+たまたまインタビュー+ vol.27「愛知県美術館の主任学芸員の越後谷卓司さんのお話 その3」

インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)
———————————————————————————–
今回は、愛知県美術館の越後谷卓司さんです。2021年のはじめ頃にたまたまアートラボあいちに展示を観に行った時にお会いしたので、インタビューをお願いしました(インタビューは3/14に芸文センターにて)。
フィリップ(以下P):「学芸員の仕事を長年されて来られていらっしゃいますが、これまでやって来られてどんな感じでしょうか。」越後谷さん(以下E):「まあ、学芸員と言っても色々なスタンスの人がいて、扱う作品とか時代とかによるので、僕の場合対象が現役の作家とか、古くても100年前なので、そういう前提で言うと、作家がやりやすいように、やりたいことが実現できるようにしてきたのかな、と思うし、まず作家ありきで「オリジナル映像作品」の制作を担当しているんですけど、作家が企画を出してきて、そこをいかにして形にするかのお手伝いをしている感じです。」P:「へえー」E:「一方でもう完成してしまっている作品に関しては、自分なりの視点やテーマで上映会をやったりしているので、そこには作家の作品とは別の切り口があって、それには自分の持ち味は出ていると思います。」P:「今までの上映会で一番気に入っているものは何でしょうか?」E:「気に入っていると言うか、やって良かったなと思うのは、ジョナス・メカスの特集で1995年ですけど、ビデオ作品の上映をやったんです。メカスはフィルムの人で日記映画の創始者と言われているんですけど、そう言うのはもう見てたんですね。でもビデオも撮っていて、それはまだ見ていなくて、見てみるとフィルムだとコマ撮りですが、ビデオだと長回しなんですね。ひたすら人物とか風景を延々と撮っているんですけど、それが僕には面白かったんですね。なにぶん6時間くらいのすごい長いのを上映したりしていたんで、一般の人の反応はあまり良くなかったかもしれないんですけど、あの時点で紹介できたのは良かったですね。」P:「見る人は見るけど、普通の人は見きれないような感じだったでしょうか。」E:「長い作品に関してはそうですね、6時間だと1日潰すことになるし、見る側もよっぽど肝が座っていると言うか。」P:「ここ(芸文センター)に来られたばかりの頃ですよね。」E:「そうですね、ここには1992年に来たので、ただ、若いうちに勢いでやっちゃうのが良かったんじゃないかな。もっと年齢重ねるとなかなか手がつけられないと言うか、物事をわかってなかったので、やってしまったと言うところがあるので。」P:「勢いは大切ですね。あと、愛知芸術文化センターの方針みたいなことも教えていただけないでしょうか?」E:「出来た頃は劇場と美術館が一緒になった複合施設という意識がすごくあったんですね。フォーラムという吹き抜けを使ったりもしていましたが、段々やりにくくなって、今は組織もはっきり別れたので、複合性や連携が薄れたのはちょっと残念です。」P:「そういう流れはここだけじゃなく、もっと全体的な流れなんでしょうか?」E:「水戸芸術館とか、川崎市市民ミュージアムとか、愛知よりもっと前に出来たところも統合です。愛知より後の東京都現代美術館とか徐々に大型の施設でジャンルを特定するものが出来始めて、そちらの方が今は主流でジャンルを深められるみたいな感じになっている気がします。」P:「なるほど。」E:「そうは言っても、YCAM(山口情報芸術センター)みたいな施設もあるし、完全に流れが変わった訳ではないですけど、中で働いている人たちの意識と関係しています。」P:「ジャンルによって思想が違うということでしょうか。」E:「美術館は作品ありきで作品を守り伝える、公演は現場で新しいものを作っていくという意識があるので、もちろん現代美術みたいにその場で立ち上がっていくものもあるんですけど、常に作品の収集活動したり、それをどう見せるかみたいなことがある。お客さんの意識も、劇場で同じ演目が何年かごとに再演されて、作品が育っていったりするのを観て楽しむようになるとちょっと変わるのかな。そういう土壌が出来た時に初めて本当の意味での複合性のとっかかりになるかもしれないけど。」P:「思想が違う人が集まると難しいことも起こりますが、面白いと思います。ここ10年くらいアーカイブとか再演とかよく聞きますが、愛知県美術館でもアーカイブ活動が行われているでしょうか?」E:「作品だけでなく、資料ですね。作品が完成するのに至るスケッチとかメモとか記録とかそういったものも含めて、残していかないと、本当の意味で何が言いたかったのか伝えられないということで、それは世界的な課題になっています。過去の掘り起こしとかとても労力がかかるし、どう展示するのかなど…。」P:「時間と人手と大変ですね…。話が実験映像に戻るんですけど、その当時は新しいメディアが出てくると別のジャンルの作家が入ってきたということなんですよね。」E:「例えば画家だったら、キャンバスに描いた絵が動かせるから、動くことで違うものに変えられるとか、マン・レイも写真は動かないけど、動画にしたら写真では出来ないことが出来るとか、新しいメディアが出てきて浸透する時には皆飛び付くんだけど、本来は更にそのメディアを深く追求することが僕は重要だと思うんですけど、個々の作家は続けていても、一般的な認識はそうはならないですね。それは残念ですね。」P:「後、これが最後の質問なのですが、これからの実験映像に期待することは何でしょうか?」E:「今は大学で正規のカリキュラムで映像教育が行われるようになり、「ぴあフィルムフェスティバル」なんかでも大学対抗みたいになっていて、技術や俳優の演技レベルの水準が上がってきているのですが、正規の教育がなかった頃の、例えば園子温とか黒沢清とかも、やりたいという衝動だけで、誰からも頼まれなくても撮るみたいな…。学校教育の重要性は否定しないのですが、何かやむにやまぬ衝動にかられて撮ってしまうような冒険心というか、チャレンジ精神がどこかに残っていて欲しいなあと。技術的は低いけど思いが伝わってくるような作品は、かつては「イメージフォーラム・フェスティバル」に、何本かそういう作品はあったんですけど、今は技術水準が上がっているので…。」P:「なるほど、衝動的なものも残って欲しいですね。」E:「そうですね。」P:「長いインタビューにお答えいただき大変ありがとうございました!とても勉強になりました。」
Warabimochoja ワラビモ長者 愛知県美術館 主任学芸員 越後谷さんのお話 後半https://youtu.be/5wTFNnAYxLU
ジョナス・メカスhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%82%B9
マン・レイhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4
園子温https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%92%E5%AD%90%E6%B8%A9
黒沢清https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%B2%A2%E6%B8%85

