は3月上旬に開催予定の成果発表会にて展示、上映いたします。 その際にコンペ形式として審査会が行なわれ優秀賞を決定いたします。入選作品には記念品を贈呈いたします。

※ワークショップはそれぞれ基本的に開催後に数回の勉強会に参加いただき(任意)、作品を完成していただきます。
13日の特別レクチャーに関しては聴講可能ですので、定員50名までご参加いただけます。
node201301-1

第6回AACサウンドパフォーマンス道場

AACサウンドパフォーマンス道場の本番が近づいてきました。
今年の出演者も面白いので是非観に来てください!
http://www.aac.pref.aichi.jp/bunjyo/jishyu/dojo/
(以下、詳細など)
———————————————–
WARABI-696【ワラビ696】(代表 加藤良将)
というユニット??に参加させて頂きます。以下詳細です。
冗談を言っていたら現実になってびっくり!さすが加藤将軍!
嘘から出た誠、めざせ!A–B48….??(WARABI696??)
明日は50分のプレゼンがあるらしいです、、
いつも10分やればいい方なので、想像がつかない、、、、
よかったら見学においでください。
warabi696_s

AACサウンドパフォーマンス道場

「AACサウンドパフォーマンス道場」(AACはAichi Arts Center(愛知芸術文化センター)のこと。以下「AAC道場」と呼びます。)は、サウンドパフォーマンス作品の企画案を一般公募し、発展性のある優秀な作品を選考の上、愛知県芸術劇場小ホールで上演し、全国に向けて発信するものです。
単に優劣を決めるだけのコンペティションではなく、出演制作料の補助やブラッシュアップ・プログラムなど、選考委員・主催者も一丸となって、「若手アーティストを応援し、作品を磨き上げる」ことを重視するユニークなコンテストです。

<全体講評>
音(楽)と、ダンスやデヴァイスとのシンクロナイズを試みるものを含め、さまざまなインターフェイスや発音体を使って音を生じさせるシステムをもちいた作品案が多かった。作品のなかでサウンドとパフォーマンスが等価であることを期待し、選考した。作品の完成度よりも、課せられた2回のプレゼンテーションの中で、どれだけブラッシュアップし発展できる可能性があるか、という点を重視して、入選者を選考した。

2012/8/25(土) 17:00~ プレゼンテーション1(会場:parlwr(パルル))
2012/9/12(水) 18:30~ プレゼンテーション2(会場:小ホール)
2012/10/6(土)15:00~20:00 本公演&公開審査会、表彰

第6回選考委員
桜井圭介(音楽家、ダンス批評。吾妻橋ダンスクロッシング・オーガナイザー)
畠中実(NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]主任学芸員)
山本裕之(作曲家、愛知県芸術大学音楽学部准教授)
藤井明子(愛知芸術文化センター愛知県文化情報センター主任学芸員)

後援:日本電子音楽協会
助成:公益財団法人アサヒビール芸術文化財団
平成24年度文化庁優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業

光るお皿の実験

8/29の光るお皿workshopに向けて実験中

ゼリーを入れた時の光
dsc08113

水饅頭(白餡)を入れた時の
dsc08114
ゼリー(ミカン入り)

dsc08115
そっちじゃないだろ!!

Send to Facebook
View Comments
2012/7/21 Saturday
NODE WORKSHOP SHOWCASE 2012
Filed under: MediaArt, art, warabimochi, workshop — admin @ 13:56:35
NODE WORKSHOP SHOWCASE 2012 説明会+ワークショップ

日 時:2012年7月29日
会 場:NODE-LAB
にて光るお皿を作ろう!というワークショップをします。
(写真は冗談というか見本でもうちょっと違ったお皿を使います^^;)

申し込みはこちらから
ぜひ遊びにおいでください!

「都市とサイネージ、メディア芸術表現について」

都市におけるメディア芸術、メディアデザインの表現手法としてデジタルサイネージが注目されています。このWORKSHOP SHOWCASEではこれらの表現を研究し、手法や技術を習得し、公共空間におけるメディア芸術としてのデジタルサイネージのクリエイターを育成していきます。
この説明会では事例の紹介や、今後のスケジュール、展望などについてお話しします。
進 行:河村陽介(NODE)
時 間:13:00-14:00
参加費:無料
お飲物などご用意していますのでお気軽にご来場ください。
wssc_signage

ワークショップ「ArduinoとLEDで作るPOV(残像表示装置)を作ろう」

ArduinoとLEDで振ると文字や絵が表示されるデジタルサイネージ・POV(残像表示装置)の制作を行います。
講 師:加藤良将(NODE)
時 間:14:00-16:30
材料費:1000円(制作物はお持ち帰りいただけます)
定 員:10名
対 象:小中学生から、家族可。
持参品:なるべくご持参ください。ノートパソコン、Arduino、USBケーブルなど
半田ごて、ニッパーなどはこちらで用意いたします。
wssc_pov

ワークショップ「光るお皿を作ろう」

iPhoneなどで使われている静電容量のタッチセンサーで光るお皿をつくります。ワラビモチつき。
講 師:PHIRIP(NODE)
時 間:16:30-18:00
材料費:1000円 ワラビモチ付き
定 員:10名
対 象:小中学生から、家族可。
持参品:なるべくご持参ください。ノートパソコン、Arduino、USBケーブルなど
半田ごて、ニッパーなどはこちらで用意いたします。
wssc_osara2

