TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL Vol.9 ―PerformanceVol.9「ワラビモ調水車装置」パフォーマンスをします

トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバルVol.9―TEFパフォーマンス にてワラビモチ愛好会「ワラビモ調水車装置」をさせていただくことになりました。
http://www.tokyo-ws.org/archive/2014/08/o1103.shtml
warabimochi_1
内容は、「ワラビモ調水車装置」を使って学んだり遊んだりしながらうたを作るものです。とありますが
どちらかというと、蕨粉づくりの説明のイベントに近いかもです。
ワラビモチについての過剰な知識が身につくパフォーマンスです。
ぜひ遊びにおいでください!
もちろんワラビモチも試食できます。

あと、もしよかったら、

に、何かワラビモチについての俳句(短歌でもよいです)を投句、投歌していただけたらありがたいです。

ワラビモチ愛好会「ワラビモ調水車装置」
トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバルVol.9―TEFパフォーマンス
会 期: 2014年11月03日(月)
時 間: 17:00
入場料: 1500円
主 催: 公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
会 場: 両国門天ホール
〒130-0026 東京都墨田区両国1丁目3−9
03-6666-9491
アーティスト: ワラビモチ愛好会PHIRIP

【予約方法】
1. E-mailまたはFaxにて予約を受付けます。

E-mail: ticket@tokyo-ws.org / Fax: 03-5602-9882
warabimochi_1

飛騨の蕨粉づくりとOTONOTANI

金曜の昼に名古屋を出て20時頃に現地に飛騨(朝日地区)に到着し、蕨粉手伝おうと思いきや、まさかの蚕のお手伝いをしました(はじめて触りました)。その後蕨粉を手伝い、翌日根っこを掘りにいきました。(朝日地区に廃校になった小学校を利用しているNPO「げんきな里ひだあさひ」があり、そこの人たちが、蚕、蕨、ジャム、漬け物、パン作り等色々なことを試みていてとてもいい感じです。)帰ってきて、MOBIUMでOTONOTANI(揖斐郡)へ、MOBIUMの人が謎のオブジェを作って展示、私は持ってきた根っこで蕨粉づくりなどをしました。岐阜の北と南にいったけど、どちらも自然豊でいいと思いました。OTONOTANIのイベントにいくと、この辺(揖斐郡、池田町あたり)って田舎なのに、若者が沢山いてええなあと思います。
(ともあれ、11月のパフォーマンス用の蕨をもらえてよかった)

西宮船坂ビエンナーレ2014にてワラビモチ歌会が行われます

西宮船坂ビエンナーレ2014 Nishinomiya Funasaka BIENNALE
にて4回目のワラビモチ歌会が行われることになりました。
伯爵の楽しい吟行や短歌指導with蕨餅です。

西宮船坂ビエンナーレは多くの作品が集まる素晴らしいアートフェスティバル、宝塚から30分程の場所にこんな農村があるのかという景色です。
歌会+作品鑑賞にぜひ遊びにおいでください。

講師:北夙川不可止(歌人)
ワラビモチ:フィリップ

10月19日(日)10:00
■場所:船坂全域
集合は総合案内(旧船坂小学校)、吟行は船坂全域
■入場料:1,000円
ビエンナーレ作品を巡ったあと、わらびもちを食べながら歌会
吟行:伯爵の案内で船坂を歩いて吟行、途中でおやつでワラビモチを食べる
歌会:その場で作ったワラビモチを食べながら、歌を詠む
utakai2012

交通:
西宮市街地から約30分 / 宝塚方面から約20分 / 有馬方面から約10分
■さくらやまなみバス 「舟坂橋」バス停下車(阪神西宮より40分、JRさくら夙川より35分、阪急夙川より30分、有馬温泉より10分)
■阪急バス 「舟坂」バス停下車(宝塚より20分、有馬温泉より10分)
※時刻などは、各バスのホームページでご確認ください。
さくらやまなみバスのホームページは、こちら ⇒ http://www.nishi.or.jp/navi/ln_0010400000.html
阪急バス有馬線の時刻表は、こちら ⇒ https://bus.hankyu.co.jp/rosen8/yama.html
さくらやまなみバス|くらしの情報|西宮市ホームページ
www.nishi.or.jp

写真は西宮船坂2014にて