+たまたまインタビュー + vol.26「愛知県美術館の主任学芸員の越後谷卓司さんのお話 その2」

インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)
———————————————————————————–
今回は、愛知県美術館の越後谷卓司さんです。2021年のはじめ頃にたまたまアートラボあいちに展示を観に行った時にお会いしたので、インタビューをお願いしました(インタビューは3/14に芸文センターにて)。
フィリップ(以下P):「なるほど。80年代は新しいものが一杯あったいい時代というイメージがあります」E:「僕は中学から大学にかけてが80年代だったんですけど、実体験からいうと、80年代は前半と後半で全然違うんです。前半は下積みで長くやってた相米慎二とか、漫画でも大友克洋とかが出てきて新しいことが始まるんじゃないかという雰囲気があったんです。後半になってみるとバブル景気の影響で、映画だと異業種の監督が登場する。例えば高田賢三が映画撮ったりとか。」P:「あー確かにそっちの方がイメージ強いですね。異業種の人が音楽やるとか。」E:「その中で一番成功したのは北野武。」P:「へえー」E:「だから、80年代で何か新しいことが起こりそうな感じがあったのは特に前半の方で、ただそれが花開いたのかとか、どう定着したのかとかいうとちょっと心もとないですけどね。」P:「あまりそういう視点で見たことがないので面白いです。」
P:「実験映像について少し勉強しようと思ったのですが、幅が広すぎてどう説明していいのか…。」E:「テレビでなかなか取り上げられないということもあるけれど、歴史的な後付けがまだなされていないのが、実験映画ってよくわからないと言われてしまう一つの理由なんですけど、はっきりしているのは1920年代のアバンギャルド芸術の中の新しいメディアとしてのフィルムにアーティストとか映画監督が飛びついて、マルセル・デュシャンなんかもそうです。そういう時代があってもう一つが戦後のアメリカでブラッケージとかメカスとかが出てきて彼らは新しい映画の運動をしようとしたんですよ。それはゴダールとかトリュフォーなんかのヌーヴェルバーグにどっちかっていうと近い動きで映画の変革みたいなことをやろうとしたんですね。それがあとでうまく引き継がれていないというか、完全に繋がっているわけじゃなくて、それぞれがアートの領域の新しい動きだったり、ビデオという新しいメディアをどう扱うかみたいな、それぞれが別の性格づけがあるんで、それを全体としてどう捉えるかというと、非常に難しいというか、実験映画というジャンルが確立したかというとそうではないと思うんですよ。むしろ映画でも美術でもいいんですけど、新しいものを生み出す・革新してゆく精神みたいなものなんじゃないかと。」P:「なるほど」E:「そういう意味でいうと小田香さんの『セノーテ』はかなり実験映画のニュアンスを汲んでいる作品だと思うけど、彼女自身がどこまでそれを意識しているかはわからないですけどね。」P:「聞いてて思い出したのが、IAMAS行ってたと言ったらメディアアートって何と聞かれて答えに困ったことが…。あと実験映像の知識がないと、実験って聞くと、普通とは違うことをしているのかな?とざっくりしたイメージしか持っていなくて、色々聞いていくと色々流れがあるんだなーという、そんな知識しかないのですが…。」E:「実験音楽もジョン・ケージとかフィリップ・グラスまでははっきりしていて、大友良英さんはかなりその流れも引いていますが、ポピュラーな方面の仕事もされていますし、音楽でもそうだから、時代の変遷に左右されちゃうんで、あと時間が経つとそのメディア自体が古くなっちゃうんで。」P:「そうなんですよね。」E:「ビデオももうアナログビデオと見られて、それだけで古臭いとか見られてしまうのが残念。メディアは古いかもしれないけど、そこでやられていることは今でも通じるし、面白いものはたくさんあると思うんですけど。そこまで見ようと到達してくれる人が少ない。」P:「ジョン・ケージの作品とか見ると、今思いつくようなことはすでにこの人がやってたんだなと思ったりします。実験映像でもそういう人はいるんでしょうか?」E:「ブラッケージとかメカスかな。メカスは特にプライベートな感じで対象にアプローチするのが、今ではドキュメンタリーもそっちの方が主流になっちゃったけど、昔はもっとNHKが歴史を語るとか、大きなところから俯瞰して構えていた映像が多い中で、メカスは最初からコミュニケーションのツールとして用いていた、プライベートな視点で撮っていて、でもそこから歴史がすけて見えるのが、今見ても先駆的で学べることは多いんじゃないかと思います。」
– 次回へ続く –
Warabimochoja ワラビモ長者 愛知県美術館 主任学芸員 越後谷さんのお話 前半https://youtu.be/2swRKXfkbtw
Warabimochoja ワラビモ長者 愛知県美術館 主任学芸員 越後谷さんのお話 後半https://youtu.be/5wTFNnAYxLU
相米慎二https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E7%B1%B3%E6%85%8E%E4%BA%8C
大友克洋https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8F%8B%E5%85%8B%E6%B4%8B
高田賢三https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E8%B3%A2%E4%B8%89
小田香「セノーテ」http://aragane-film.info/cenote/#unit_top
ジョン・ケージhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8
大友良英https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8F%8B%E8%89%AF%E8%8B%B1

