+たまたまインタビュー + vol.21「BUCHI」ヌートリア通信より転載

今回は、名古屋の東枇杷島にある古民家飲食店BUCHIのEijiさんです。
名古屋市カフェやシェアハウスの運営をされていらっしゃいます。今回はBUCHIを中心にインタビューします。

フィリップ(以下P):「こんにちは、BUCHIの簡単な紹介をして頂けないでしょうか?」
Eijiさん(以下E):「古民家飲食店BUCHIです。この建物は元々は和服丸洗いのお店でした。」
P:「このソフトクリーム(今食べている)メチャクチャ美味しいです!」
E:「これは濃厚ソフトクリームで、スプーン代わりになってるサツマイモチップは、桑名(三重県)のこめ油を使って素揚げしているんですよ。」
P:「素材にこだわっているんですね、なぜBUCHIという名前で、あまり周りにお店がない栄生でされているんですか?」
E:「BUCHIという名前は色々な人を繋げる場所になるといいよね、と思って縁側(えんがわ)や縁(えん)にする案もあったけど、呼び方の響きの良い縁(ぶち)にしました。元々、シェアハウスが則武の森とお店から近くのところにあって、色んな人たちが集まる中で、それぞれのシェアハウスの住人たちが集まれる場所を作ろうと言うことで『BUCHI』が出来ました。コンビニ飯やファミレスばかりではなく、美味しいものが食べられ、語り合え、遊べる、そんな場所を作りたく、シェアハウスの大家さんからココも使ってみる?と言っていただき、今の場所に作ることになりました。」
P:「面白いきっかけですね、シェアハウスはなん人くらいだったんですか?」
E:「平均5、6人くらいですね。個室がなく、男女関係なくみんなで雑魚寝みたいな感じで、家族のような関係なんですよ。」
P:「すごいですね、、そういうのは初めて聞きました。さっきから、お客さんは近所の人らしき子供や高齢者がたくさん来てますね。」
E:「コロナじゃないときは、近所のおじいちゃんおばあちゃんや高校生や小学生たちがワイワイしていますね。近くの名城高校生は、授業の一環として、ぶちで高校生食堂もしたんですよ。」
P:「高校生食堂は初めて聞きました!私は今日はじめてきたけど、店の前にいるだけでも大分和んでいます。どこかの路地裏に迷い込んだような雰囲気だし。」
E:「シェアハウスの住人たちのやりたい!から始まったセッション音楽イベント『音BUCHI』や『BUCHIラヂヲ』なんかもやってますよ!」
P:「古民家で音楽イベント、楽しそう!最後に何か一言よろしくお願いします。」
E:「色んな世代の人たちが、家のように楽しめる空間、そして、みんなのやりたいを挑戦できる場所として、これからも楽しく美味しいオリジナルメニューを作ってお客様と一緒に楽しんで行こうと思います。」
P:「初めて寄りましたが、とても和みました。また遊びにいきます!」

古民家飲食店BUCHI
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23064795/

古民家飲食店BUCHI instagram
https://www.instagram.com/buchi_nagoya/

ワラビモ長者インタビュー 古民家飲食店BUCHI
https://www.youtube.com/watch?v=bgxhr7vMrv4&feature=youtu.be