+たまたまインタビュー + vol.27「Yasuskiさん」

————————————————————————————–
5. +たまたまインタビュー + vol.27「Yasuskiさん」
 インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)
————————————————————————————–
2019年にMaker Fair
Tokyoで、なんかすごい楽器を作っている人がいると思ったら、私が在学していた頃(2000年)にIAMASにいらっしゃった先輩のYasuskiさん(ミュージシャン)でした。2年ぶりに連絡が取れたので、インタビューをさせて頂きました(ぜひYoutubeも観てください。すごい楽器でした)。

フィリップ(以下P):こんにちは、Yasuskiさんの自己紹介をして頂けないでしょうか。

Yasuskiさん(以下Y):主に楽器を作ったり演奏をしたりしています。演奏はマルチ・チャンネルの音響システムを駆使する形態で、リアルタイム性を重視したものです。このシステムはIAMASの卒業制作を発展させたものです。
自分が本格的に音楽に接するようになったのは14歳の秋頃からでしたが、その翌年にはギターに繋ぐエフェクターを作ってました。20代に放送関係の仕事に寄り道した後、IAMASを経て音楽に帰ってきました。
数年前から現物の楽器造りに活動の軸足を移しつつありますが、何れにしても音楽活動が制限されてしまう今の御時世は厳しいです。

P:14歳頃に何故エフェクターを作ろうと思ったのでしょうか?

Y:当時は、電子工作関連の月刊誌が数冊出版されていて、偶にエフェクターの製作記事が載ることがありました。僕たちの生活していた空間では所謂ポピュラー音楽で使われる音響機材に触れる機会が全く無いために、エフェクターの効能については想像するしかありませんでしたが、流石に現物は子供が手を出せる価格ではなく、「だったら自分で造ってみよう」と思った人たち自分以外にもそこそこ居たようです。

P:電子工作関連の月刊誌を見て作っていた人たちが、今どうされているか興味あります(何人か心当たりが、、)。楽器製作や演奏活動で生きて行くってすごいことですが、このご時世は大変ですよね、、早くいい時世になって欲しいです。

Y:音楽系は「廻してナンボ」な生活をしている人たちが多く、かなり厳しいことになっているようです。幸い自分は「出る方」も「入る方」も少ないトホホ環境が幸いしてダメージはそれほどではありませんが、計画していたこと(ダメ元で海外への進出など)がほぼ全ておじゃんになってしまったのは痛いです。

P:それは辛いですね、、そのうち計画していたことがまた出来ることを願います。
Maker Fair Tokyo2019で展示されていた和音のでるデジタル・テルミンと、アフリカの楽器のデジタル版(エレキコラ
eKora)が素晴らしかったです。なぜ作ろうと思われたんでしょうか?

Y:世の中に存在しないものは「自分で作るしかない」のですが、製作に至る動機の半分は「これは使い難いな」的な既製品に対する不満を自らの手で解消することでした。特に、民族楽器はステージで扱うことが難しく、他の楽器の音圧に負けずに表現できる仕掛けを考え始めたことがオリジナル楽器を製作する切っ掛けとなりました。
資金の乏しい表現者が突っ込めるのは手間しか無いというのが現実なのですが、実はマインドに負荷を掛けずに手間をかけるコツは、「飽きたら放置する」という姿勢で、今も放置された複数のプロジェクトが並列に待機している状態です。
モチベーションが回復する「お告げ」が来たら、停止していたプロジェクトを再開する、といった感じでしょうか。

P:普通自分で作れないし、音もきれいで見た目もかっこよかったです。お告げはどんな時に来るんでしょうか?

Y:予兆は全くありません。が、生活の中のどこかにヒントは隠れているもので、そういったものを無意識にピックアップした結果なのかもしれません。基本的には、暇を持て余すことが大事ですが、不思議なことに忙しい時に何かを思いつくこともあります。これは個人的な体験というか感覚に過ぎませんが、アイデアを温められる場所というのがあり、そういった場所を見つけることが重要だと思っています。

P:演奏することと、楽器を作ることの両方がYasuskiさんにとっての音楽活動なんでしょうか?