+たまたまインタビュー+ vol.25「愛知県美術館の主任学芸員の越後谷卓司さんのお話 その1

インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)

————————————————————————————–今回は、愛知県美術館の越後谷卓司さんです。2021年のはじめ頃にたまたまアートラボあいちに展示を観に行った時にお会いしたので、インタビューをお願いしました(インタビューは3/14に芸文センターにて)。
フィリップ(以下P):「こんにちは、越後谷さんの簡単な自己紹介をお願いします。」越後谷さん(以下E):「愛知県美術館の主任学芸員の越後谷です。元々は愛知県文化情報センターの学芸員だったんですけど、今は美術館の学芸員です。」P:「そうか、愛知芸術文化センターが変わったんですね。」E:「2014年に文化情報センターの組織が解体されたので、事業部門にいた人は劇場と美術館に移動したんですよ。」P:「あまりわかってなかったのですが、名刺が変わったのはそういう訳だったんですね」E:「文化情報センターは劇場でも美術館でもなく、まあその両方をまたがるような仕事をしていたという…。」P:「なるほどだから、実験映画とか、現代音楽とか、コンテンポラリーダンスとかマニアックなものを名古屋で観ることができていたんですね。越後谷さんはなぜ実験映画に興味を持つようになられたんでしょうか?」E:「最初にその手の作品に触れたのは中学生くらい。80年代のはじめぐらいですけど、丁度その頃にアニメーションブームがあって、『宇宙戦艦ヤマト』とか、『銀河鉄道999』とかがあったんですけど、まあそういうメジャーな劇場用アニメーションではなくて、1日くらいの小規模なサークルの集まりで、ちょっと変わったアニメーション上映しているとニュース等で聞くんです。例えばノーマン・マクラレンとかそこら辺の名前とか知るようになって、当時はなかなか実験映画を観る機会がなかったんですけど、多摩美術大学に入ったら、アニメーション研究会が新入生の歓迎で色々イベントやるんですよ。そこでマクラレンも観れて、ああこういうやつだったんだ、みたいな。」P:「へえー!中学生から興味持たれていたんですね。」E:「アニドウ、つまり、アニメーション同好会っていう、プロのアニメーターとかアニメーション研究者とか、こっちの方だと森卓也さんのような評論家だったりとか、杉本五郎さんという漫画家でフィルムコレクターの方とかが協力して、プロというか研究者とかに近い人たちが集まったグループがあって、杉本さんが若い人たちのために、と見せてくれる機会があったり、大使館からフィルム借りて上映会したりしてたんです。」P:「越後谷さんは師匠がいらっしゃいますか?」E:「何人かいるんですけど、一番最初は大学の時の先生だった萩原朔美さんという方で、萩原さんを知ったのは確かNHKの教育(現在はEテレ)で萩原さんの作品を紹介する番組があったんですよ。リンゴを1年間撮って腐っていくのを映画にするとかを紹介していて、こんなことやってて仕事になるんだと名前を覚えていて、大学受験するときに、多摩美で教えていることを知って、3,4年で指導を受けたんだけど、放任主義で学生が何かやれば反応するという感じで。」P:「その頃はご自分でも映像を作られていたんですか?」E:「そうですね、当時は作家志向だったので、先生にも叩かれていました。」P:「その頃好きだった作家さんはいらっしゃいますか?」E:「入った頃がビデオアートブームみたいな時期で。丁度大学入った年にナム・ジュン・パイクの個展があったり、ビル・ヴィオラのことも話題になっていたんだけど、1,2年の時の指導教官の海老塚耕一さんはビル・ヴィオラがあまり好きでなくてなかなか見せてくれなかったですけど1回だけ見せてくれたんです。ビル・ヴィオラが砂漠で撮った『チョットエル-ジェリド』というもので、やっぱり当時はみんなナム・ジュン・パイクよりもまず第一にビル・ヴィオラっていう。」P:「あーでも、ちょっと違いますよね、ナム・ジュン・パイクは映像よりモノが目に入ってくる感じです。」E:「その当時フィルム主流でそうではないビデオの特性を追求しなきゃダメなんじゃないか。もちろんパイクもヴィオラもビデオでしかできないことをやってるんだけども、ビル・ヴィオラの方がビデオの本質に近いというか。あとナム・ジュン・パイクだとビデオシンセサイザー使ってて、そんなの学生には触れることすらできない。だったらビル・ヴィオラみたいに撮影にこだわって作品を作るしかやりようがないのかなっていうのが現実だったんですね。」
– 次回へ続く –
Warabimochoja ワラビモ長者 愛知県美術館 主任学芸員 越後谷さんのお話 前半https://youtu.be/2swRKXfkbtw
愛知県美術館https://www-art.aac.pref.aichi.jp/
森卓也https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%8D%93%E4%B9%9F
杉本五郎 (漫画家) Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E6%9C%AC%E4%BA%94%E9%83%8E_(%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6)
萩原朔美https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%A9%E5%8E%9F%E6%9C%94%E7%BE%8E
海老塚耕一https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%80%81%E5%A1%9A%E8%80%95%E4%B8%80
スタン・ブラッケージhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8
ジョナス・メカスhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%82%B9

