2/24(tue) K.D.Japonにてライブします

2/24 火曜
Duo Recio-Garcia / PHIRIP+鈴村由紀 / 中上淳二
18:30/19:00 ¥2,500 at K.D.Japon

K.D.Japon:
http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/

今度はユキオちゃんというカポエイラ/コンテンポラリーダンサーの女子と一緒にやります
わたしは勿論ワラビモチ担当です

メインはDuo Recio-Garcia、
フランス、リヨンの先鋭的音楽家集団”ARFI”(想像的民族音楽探究協会)から2人のインプロヴァイザーが約8年ぶりに再来日!
グザヴィエ・ガルシアの高速キーボードと、アンダルシア出身のシンガー、ルシア・レシオのダダイスティックかつパンキッシュなヴォイスが地霊を呼び覚ま
す。
アブストラクトなのにグルーヴィー、たった2人なのにシンフォニック、声と電子音によるアクロバティックなスペクタクル・ショー!

もう一人は中上淳二さんという方で、
現代音楽+電子音楽+パフォーマンス的なことをしている方です
昨年愛知芸術センターのパフォーマンス道場に出演されていました
——————————————————————————-

ライブ日記 [言い訳/]

1月にK.D.Japonの太郎さんからライブの依頼が、
しかも2年前に一緒にやった
ダンサーのユキオちゃん(鈴村由貴さん)と一緒にやってほしいとのこと。
当初はメインのフランス人とサーキットベンディングカセオさんが競演と聞いていたので
私も自作楽器を使おうと思っていた。

ダンスかーーしかもコンテンポラリー、、今使える機材が全然ないから
新曲は難しい、、名港のイベントがらみでブラジル人によく会うから
そこらの環境音を録ってきたらいいかとか。
>>が、録音した音はライブの直前に機材が壊れて使えなくなった
>>しかもダンサーのユキオちゃんは芸分センターのコンテ企画に参加していて
邪魔できんので、前日に1年ぶり?に会う、打ち合わせ

というすごい状況だったのと、名港のに結構時間をとられて
作業が出来ず、どうにか思いついたことを盛り込んでみたら
いつも以上にぐだぐだになってしまった

[実際やった内容]
芋の映像3′30:解像度ひくすぎ、英語違ってると指摘あり
ユキオちゃんソロ 5′00
PHIRIP一曲
一緒に?(おもちゃ楽器2台+ユキオちゃんダンス)
PHIRIPプレゼン
ワラビモチの身体表現による活性化について
ユキオちゃんがワラビモチ体操を踊る
本ワラビの歌
END

[出したワラビモチ]
フェジョンワラビモチ(ブラジルの黒豆料理風ワラビモチ)

[観た人の感想]
ハポンスタッフ:すごいシュールでよかった(全くかみあってないのが)
主催の野田さん:ダンサーほったらかしてひどい ゆるすぎる
太郎さん:あれでどうやって踊れって言うの?
友達数人:ワラビモチ体操PHIRIPも踊ればよかったのに
その他大勢:ユキオさんは何者?とってもよかった

あと勿論その日の出演者
Duo Recio-Garciaのお二人、中上さん
はとてもよかった

今度からはもっとシンプルにするのと、相手がいる場合は
相手を生かしつつも、肝心なとこでは引きすぎないようにしよう
あと、やはり曲はそろそろ作りたいとおもった(いつも言ってる)

よかったのは
たまたま太郎さんが誘ってくれたおかげで、
久々にユキオちゃんのダンスを芸分センターに観に行く動機をもてたこと
彼女はHipHop-カポエラ(この時代に出会った)+数年前からコンテンポラリー
という、なかなか珍しいダンサーで
身体能力も風貌も女子とは思えない、しかもストリートあがりという、、
性格もとても優しくかわいらしく面白い

彼女が芸術文化センターの小劇場で一人踊っている姿はほんとにかっこよかった。
これからどんどん活躍すると思うし、してほしい
と思った。

あと、観に来てくれた人たち(友達わりときてくれてほんとに感謝です>>ひどくてごめん)
ハポンスタッフさんたち、出演者のみなさま
本当にありがとうございました。

//後日:
自分でも何かいてるかわからんけど、
ユキオちゃんのダンスを完全にぶち壊していたというお褒めの言葉をいただいたということで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。