久しぶりに秋神で蕨粉活動

東北で蕨粉を作られている方が、秋神(岐阜県高山市)の昔蕨粉を作っていた人に話を聞きたいということで、昔蕨粉を作られていた方を紹介するため、久しぶりに秋神まで行ってきました。私が初めて秋神を蕨粉のことで訪ねたきっかけは、2013年で山口市で開催された展覧会で蕨粉を作るワークショップをするために習いに何度か通ったことでした。その後も何度も行っていたのですが、ここ数年はコロナのために行けませんでした。つい最近のことのように思っていましたが、2013年以降に、飛騨地方で新しく蕨粉復活の活動をされた方も何人か出てきたり、一番お世話になった秋神温泉の小林繁さんが亡くなったり、蕨粉を作られていた方も何人か亡くなられていてたり、氷点下の森の氷祭りで蕨粉の歌を作って歌ったり色々なことがあり、もう8年も経っていたのか、、と驚きました。とにかく東北の方たちと蕨粉のおばあちゃんたち(奥原さんと川原さん)に会えたことが嬉しかったです。

あと今回は秋神温泉で山菜ときのこ鍋をたくさん食べることが出来でとても美味しかったです。秋神温泉のご主人(小林繁さんの後継者の息子さん)が毎日山に登って採集しているそうです。