たまたまインタビュー + vol.23 松村 明莉さん

+たまたまインタビュー + vol.23「松村 明莉さん イアマス大学院」 インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)

————————————————————————————–

今回は、IAMAS大学院1年生の松村明莉さんです。先日IAMAS2021卒業制作展を観に行った折に、作品紹介をしてもらったら面白かったので、インタビューをお願いしました。


フィリップ(以下P):「こんにちは、松村さんの簡単な自己紹介をお願いします。」

松村さん(以下M):「松村です。広島出身で、好きな食べ物は食べ物です!現在はゲームの物語性について研究しています。」
P:「IAMAS1年目の展示が越波博物館という作品なんですね。」

M:「根尾地区にある越波地区の空き家の入口に放置された謎の骨みたいなものを使って、復元図を作ったという感じです。この企画展示のプロジェクト自体が分解者っていうテーマで、分解者は動物の死骸なんかを分解する微生物だったりとかですけど、今の人間の生きている世界に見立てて新たな価値を与えるというもので、私もその流れの一環として架空の見立てをしました。」

P:「根尾で活動されているということは、金山先生の指導を受けられているんでしょうか?」

M:「プロジェクトのメイン指導は金山先生なのですが、主査は吉田先生にお願いしています。」

P:「なんと、吉田先生が大学院だけになってから、生徒を持っているというのは初めて聞きました!私がいた頃は専門学校スタジオ科・アンドコースの先生でした。来年の制作研究はどんなことをされるんでしょうか?」

M:「ゲームを制作する予定です!まだ構想段階ですが、遊んだ人がゲーム自体のストーリーだけでなく、いつ・どこで・誰と遊んだか、どういう選択肢を選んだか、というところまで物語として組み込めるようなものにしたいと考えてます。」

P:「この博物館展示がアナログな感じだったので、ゲームとは意外で面白いです。ただ、今の話を聞くと、ストーリーを作るという点では越波博物館の話も繋がるんでしょうか?」

M:「要素として入れ込めたらいいなと思ってます!」

P:「そう言えば、IAMASに来る前はどんなことをされていたのでしょうか?」

M:「大学では現代美術を専攻してました。IAMASのように、コンセプトさえしっかりしていればわりとなんでもアリな感じでしたね。」

P:「なんと、現代美術をされていたんですね!楽しい作品紹介をありがとうございました!」



根尾の分解者たち:composition, decomposition, recomposition
https://www.iamas.ac.jp/exhibit21/project/community-resilience-research/

越波博物館
https://www.iamas.ac.jp/exhibit21/project/community-resilience-research/oppa-museum/

