カテゴリー別アーカイブ: LITERATURE

西宮船坂ビエンナーレ2014にてワラビモチ歌会が行われます

西宮船坂ビエンナーレ2014 Nishinomiya Funasaka BIENNALE
にて4回目のワラビモチ歌会が行われることになりました。
伯爵の楽しい吟行や短歌指導with蕨餅です。

西宮船坂ビエンナーレは多くの作品が集まる素晴らしいアートフェスティバル、宝塚から30分程の場所にこんな農村があるのかという景色です。
歌会+作品鑑賞にぜひ遊びにおいでください。

講師:北夙川不可止(歌人)
ワラビモチ:フィリップ

10月19日(日)10:00
■場所:船坂全域
集合は総合案内(旧船坂小学校)、吟行は船坂全域
■入場料:1,000円
ビエンナーレ作品を巡ったあと、わらびもちを食べながら歌会
吟行:伯爵の案内で船坂を歩いて吟行、途中でおやつでワラビモチを食べる
歌会:その場で作ったワラビモチを食べながら、歌を詠む
utakai2012

交通:
西宮市街地から約30分 / 宝塚方面から約20分 / 有馬方面から約10分
■さくらやまなみバス 「舟坂橋」バス停下車(阪神西宮より40分、JRさくら夙川より35分、阪急夙川より30分、有馬温泉より10分)
■阪急バス 「舟坂」バス停下車(宝塚より20分、有馬温泉より10分)
※時刻などは、各バスのホームページでご確認ください。
さくらやまなみバスのホームページは、こちら ⇒ http://www.nishi.or.jp/navi/ln_0010400000.html
阪急バス有馬線の時刻表は、こちら ⇒ https://bus.hankyu.co.jp/rosen8/yama.html
さくらやまなみバス|くらしの情報|西宮市ホームページ
www.nishi.or.jp

写真は西宮船坂2014にて

日曜日に西宮船坂ビエンナーレ2012にてワラビモチ歌会 報告

昨年は講義等をさせてもらった西宮船坂、
今回は、美味しいワラビモチとパフォーマンスをし、
どちらかというと短歌vs俳句の方に力を入れる事にしました。

今回作ったのは、普通のワラビ、カラメルワラビ、餡入り胡麻ワラビ
でした。実は一番時間がかかったのはカラメルワラビだったけど、
あんまり焦がさなかったので、色はきれいだったけど、あんまり味に特徴が出なかったので
もう少し味の濃さを工夫すべしと思った。

11:00-15:00 調理時間は
15:10-17:00 吟行(普通のワラビ配布)

伯爵の解説を聞きながら西宮船坂ビエンナーレ2012の会場をまわる。
相変わらず面白くて博学な解説。老若男女皆とても楽しそう。
晴れてよかった!私は作品もよかったが、その他のことが気になってしょうがなかった。
(看板とか、芋とか、、廃校になった小学校の付属品とか)

17:00-17:30 短歌俳句を各3首提出、その後まとめている間にパフォーマンス(餡入りワラビを配る)
17:00-20:30 歌会(カラメル、黒ごま、普通のワラビ)
結構タイトで疲れた++++

そして以外と短歌よりも俳句の方が自分は詠みやすいかもと思ったりした、、
どちらもちゃんとやってないからわからんけど。

作品以外の写真ばかり載せています。作品は現地でご覧ください!たのしいですよ!!

—-

————————————————–
p.s.
歌会で詠んだ歌 皆上手な歌をよんでいたが、私はこの程度
————————————————–
[俳句]
さつまいも目につくものはそればかり
大根を水路で洗うおじいさん
大校長初代校長小校長
————————————————–
[短歌]
畑急ぎ道にころがるさつまいも 気になりすぎてまっすぐ歩けず
作品より気になるものが多すぎて 集中できぬ船坂の畑
————————————————–
[武庫女の段さんが詠んでくれた歌]
誰よりも常に独特フィリップさん 一期一絵というかのように
————————————————–
Send to Facebook
View Comments
2012/11/1 Thursday
日曜日に西宮船坂ビエンナーレ2012にてワラビモチ歌会あります
Filed under: LIVE, art, choja, japanese, talk, warabimochi, workshop — admin @ 4:09:27
funasaka2012logo
場所:西宮船坂ビエンナーレ 葺古民家
ビエンナーレ総合案内所:
〒 651-1423 兵庫県西宮市山口町船坂2103-2 旧西宮市立船坂小学校ランチルーム棟
時間:2012/11/4 15:00-吟行 17:00-歌会

