さつまいもち会を開催します

さつまいもち会

ワラビモチ愛好会 食品実験講座vol.10
テーマ:さつまいもを使ったもち(かんころもち、いきなり団子、鬼まんじゅう の予定です)
日時:2021年12月5日(日)12時から16時30分まで
場所:中村生涯学習センター(愛知県名古屋市中村区鳥居通3丁目1-3)
料金:2000円〜3000円位の予定(最小人数4名、最大10名)
宿題:さつまいもを使ったもちに入れてみたいものがあれば持ってきてください。
持物:エプロン、三角巾、手拭き


スケジュール:
12:00-13:00 買い物(来たい人、軽くランチもするかもです)
13:00-16:30 中村生涯学習センター
13:00-13:20 各自紹介、アイディアスケッチ
13:20-13:30 準備
13:30-15:00 調理
15:00-16:00 試食会+歴史+動画などのお勉強
16:00-16:30 片付け、精算

申込み方法:先着10名まで。下記のフォームに題名を「さつまいもち会」として記入し、送信してください

    アメリカからやってきた、みんなで作るおもち、大福、おだんごの本

    アメリカからやってきた、みんなで作るおもち、大福、おだんごの本(Kaori Becker 著、鈴木 英倫子 訳
    出版 オライリー・ジャパン)

    をオライリーさんからいただきました。Maker Faireでいつもワラビモチのことを言っていたからでしょうか、とても嬉しいです。まだちゃんと読んでいませんが、ローズウォーターもち、バニラカスタードあん、ベイクドもちなど楽しそうなもちのレシピが載っています。近いうちに実際に作ってみようと思います。

    花びら餅

    今日つくは袮屋(名古屋市昭和区御器所)の花びら餅を食べた。とても美味しかった。このお店の名物の1つ「そぶくめ」という菓子がワラビモチみたいだと思ったが、調べてみたらやっぱりワラビモチだった。そのうち何かの土産に買おう。

    「yanagase PARK LINE」に参加しました

    岐阜・柳ヶ瀬のPARK LINEにMOBIUMが出展していて、餅まきで参加。土日とも晴天で、イベント全体が賑わっていて楽しそうだった。MOBIUMではバスの展示と、バッジづくり、餅まきなどをした。お絵かきバスの壁面は消しても消してもすぐ真っ白になるくらい子供達が絵を描き、バッヂワークショップも盛況だった模様。餅まきは1日3回ずつ計6回開催。小さい紙に、何時ころやりますと書いただけなのに、意外と人が集まってきた。アマワラビエ装束(吉田さん布ありがとうございます)は怪しい占い師みたいになったが、疫病退散の意味を込めて、桃、塩、小豆わらびを投げた。だいぶ疲れたけど楽しかった(丸デブも行けたしw)。運営の人にもお世話になり感謝。

    フィナンシェ作りワークショップ開催します

    2019年1月12日土曜日 FABHAUS新年会イベント内にて、下記のワークショップを行います。お申し込みはフォーム(https://goo.gl/forms/N65UNMPN3co4xiFZ2)からお願いします(当日参加できますが、時間帯や材料の調整が必要であるため、希望の方は登録をよろしくお願いします)。

    タイトル: Fortune jusqu’à! Le Financier ”フィナンシェで金運UP!”
    時間:2019年1月12日(土) 12:00- 17:00の間で所用時間1時間前後
    参加費:1000円
    お申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/N65UNMPN3co4xiFZ2
    場所:FABHAUS(ファブハウス)愛知県知立市逢妻町道瀬山34-3(緑色の建物です)
    FABHAUS URL:https://fabhaus-chiryu.tumblr.com/

    内容:
    今年の金運が良くなるようなフィナンシェを各々考えて作ります。
    ご自身で作ったもの、レシピは持ち帰れます。
    また、FABHAUSでは12:00- 17:00の間他にもワークショップ(光るバッヂ作り、などなど)などが行われているので、
    遊んでいってください。