IAMAS 2021
https://www.iamas.ac.jp/exhibit21/

Warabimochoja ワラビモ長者 松村明莉さんの越波博物館
https://youtu.be/CH3QxkJzXzw

ヌートリアまわり通信_古田さんインタビュー20210122

  1. +たまたまインタビュー + vol.22「ちくさ正文館 古田一晴さん」
     インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長)

今回は、名古屋のちくさ正文館の名物店長古田一晴さんです。
1974年にちくさ正文館にバイトで入り、78年社員。それ以後ちくさ正文館の名物としていらっしゃいます。
古田さんは本屋以外の顔として実験映像の作家としても長年活動されており、実験映像の方のお話を伺いました。

フィリップ(以下P):「こんにちは、古田さんの簡単な自己紹介をお願いします。」
古田さん(以下F):「本屋です。」
P:「古田さんのもう一つの顔である実験映像の制作はいつからされているんでしょうか?」
F:「高校からです。小中学校の時に洋画にはまって、高校から作り出しました。」
P:「当時はどんな洋画を観られていましたか?」
F:「小学生の頃にダブル・オー・セブン、ドクターノオの1962年のロードショーなんかを見て映画を観るようになって、高校からは唐十郎とか1968~69年くらいのアングラブームが来て。」
P:「ダブル・オー・セブンや唐十郎をリアルタイムに劇場で観られたんですね。」
F:「この頃は自分がまだ固まっていなかったと思っていたけど、実はもっとガキの時代の方が自分に影響していることにこの年になって気づいた。まだ、日本が平均的に豊かになっていない時代、戦中に止まっていた近代的なものと、貧しかった原風景が同時に来たのをリアルに見たことが映画以前に自分を作ったのかなあ。焼け野原が大曽根にまだあったもんなあ。」
P:「戦後の風景は、話や記録では観たことがありますが、リアルで見られたんですね。」
F:「僕が高校の頃は自主上映が始まって、撮影技術もない奴らが勝手に映像を作り始めた時代で、でもその頃の映写機なんて車より高いし、本当にお金がかかってねえ。」
P:「今とは全然環境が違いますね。」
F:「アメリカの実験映画は、1960年代半ばくらいに草月が実験映画のイベントを始めたくらいで、戦後のある時期(1952年)まではほとんど入ってきていなかったけど、僕たちのいう実験映画はその50年代の暗いアメリカのアングラ映画の延長線上にあるもので、それを今でも続けている。」
P:「知りませんでした。実験的な映像=実験映画だと思っていました。」F:「高校になったら自主上映をやりたくてしょうがなくて、学校の中では出来たので映画研究会を作ってやり方をマスターして、その頃から日本映画もちゃんと勉強して、まともな映画論の本も60年代に出てきたけど、まだ情報量が少なかった。大学入っても自主映画を企画して。」
P:「ちゃんと実験映像の話を聞いたことがなかったので興味深かったです。ありがとうございました!」

ちくさ正文館:
https://chikusashobunkan.jimdofree.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A6%82%E8%A6%81/

出版:名古屋とちくさ正文館―出版人に聞く〈11〉 (出版人に聞く 11) (日本語) 単行本 – 2013/9/1
https://www.amazon.co.jp/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%95%E6%AD%A3%E6%96%87%E9%A4%A8%E2%80%95%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F%E3%80%8811%E3%80%89-%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F-11-%E5%8F%A4%E7%94%B0-%E4%B8%80%E6%99%B4/dp/4846012727

書店員さんがオススメするフィルムアート社の本 > 第4回目:ちくさ正文館・古田一晴さん
http://www.kaminotane.com/2018/07/18/2969/

ファン通う名物書店 ちくさ正文館書店
https://www.chukei-news.co.jp/news/2020/04/11/OK0002004110301_04/

Warabimochoja ワラビモ長者 ちくさ正文館 古田さんの話 20200122
https://youtu.be/TBspppibME0

+たまたまインタビュー + vol.21「BUCHI」ヌートリア通信より転載

今回は、名古屋の東枇杷島にある古民家飲食店BUCHIのEijiさんです。
名古屋市カフェやシェアハウスの運営をされていらっしゃいます。今回はBUCHIを中心にインタビューします。

