ヌートリアまわり通信_古田さんインタビュー20210122

  1. +たまたまインタビュー + vol.22「ちくさ正文館 古田一晴さん」
     インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長)

今回は、名古屋のちくさ正文館の名物店長古田一晴さんです。
1974年にちくさ正文館にバイトで入り、78年社員。それ以後ちくさ正文館の名物としていらっしゃいます。
古田さんは本屋以外の顔として実験映像の作家としても長年活動されており、実験映像の方のお話を伺いました。

フィリップ(以下P):「こんにちは、古田さんの簡単な自己紹介をお願いします。」
古田さん(以下F):「本屋です。」
P:「古田さんのもう一つの顔である実験映像の制作はいつからされているんでしょうか?」
F:「高校からです。小中学校の時に洋画にはまって、高校から作り出しました。」
P:「当時はどんな洋画を観られていましたか?」
F:「小学生の頃にダブル・オー・セブン、ドクターノオの1962年のロードショーなんかを見て映画を観るようになって、高校からは唐十郎とか1968~69年くらいのアングラブームが来て。」
P:「ダブル・オー・セブンや唐十郎をリアルタイムに劇場で観られたんですね。」
F:「この頃は自分がまだ固まっていなかったと思っていたけど、実はもっとガキの時代の方が自分に影響していることにこの年になって気づいた。まだ、日本が平均的に豊かになっていない時代、戦中に止まっていた近代的なものと、貧しかった原風景が同時に来たのをリアルに見たことが映画以前に自分を作ったのかなあ。焼け野原が大曽根にまだあったもんなあ。」
P:「戦後の風景は、話や記録では観たことがありますが、リアルで見られたんですね。」
F:「僕が高校の頃は自主上映が始まって、撮影技術もない奴らが勝手に映像を作り始めた時代で、でもその頃の映写機なんて車より高いし、本当にお金がかかってねえ。」
P:「今とは全然環境が違いますね。」
F:「アメリカの実験映画は、1960年代半ばくらいに草月が実験映画のイベントを始めたくらいで、戦後のある時期(1952年)まではほとんど入ってきていなかったけど、僕たちのいう実験映画はその50年代の暗いアメリカのアングラ映画の延長線上にあるもので、それを今でも続けている。」
P:「知りませんでした。実験的な映像=実験映画だと思っていました。」F:「高校になったら自主上映をやりたくてしょうがなくて、学校の中では出来たので映画研究会を作ってやり方をマスターして、その頃から日本映画もちゃんと勉強して、まともな映画論の本も60年代に出てきたけど、まだ情報量が少なかった。大学入っても自主映画を企画して。」
P:「ちゃんと実験映像の話を聞いたことがなかったので興味深かったです。ありがとうございました!」

ちくさ正文館:
https://chikusashobunkan.jimdofree.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A6%82%E8%A6%81/

出版:名古屋とちくさ正文館―出版人に聞く〈11〉 (出版人に聞く 11) (日本語) 単行本 – 2013/9/1
https://www.amazon.co.jp/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%95%E6%AD%A3%E6%96%87%E9%A4%A8%E2%80%95%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F%E3%80%8811%E3%80%89-%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F-11-%E5%8F%A4%E7%94%B0-%E4%B8%80%E6%99%B4/dp/4846012727

書店員さんがオススメするフィルムアート社の本 > 第4回目:ちくさ正文館・古田一晴さん
http://www.kaminotane.com/2018/07/18/2969/

ファン通う名物書店 ちくさ正文館書店
https://www.chukei-news.co.jp/news/2020/04/11/OK0002004110301_04/

Warabimochoja ワラビモ長者 ちくさ正文館 古田さんの話 20200122
https://youtu.be/TBspppibME0

Yuko Nexus6さんの本にサインをもらった!

Yuko Nexus6さんの闘病記(双極性気分障害、乳がん)を綴った「#tbk_yuko」(ぶなのもり刊)の
本を書いました。かなり内容が濃く、素敵な本です。
Yuko Nexus6さんからサインを頂きました!
近々出版記念イベントも行われるとのこと
ミニスキュル・シングス(吉田アミ+立川貴一)プレゼンツ
「あしたのあたし」本公演へむけてのパーティ

Yuko Nexus6「#tbk_yuko」出版記念パーティ

2019年2月16日(土曜日)17時〜20時

会場: 天才算数塾(東京都台東区浅草橋2-5-8)

*会場では星葡萄(旧・セクシーキラー)による,『文藝』(河出書房新社)2015年秋号から2019年春号までの約4年間におよぶ装画と挿画の集大成となる原画展が12時より行われております。
また、終了後の20時からはDJささきあきらによる原画展クロージングパーティあり。ゆっくりしていってください。

入場料1000円 + 1 ドリンクオーダー

半月舎(滋賀県彦根市)
https://www.facebook.com/hangetsusha/

YUKOさんのサイト
http://www.yukonexus6.com/news/247/