三宅ヤスコさん一人芝居「ザムザの妹」

三宅ヤスコさん一人芝居「ザムザの妹」のカードを作りました。
ヤスコさんの雰囲気からこのようなデザインになりました。
きっととても面白いので、お時間ある方は是非観に行くといいと思います!

yasuko01
yasuko02
題名「ザムザの妹」

2013年7月27日(土)
13時半開演(会場は30分前)
入場料:1000円
原作:フランツ•カフカ
脚本:鈴木泰子
場所:可児市文化創造センター、演劇ロフト(1F)

〒509-0203 岐阜県可児市下恵土3433-139
メール予約・問い合わせ:09047924064/ f.marry3000@gmail.com

企画、制作:三宅ヤスコ一人芝居プロジェクト
出演:三宅ヤスコ
音楽:鈴木悦久
イラスト、デザイン:フィリップ

作品概要:

カフカの書いた「変身」は、朝目覚めたら、虫に変わっていたというとってもびっくりなお話だけど、読み進めていくうちに、変身したのは兄だけでなく、働き手の兄を失ったこの家族全員のことなんじゃないかと思えて来た。そして、変身ということ自体は毎日誰にでも起こっていることのように感じた。

これまで私は、自分の普通は他人の非常識という感覚で作品を作ってきた。今回はこの「変身」の主人公、グレゴール•ザムザの妹を、現代の日本で生きている身近にいそうな存在として一人芝居しようと思う。

[プロフィール]

三宅ヤスコ
1998-2004 劇団ゆとりに所属
2003-2006 岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(iamas)
コンピューターを使った表現を学ぶ。
2010-2012 ドイツ留学

その後、可児市の劇団で客演をしたり、東京、名古屋を中心にパフォーマンス作品を発表しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。