フィリップ(以下P):「こんにちは、BUCHIの簡単な紹介をして頂けないでしょうか?」
Eijiさん(以下E):「古民家飲食店BUCHIです。この建物は元々は和服丸洗いのお店でした。」
P:「このソフトクリーム(今食べている)メチャクチャ美味しいです!」
E:「これは濃厚ソフトクリームで、スプーン代わりになってるサツマイモチップは、桑名(三重県)のこめ油を使って素揚げしているんですよ。」
P:「素材にこだわっているんですね、なぜBUCHIという名前で、あまり周りにお店がない栄生でされているんですか?」
E:「BUCHIという名前は色々な人を繋げる場所になるといいよね、と思って縁側(えんがわ)や縁(えん)にする案もあったけど、呼び方の響きの良い縁(ぶち)にしました。元々、シェアハウスが則武の森とお店から近くのところにあって、色んな人たちが集まる中で、それぞれのシェアハウスの住人たちが集まれる場所を作ろうと言うことで『BUCHI』が出来ました。コンビニ飯やファミレスばかりではなく、美味しいものが食べられ、語り合え、遊べる、そんな場所を作りたく、シェアハウスの大家さんからココも使ってみる?と言っていただき、今の場所に作ることになりました。」
P:「面白いきっかけですね、シェアハウスはなん人くらいだったんですか?」
E:「平均5、6人くらいですね。個室がなく、男女関係なくみんなで雑魚寝みたいな感じで、家族のような関係なんですよ。」
P:「すごいですね、、そういうのは初めて聞きました。さっきから、お客さんは近所の人らしき子供や高齢者がたくさん来てますね。」
E:「コロナじゃないときは、近所のおじいちゃんおばあちゃんや高校生や小学生たちがワイワイしていますね。近くの名城高校生は、授業の一環として、ぶちで高校生食堂もしたんですよ。」
P:「高校生食堂は初めて聞きました!私は今日はじめてきたけど、店の前にいるだけでも大分和んでいます。どこかの路地裏に迷い込んだような雰囲気だし。」
E:「シェアハウスの住人たちのやりたい!から始まったセッション音楽イベント『音BUCHI』や『BUCHIラヂヲ』なんかもやってますよ!」
P:「古民家で音楽イベント、楽しそう!最後に何か一言よろしくお願いします。」
E:「色んな世代の人たちが、家のように楽しめる空間、そして、みんなのやりたいを挑戦できる場所として、これからも楽しく美味しいオリジナルメニューを作ってお客様と一緒に楽しんで行こうと思います。」
P:「初めて寄りましたが、とても和みました。また遊びにいきます!」

古民家飲食店BUCHI
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23064795/

古民家飲食店BUCHI instagram
https://www.instagram.com/buchi_nagoya/

ワラビモ長者インタビュー 古民家飲食店BUCHI
https://www.youtube.com/watch?v=bgxhr7vMrv4&feature=youtu.be

+たまたまインタビュー + vol.20「池田朗子さん」

時々寄稿しているメルマガ「ヌートリア通信」の記事をブログにも投稿することにしました

今回は、アーティストの池田朗子さんです。
国内外で視覚と認識の関係をテーマに、インスタレーション、映像、写真などさまざまなスタイルで作品を制作、発表されています。以前は名古屋周辺が拠点で、現在は大阪にいらっしゃいます。


フィリップ(以下P):「こんにちは、朗子さんの簡単な自己紹介をして頂けないでしょうか?」

朗子さん(以下A):「ご紹介いただきましたが、現在は大阪に住み、夫とその家族の経営するネオンサイン製作の工房(oncan)の仕事を手伝いながら、小三の男の子と三人で暮らしています。2011年に出産、育児をスタートし、同じ時期に工房も先代から夫へと代替わりして、ほぼ個人的な表現活動から遠ざかって生活しておりました。」

P:「旦那さんのネオン管のお仕事は世襲だったんですね! 個人的な表現活動時代はどんな活動をしていましたか? 私は朗子さんの著書-their site your sight-に出てくる一連の作品がすごく好きでした。」

A:「ありがとうございます。インスタレーションを中心に個展やグループ展で発表させていただいたり、デンマーク、スウェーデンでのアーティストインレジデンスで制作・発表をしました。その間に、作品集出版するチャンスもいただいたり、広告や雑誌のお仕事もさせていただいてました。」

P:「工房の手伝いや子育てをするようになってから、ネオンの作品などは作りましたか?あと考え方などは変わりましたか?」

A:「ネオンサイン製作は、出産後挑戦してみたのですが、容易ではありませんでした。繊細な素材のガラス管のネオンサインを納期までに作ると言うプレッシャーがキツくて、自分には合わないなぁと早々と退散しちゃって。不得意でしたが簿記の勉強をして経理を担当することにしました。今思えば、経理事務の作業はアートの仕事にとっても重要なのですが、当時は「自分とは無縁だったことをしている」と思っていました。家族の生活がかかっている事、産後直後だったこともあり、結構ストレスを感じてました。今も「綱渡り」なのは変わりませんが、以前の様に、お金を怖いとは思わなくなりつつあります。むしろ、個人事業主としてアートに関わっていく者にも、自分でマネジメントしていくために勉強しておく必要があったなと、自省も含め思うようになっています。

P:「マネジメント、大事ですよね(無知識で何も答えられず 汗)。
最近はどんな活動をしていますか?」

A:「アート関連の活動では、地元の先生が主宰する子どものためのアトリエ(アトリエ・グー)の造形のお手伝いのをさせて頂いたり、大阪の一般社団法人タチョナさん(http://touchonart.net)と市内の小中学校でのアートワークショップの講師をしています。最近になって育児から解放される時間も増え、工房内にある自分のアトリエを清掃しつつ、また絵を描いたり、文章を書いたりをポツポツとはじめました。」

