+ たまたまインタビュー + vol.02「水口翔太さん(GOCCO.)」

■今回はGOCCO.さんという会社が移転し、新居祝いパーティが行われた時に、社員のミンズン(水口翔太)さんに少しインタビューさせていただきました。


フィリップ(以下P)「いつ頃入社されたんですか?」
ミンズンさん(以下み)「2014年7月25日からです。」
P「よく覚えていますね!」
み「なんか、大学のときの助手さんがGOCCO.さんで働いていて(多摩美術大学の情報デザイン学科卒)、その関係で知りました。」
P「東京から大垣に引越すのって、すごく環境が変わってギャップありませんでした?
み「元々広島出身なのでそこまでは、でも、たしかにイアマス生でもなく、なんのゆかりもなかったので。」
P「寂しくないですか?」
み「寂しいけど、会社の人がよくしてくれるし、やりたいことが出来ているので。」
P「多摩美の卒業制作は何を作られましたか?」
み「デジFAB系です。レーザーカッターで作れる家具を作りました。テーマはオープンソースです。」
P「もの作り系ですね」
み「担当が矢野英樹さんというちょっとスピリチュアル系の先生でした。」
P「スピリチュアルとは?」
み「色々エピソードはあるんですけど、4年生の時の前期に、「みそを作れ」という課題を出されて、みそ作りの工程や知識をインフォグラフィックで作れって言う、、
卒業制作で忙しくて気持ちに余裕がないときに、なぜ味噌?っていう 笑」
P「面白い先生ですね、いい経験ですね。」
み「今思うといい経験です。」
P「話変わって、GOCCO.さんでの仕事についてはどう思いますか?」
み「面白いところだと思う。新卒なので普通の会社とか知らないけど、自由だし。」
P「確かにデジFABで生きていけてるのは、すごいですね」
み「楽しいです。」
P「今日は移転記念パーティということですが、GOCCO.さんはTABさん(建築やDIYなどの会社)とビルをシェアすることになったんですね。移転したことで何か変わると思いますか?」
み「どんどん仕事や人が増えてきたので移ったのですが、これから更に面白いことが出来るようにしていきたいです。」
P「最後に何か一言お願いします」
み「これから寒くなっていくので、体には気をつけてください」
P「どうもありがとうございました!」
あまり話した事がなかったのですが、面白い人だと思いました。

GOCCO. http://www.gocco.co.jp/
TAB http://www.tabjapan.com/
矢野英樹さん http://www.idcn.jp/workshop/2007/j/cv/yano.htm