蕨餅歌会 VS 句会&中国茶会
北夙川不可止(歌人)、早瀬淳一(俳人)、フィリップ(蕨餅作家)

俳人早瀬淳一、歌人北夙川不可止、ワラビモチアーティストフィリップによるコラボ企画。ビエンナーレの作品を見て回り、17時~古民家にてワラビモチを食べながらの短歌VS俳句バトルです。初心者、見学も歓迎。フィリップパフォーマンスも有。

実はここ数年毎年行っているイベント
作品がすばらしいものが多いし、周りの景色にとても和みます。
宝塚から1時間かからないところにある山里です。
Nishinomiya Funasaka Biennale 2012
今回の歌会でも、ほんとに美味しい吉野葛の井上天極堂さんのワラビ粉を使わせて頂きます!

西宮船坂ビエンナーレ2010

西宮船坂ビエンナーレに1日参加します

10月24日(日)
●船坂ふれあい広場収穫祭
●蕨餅ワークショップ&歌會(phirip、北夙川不可止)
の、ワラビモチワークショップをします

昨年も参加したのですが、想像を越えてとてもいい展示がならび、
心和みました、おすすめですよー!

西宮船坂ビエンナーレの歌会にてワラビモチワークショップ

西宮船坂ビエンナーレの一環で
甲麓庵歌會第32回関西例会(蕨餅歌会)が11/8(日曜)にあります。

伯爵(北夙川不可止)さんのイベントにて、ワラビモチのワークショップをさせて頂きます。子供はワラビモチ作り、中学生~大人は短歌吟行みたいです。
その後短歌会もあります
西船坂は神戸から車で1時間もかからない近いところにこんな田園風景が、、というような美しい所で、なかなかいい所です。
興味のある方は是非ご参加を!

11/8タイムスケジュール:
午前10時~ ワラビモチ作り 船坂公会堂調理室
午前10時~ ワラビモチ歌会
午後1時30分~ 作品周遊ツアー(案内:実行委員会役員)
午後4時~ 17世紀西洋舞踊 善照寺本堂

講師:北夙川不可止(歌人)・フィリップ(蕨餅)
※小学生対象に蕨餅ワークショップ、中学生~大人は短歌吟行を実施します。

★「バロックダンスコンサート」
出演:樋口裕子(バロック舞踏)・井上周子
(リュート)・西村喜子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
会場:いずれも善照寺
参加費:いずれも1000円

●西宮船坂ビエンナーレ
会期:10月23日~11月23日

もだん博でワラビモチ歌会有マス

和歌山で10/31~11/30に開催される「もだん博」というのに参加します

歌会は11月29日(土)13:00~
旧西本組本社ビル(和歌山県和歌山市)
途中何回かワラビモチタイムがあります

もだん博WEBSITE
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/kuan/nankai/index.html

甲麓庵歌会
http://kuan.egoism.jp/tanka/
—————————————————————-
「もだん博」詳細:
概要 近代建築の有効活用を目指すNPO・銀聲舎(本部住所・和歌山県和歌山市/代表世話人・松尾 寛)は、2008年10月31日から2008年11月30日にかけて、和歌山市小野町3-43・小野町デパート(文化庁登録有形文化財/旧西本組本社ビル)にて大正・昭和時代初期の文化を再現した催し南海摩登(もだん)博覧会-伝統とモダンの再構成-を開催いたします。
週替わりで大学・個人(本年度二科展入賞者を含む)による個展を行うほか、マルク・シャガールの展示も特別に行います。また、会期中には小野町デパートが建てられた昭和初期をイメージさせる各種イベントも同時に行います。
この催しは、フランス大使館・日仏交流150周年記念事業 および 文化庁・関西元気文化圏参加事業として認証されています。