工房きちでの制作風景

P:「アートワークショップって最近よく聞く気がします。10年くらい前と比べて教育の仕方が変わってきたような気がしますが、朗子さんはどう思いますか?」

A:「そうですね。制度や詳しいことは私もちゃんとわかっていませんが、現場の生徒さん達は昔より積極的に意見交換したりする様になっていて、コミュニケーションが上手だなと肌で感じます。学校の先生にそのことを伺うと、指導要項もどんどん変わり授業の中でも一方通行でなく、意見交換の機会を増やしているとの事でした。また、少し話がズレますが、私のワークショップでは撮影も行うのですが、以前より生徒さんたちはデジタル機器に慣れていて。学校のタブレットでもほぼ説明なく操作し、その撮影の方法や構図も大人より柔軟で『デジタルネイティブだ!』と、ワークショップ最後の作品発表の時は私の方が、その発想に刺激を受けています。」

P:「デジタルネイティヴの次の世代?ですもんね!最後に何か一言あればよろしくお願いします。」

A:「今現在、私自身、新型コロナウィルスの影響で、仕事の仕方や家族との距離や関係が変わっていっています。楽観的すぎるかもしれませんが、今までのスタイルや「こうでなければ」と思い込んでいた、自分の役割、生活スタイルや、距離とか場所を理由に出来ないと思い込んでいたことを変える機会になるかもしれない?と思っています。少しでも私自身の思考や行動、コミュニケーションが広がり、深まる様に意識して小さな挑戦をチマチマと続けていきたいと思っています!フィリップさんにも、また相談させてくださーい!(笑)」

P:「こちらこそよろしくお願いします!ありがとうございました!」

oncan(ネオンサイン工房)
http://ne-oncan.com

アトリエ・グー
http://atoriet-goo.blogspot.com

Touch On Art タチョナ
http://touchonart.net

書籍:光景 -their site your sight- 池田朗子
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-163-8

+ たまたまインタビュー + vol.19「原田直樹さん」 

————————————————————————————–

時々寄稿しているメルマガ「ヌートリア通信」の記事をブログにも投稿することにしました

今回は、名古屋を代表するMakerの原田直樹さんです。ステキなLEDバッジやピタゴラスイッチのような装置を大量に作られていて、テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア、工作ワークショップなど各種モノづくり系イベントの出展など多方面で活動されています。

MakerFaireKyoto2020に出す予定だった新作マーブルマシンとバッジ

フィリップ(以下P):「こんにちは、原田さんの自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?」
原田さん(以下H):「学生時代に藤幡正樹さんのLED作品に惚れ込んで現在も続くLEDバッジ作り、1997年からWebサイト『〈カタログで見る〉電子楽器博物館』の運営。2008年からシンセサイザーの自作、マーブルマシンの製作に取り組んでいます。」
P:「藤幡氏のLED作品はどこで知ったのでしょうか?」
H:「マイコン雑誌「RAM」の記事です」
P:「BASICマガジンとかはよく聞くけど、RAMははじめて聞きました。どんな雑誌でしょうか?」
H:「今で言う”パソコン”、昔マイコンって呼んでましたね。その雑誌です。」※1980年前後には『I/O』『月刊マイコン』『月刊アスキー』と並び「4大誌」と称された(wikipediaより)。
P:「マイコン雑誌と聞くとなんか心が震えますね。私は原田さんのLEDバッジが好きで、見ると全種類欲しくなってしまいます(現在5個もっています)、現在何種類あるのでしょうか?」
H:「新作ごとに番号を振っていて、現在53です。」
P:「53種類ですか?ビックリです。」
p:「どの作品もとても細かくきれいでよくこんなものを人の手で作るなあ、、と毎度驚きます。作っている時はどんな気持ちで作られているのでしょうか」
H:「特にハンダ付けのときは無心です。」
p:「すごいですね。最近はどんなものを作られていますか?」
H:「古いLEDが手に入ったので、LEDが使われ出した1970年前後の出来事だった米国アポロ計画に引っ掛けてバッジを作りました。」

2020年新作LEDバッジ


P:「古いLEDはどこで入手されたんですか?」
H:「長野の電子部品店です。」
P:「なんと!見たらまた買ってしまいそうw今回はいきなりインタビューにお答え頂き、ありがとうございました!バッジのことばかり聞いてしまいましたが、実はマーブルマシンも相当すごいので、下記のURLを見て頂けたらと思います。東急ハンズ名古屋店にも設置してあり、いつも子供がかじりついているのを見かけます。マーブルマシンの方は作りだしたきっかけが、NHKのピタゴラスイッチを息子と見たこととのことですが、それだけでここまで作るのかーという。」

denha(原田さんのマーブルマシンの動画チャンネル):https://www.youtube.com/user/denha

+ たまたまインタビュー + vol.18「日栄一雅さん」  

今回は、名古屋を拠点に海外まで幅広く活躍されているメディアアーティストの日栄さんです。私も名古屋に住んでいるので、いつも興味深い作品を鑑賞させてもらっています(IAMAS院卒業生でもあります)。