Metamorphose12に行ってきた

ここ2年ほど行けなかったMetamorphoseに行ってきました(デコレーションのお手伝い)。
昨年は台風で中止になり、今年は幕張メッセでの開催になっていました。メタモと言えば野外パーティの代表格なので、屋内の想像が付かなかったけど、それはそれで意外とよくて、雰囲気も変わっていなかったと思いました。もう12回も開催されていて、場所も色々かわり(朝霧高原もちや(静岡県富士宮市)->日本ランドHOWゆうえんち(静岡県裾野市)->苗場スキー場(新潟県南魚沼郡湯沢町)->自転車の国 サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市)->今年は幕張)よく続いているなあー。。主催者の人たちまじすごいです。来年はまた野外に戻ってうまくいくといいなあと思いました。
デコレーションは屋内だったのでやり易かったかと。意外にも子どもが多くて(レイブ世代の人たちの子ども?)、光るデコレーションで遊ぶ子ども多数。以下、全体的な写真を載せておきます(ライブとかDJは写真取れなかったのでなしで)。

今年も黒沢組の人力イルミネーションはきれいでした。
箱のは加藤君のrokuro
MOBIUMの人の落書きオブジェ
IAMASの学生さんのデコレーション
私もコスプレ参加しました(今回は龍)。
朝に帰る時に富士山がきれいに見えてめでたいと思った。

NxPC.LAB IAMAS WAREHOUSE PARTY

盛りだくさんのイベント、ぜひ遊びにおいでください
私はワラビモチ参加します

nxpc

http://nxpclab.info/vol.12/
https://twitter.com/#!/nxpclab

日時:2012年3月24日(土)21:00~
会場:SECO(渋谷区渋谷1-11-1 B1)
入場料:2000円 1ドリンクつき
詳細:NxPC

PERFORMANCE :
The Breadboard Band
Craftwife
TELESCOPE
ジャン=マルク・ペルティエ
松本祐一
GATE (Laatry)

DJ :
RyoSato (SURIBACHI)
ACHT
kei shiratori
田中良治 (Semitransparent Design)

VJ :
noriko matsumoto
poki
谷口暁彦 (oamas)
tripon
Los Paria Códigos VJ System

MC :
菅野創
谷口暁彦 (oamas)

USTREAMER :
イトウユウヤ (DrillBros)
SPECIAL :
美ch
Rhizomatiks

FOOD :
PHIRIP (ワラビモチ愛好会 会長)
SYSTEM :
NxPC.App
C.E.L.L
Cryptone
PIT System
televibes

[感想]
大DSP同窓会だった。久しぶりの徹夜に疲れましたが面白かったです。

NODE ワークショップ / プレゼンテーション「PROJECTION MAPPING WORKSHOP / PRESENTATION」

nodeprojection

私もスタッフでその辺におります。

プロジェクションマッピングとはプロジェクターを使って物体に映像を投射する新しい表現方法です。
近年、電子媒体を用いた電子広告(デジタルサイネージ)が普及しつつありますが、プロジェクションマッピングはその表現手段のひとつとして注目を集めています。
この勉強会では様々な手法のプロジェクションマッピングを事例にあげ、アイデアスケッチからテストプログラムの作成、実際に投影するところまでをお互いに意見交換し、制作を行っていきます。

プロジェクションマッピング勉強会
日 時 2012年3月3日[土]+4日[日] 14:00 -18:00
会 場 カフェ・パルル[名古屋市中区新栄2ー2ー19]
参加費 社会人2000円/学生1000円[定員12名]
締 切 2月27日
※勉強会は2日間の通しとなっています。
※各自ノートPCをご持参ください。OS、機種等は自由です。
※学生の方は当日受付時に学生証をご提示ください。

プレゼンテーション
日 時 2012年3月10日[土] 19:00 -20:00
会 場 Apple Store, Nagoya Sakae[名古屋市中区栄3丁目17-15 エフエックスビル]
参加費 無料
Apple Store Nagoya Sakaeにて勉強会の成果の展示・プレゼンテーションを行います。

[NODE]終了しました>>2011/11/25

1カ月間のNODEがようやく終了しました。
土日祝日全てNODEに行きましたが、今回いつのまにか
おやつ係?になっていたので、かなり沢山料理しました。
毎週木曜にはクッキーを作り、
金、土の夜はワラビモチを作り、
イベントの時には、シチュー、カレー、鍋?などを作って
NODEの場所代を稼ごうとした1ヶ月でした。

思ったのは、飲食代で稼ごうとするのは結構むりがあるということ
料理は楽しいけど、移動するとつかれるにゃーということ。
普段そういうことをやってない人(学校や、アート系の人たち)は自分も含めて
お店?の経営が下手すぎてヒヤヒヤする。
自分は意外と飲食店の人が向いているかもしれない
(今のところその気はありませんが)etc..
で、結構つかれました。
今のところぼやきっぽい発言しか出来ていませんが
しかしNODEメンバーをはじめ、人に会うこともできましたし
宇宙食のイベントをさせてもらったのも楽しかったし、
宇宙食を勉強するにあたって、スロークッカーでの色々な調理にはまったのが
何よりも自分には楽しかったです。
温度だけであそこまで食べ物の味が変わるということに
感動的しました。

もうちょっと落ち着いて
これから、この経験も生かしていけたらいいなと思いました。