場所:和歌山市・旧西本組本社ビル 他
—————————————————————-
とのことです
utakai2008/11/30

ワラビモチ歌會 -詳細-

琵琶湖ビエンナーレ参加イベント
ワラビモチ歌會(甲麓庵歌會第弐拾四囘關西例會) vol.1

utakai04.jpgwarabi_utakai01_s.pngハイド記念館

日時:2007年10月21日(日)13:00~17:00

——————————————————–
場所:ハイド記念館(滋賀県指定有形文化財、学校法人近江兄弟社学園)
※近江八幡の名物建築で、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの初期の作品です。
〒523-0841 滋賀県近江八幡市慈恩寺町元11
※京阪神方面からはJR東海道本線の新快速電車で近江八幡駅下車、近江鉄道バス(八幡市内循環線等)に乗って学園前バス停下車、徒歩五分程度です。大阪駅を11時00分発の新快速(長浜行)に乗っていただければ12時01分に近江八幡駅に到着、ちょうど間に合います。
————————————————————————————–
テーマ:甘いものを食べつつ、日本文化を楽しもう!
————————————————————————————–
料金:1500円(ワラビモチ付)
————————————————————————————–
イベントの内容:
●1時限目 『短歌とは何ぞや?』レクチャー
●2時間目 吟行:近江八幡の街散策をしながら
●3時限目 歌会(皆で詠草を評価し合う)
●4時間目 ワラビモチレクチャー/パフォーマンス※休憩時に短歌的ワラビモチを食べられます。
————————————————————————————–
●短歌パフォーマンスライブ:
ワラビズム(AUA)●講師:
北夙川 不可止(きたふしがわ ふかし)短歌結社「玲瓏」所属。文芸同人誌
「銀聲」主宰。
PHIRIP(フィリップ)ワラビモチ愛好会会長●アーティスト:
内海司葉
————————————————————————————–
●甲麓庵歌會とは?:
現代歌壇に於ける一般的な歌会、つまり参加者各自が事前に提出した短歌作品(詠草)を匿名で並べてレジュメにし、みなで投票し、批評を述べ合っていく、という形式で行います。また、毎回歴史的建造物を会場に開催していることでも歌壇的に有名です。●今回の参加形式:
吟行を行いますので、参加者は事前に一首をkohrokuan@mail.goo.ne.jp宛てメールにて提出(題は定めませんのでご自由にお詠み下さい)、そして当日の吟行で更にもう一首を詠み、計二首で歌会に参加して頂きます。無論、作品を読まず、見学のみの参加も歓迎いたします。※短歌とは?:
和歌の一形式で、五・七・五・七・七の五句体の歌。記紀歌謡末期・万葉集初期の作品に成立し、古今を通じ広く行われ、長歌が作られることがなくなるにつれて、和歌といえば短歌をさすようになった。
————————————————————————————–
●ワラビモチ愛好会とは?:
ワラビモチ研究家/アーティストのPHIRIP会長が開催する。ワラビモチを食べながら、何かを観たり、聴いたり、勉強したりする会。
URL: http://www.phirip.sakura.ne.jp/blog_w/
●ワラビモチとは?:
ワラビ(蕨)の根っこの澱粉から作られる和菓子。葛餅と似ている。
ワラビモチ屋台から、茶道まで色々な所で食べられ、色々な種類がある。

————————————————————————————–
< 主催/問い合わせ先>
PHIRIP
E-mail: phirip@hotmail.com
URL: http://www.phirip.sakura.ne.jp/blog_w/
北夙川不可止
E-mail:kohrokuan@mail.goo.ne.jp
URL:http://kuan.egoism.jp/tanka/
URL:http://chambre.jog.buttobi.net/

Biwakoビエンナーレ
URL: http://www.energyfield.org/2007/index.html
————————————————————————————–
協力:
株式会社井上天極堂
http://www.kudzu.co.jp/
美味しい吉野葛の会社。蕨粉もとても美味しいのです。