フィリップ(以下P):「こんにちは、日栄さんの自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?」
日栄さん(以下H):「サウンドアートを中心にいろいろなものを作ってます。」
P:「日栄さんは、元々理系大学出身で、芸術活動をされてます。なぜそうなったんでしょうか?」
H:「いろんなものが数字や記号に置き換わる事にすごく興味があったんですが、20代の頃に「あれ?そうじゃないなぁ~」と思って、その違和感を埋めるために。」
P:「違和感はどんなものですか?」
H:「頭で考えていることと、感覚で感じていることとのズレからくるものだと思います。」
P:「それで芸術活動をしてしまうのがすごいですね。津島でも活動をされていますが、どんなことをされていますか?」
H:「神社で雅楽の奏楽をしています、デジタルとのバランス取る為と、前述の違和感を埋める為かも。」
P:「雅楽すごくお似合いですね、私の日栄さんのイメージは陰陽師です。」
H:「他にも3年ほど前から、定期的にいろんなアーティストを地元に呼んで展示をしてもらっています。」
P:「私も日栄さんのつしまアートスケープに参加させてもらい、2020/1/13からイラスト展示をさせてもらっています。今回、日栄さんて意外と地域愛があるんだなーと驚きました。」
H:「地域愛そんな大層なものではなくて、身近で楽しい事ができてあわよくばそれが地域に還元できればいいなという、それだけです。」
P:「津島はいいとこだと思います。最後に一言お願いします。」
H:「空き家があるので、活用したい方いらしたらご連絡ください。」
P:「どんな空き家でしょうか?」
H:「かなり古い町家ですが、使い方次第ではなにか使えるかも。」
P:「津島の古い町家いいですね。ありがとうございました!」

hiei-music:
http://hiei-music.com

つしまアートスケープ
https://www.facebook.com/tsushimart2016/
———————————-
告知:
山中透 x スナッチ (ダムタイプ) x HIEI x 石川智久 x シンヤB
Diamond Jubilee: Feasts
2020.02.2

フィリップ展示「アカダクツワラビ」
展示場所:OVER COFFEE(コーヒーもデザート類もとても美味しいです)
開催期間:1/13-3月頭くらいまで、場所:愛知県津島市
WEB:https://overcoffee-cs.com/

+ たまたまインタビュー + vol.16「河村陽介さん」

今回は、河村陽介さんにインタビューさせてもらいました。
MOBIUMというバスを長年運転されています。今度のゴールデンウィークにMOBIUMバスツアー2019をされるそうなので、インタビューをさせていただきました。


PHIRIP(以下P):こんにちは、LOZI(河村陽介さん)の自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?

LOZI(以下L):現在は名古屋を中心に活動し、メディア系の作品制作を行うNODEや、移動型ラボMOBIUMを運営しています。

P:MOBIUMバスツアー2019の告知をお願いします

L:4/27-5.5の連休に東北を中心にバスでツアーして展示をします。
http://www.mobium.org/new/mobium_tour_2019/

P:そもそもなぜバスを買おうと持ったんでしょうか?

L:もともとイベントを行うための移動型のスペースが欲しかったのですが、2005年にちょうどバスツアーの企画「shoboshobo」と「moblab」のお話があり、ついついバスを買ってしまいました。

P:運転していて一番楽しかった時と、辛かった時について教えてください

L:企画をやっているときは常に楽しいです。初代のバスが廃車になったときは哀しかったです。

P:2016年にFINALツアーをしたけど、なぜそのあとに2号機を買ったんでしょうか?

L:FINALツアーは初代のバスの最後のツアーということだったのですが、もともと次の展示予定も決まっていたのですぐに2号機を買わざるを得なかったのです。
パソコン壊れたらすぐ買い替えますよね。

P:(パソコンとバスを一緒にしてる?!)あの時は”辞める辞める詐欺”って言われてましたよね
バスは陽介さんにとってどんな存在ですか?

L:いろいろな実験がどこでもできるので、実験場でもあって、もはや身体の拡張でもあると思えます。

P:いつかやってみたいことはありますか?

L:先日大阪で船をイベントスペースにしているのに乗ったのですが、船いいな、と以前から思っていたので、そのうち船MOBIUMやりたいですね。

P:時々TVなどで見かけるバスと船兼用みたいな感じですかね??ついでに空も飛んでほしいですね
最後に一言お願いします。

L:今回のツアーを実施するにあたって、資金が足りないためクラウドファンディング中です。みなさまご支援お願いいたします。
https://camp-fire.jp/projects/view/147299?utm_source=cf_widget&utm_medium=widget&utm_campaign=widget
各地でみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

P:ありがとうございました!成功を祈ります。

MOBIUM
http://www.mobium.org/

MOBIUMクラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/147299?utm_source=cf_widget&utm_medium=widget&utm_campaign=widget