    型:
    フィナンシェ、マドレーヌ、たこ焼き、ケーキ型などを用意しますので、
    どうしたら金運がよいフィナンシェを作れるか考えて作ります。

    こちらで用意する材料:
    フィナンシェの基本的な材料(無塩バター、アーモンドプードル、小麦粉、グラニュー糖、卵、その他)、
    色紙、ペン類
    など

    ————
    メインのイベント情報>FABHAUS新年会

    知立のものづくりスペースFABHAUSにて新年会を行います。
    おもちを食べながらレーザー加工機や3Dプリンターでものづくりをしましょう。

    日時 2019年1月12日(土)12:00-17:00
    場所 FABHAUS
    参加費 無料 *カンパ、持ち寄り歓迎です!

    当日は光るバッジづくりのワークショップや
    洋菓子(フィナンシェ)をつくるワークショップのほか
    作品展示やライトニングトークなども行います。
    *ワークショップは別途参加費が必要になります。

    ぜひお越しください!

    住所:愛知県知立市逢妻町道瀬山34-3
    URL:https://www.facebook.com/fabhaus/

    ————
    フィナンシェ実験その1(2019/01/05):

    フィナンシェ実験その2(2019/01/08):

    フィナンシェ実験その3(2019/01/09):

    どっちも適当すぎる、、でもおいしいことは美味しかったです(そしてカロリーは高い!)

    氷点下の森で「わらび掘りの歌」を歌って来ました

    前に記事で書いた
    氷点下の森で「わらび掘りの歌」を歌って来ました。

    元々あった作業歌に、なんとか旋律を付け、名古屋から秋神温泉まで、一緒に出てくれることになったミュージシャンのYukonexus6さんと練習しました。
    いざ氷の舞台に立つと、緊張して、歌を忘れ、3回目に成功!終わったあとに、小さい女の子が
    うまくできたからこれあげるーと雪でつくった小鳥をくれました。

    すごく寒くて雪も降っていましたが、それを忘れるほど、きれいで、楽しいイベントでした。
    氷点下の森を作った小林繁さんは、小学生の頃に秋神の氷に、青い街灯が映っているのを
    きれいだとおもっていて、大人になってから、それを自分で作ってみようと思ったそうです。
    始めは一人で作り始め、どんどん一緒に作る人が増えて今のような形になり、なんと46年目だそうです。小林繁さんが昨年亡くなったため、今年は少し慰霊祭も兼ねていて、ロウソクや明かりをともす儀式なども行われました。

    翌朝、もう一度氷点下の森にいくと、明るいときはまた別の美しさがあり、とてもよいものでした。

    その後:
    2018/4/16
    奥原さんから「わらび掘りの歌」カセットテープが届いたので、
    みんなで練習しますという電話がきた。結構むずかしいので
    (多分本当に地元の人が作った歌詞で、歌いやすいようには作ってないのと、
    やはり私がつけたメロディーなので、大変だと思う)
    でも、一緒に歌えるようになったらうれしい。

    葛加工のイベントに参加してきました

    「本気の葛加工」(里山文庫さんのクラウドファンディングイベント)に参加してきました!
    信じられないくらいでかい葛がとれてびっくりした!!

    指導してくれたおじさんが、かなり物知りで真剣に掘り方を教えてくれて面白かったのですが、
    岩をどけたり、めちゃ高い所に登ったりして、結構危険というか、
    いつの間にか、葛根掘りが、岩掘りになっていたような、、

    あと、夜にcommons gardern=里山文庫? シェアハウスのオープニングパーティ的な物があり、
    それにも参加して来た。農家民泊がやりたい人、農業の専門的な知識を持った人、馬を飼うという方や、日本料理の料理人などが既に集まっていて、とても面白そうだった。

    翌朝に、デンプン的にはわらびとほぼ同じだと思って、粉を練らせてもらった。
    みんなで一口ずつ食べてとても美味しかった。