Y:同義です。表現に対するアプローチはいろいろとあるので、自分が得意な分野を見つけてそれを伸ばせば良いと思います。

P:IAMAS時代はどんな活動をされていたのでしょうか?

Y:カリキュラムをこなすだけで精一杯だったと記憶しておりますが、苦手分野に対する知識の獲得とアプローチの方法、機械的な演奏を表現に昇華するための仕組みを考える過程だったと思います。
実は、仕事にかまけて暫くの間停止していた物理的なもの作りを入学後半年以上も経ってから再開したのですが、その切っ掛けは担当教官からの「アンプを作れないか?」というリクエストでした。
今思えば、これが本格的に楽器や音響機器を製作する活動に復帰した第一歩となりました。

P:アンプ作りも音響機器製作の節目になったんですね、担当教官は何先生だったんでしょうか?

Y:三輪眞弘先生です。いろいろとお世話になりました。そういえば、卒業後の一時期に真空管でギターアンプを作ることにハマっていたことがあります。

P:三輪先生だったんですね!なぜオリジナル楽器を作るようになったのでしょうか?

Y:先の回答と重なりますが、既製品に満足できない場合は既製品を改造するか、新しいものを作るしかありません。

P:最近はどのような活動をされているのでしょうか?

Y:デジタルテルミンで採用しているマイクロコントローラを高性能なものに換えたので、それに対する手当を行っていますが、これが一筋縄ではいかない代物で、連日プログラミングと試作機の実験に明け暮れております。

P:ずっと継続されているんですね!今後のYasuskiさんの活躍が楽しみです!楽しいお話をどうもありがとうございました。

Yasuski Engineering Web: http://audiohologram.sblo.jp/

Warabimochoja ワラビモ長者 Yasusuki EngineeringのLaVoixski(テルミン)とアフリカの楽器
https://youtu.be/G2Ycj5lVonM

Maker Fair Tokyo 2019|Yasuski Engineering
https://makezine.jp/event/makers-mft2019/m0159/

eKora(エレキコラ)アフリカの民族楽器の制作変遷
http://audiohologram.sblo.jp/article/99046980.html

イベント「しんしさくらく」公式
Yasuskiさんが参加するかもしれないイベントのtwitterページ
https://twitter.com/bunka0313

「うたをつくろう」に参加します

明日の夜このイベントに参加します。なんかうた作り?について話してくれとのことで、パフォーマンス活動は確か2014年頃からあまりしていないけど、それ以降にたまにやっている「でたらみんよう」活動の話をします。 

———-

うたをつくってみませんか?歌詞を考えるのもよし、曲からイメージするもよし、好きな歌をアレンジするもよし。簡単な音楽アプリを使って、ITと音楽をテーマに雑談しましょう。【開催】
2021/1/19(火) 19:00-21:00【場所】
オンライン【参加費】
無料【参加条件】
・自分で歌をつくってみたい方【参加方法】
・ふらっときて、ふらっと帰る
 開催時間内でいつ来て、いつ帰ってもOK
 参加登録も必要ありません【持ち物】
・スマホ or タブレット
・パソコン(あれば)【テーマ】
・音楽【主催】
CODE for GIFU【小さなIT相談室とは?】
ちょっとしたITの困りごとの解決したり、やってみたい事を応援する会です。IT系のイベントには参加しづらいけど興味はあるって方が少しでもきてくれたらうれしいなってことではじめました。気軽に参加できることを条件にしてますので、相談事がなくても大丈夫です。

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

もう少しでMOBIUM TOUR2019が始まりますが、4/30にわらうどん(=山路とんとこうどん×ワラビモチ愛好会の調理バンド?)の「でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち」というworkshopを仙台で行います。
お近くの方、ぜひご参加ください!

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち
————————————–

2019/4/30 13:00-14:30
宮城・仙台 スタジオ開墾
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2丁目15−6
参加費 1000円
土産:うどん(持ち帰り用生麺)、ワラビモチ
申し込みフォーム:
https://forms.gle/eYVr8mvCc6bp6p2i8

————————————–

0. 卸町を少し散歩します
1. 参加者で民謡の歌詞を作ります
(メロディは大漁唄いこみ、さんさ時雨的なものを使用)
2. 練習して唄います
講師:フィリップ(ワラビモチ愛好会)
打楽器:やまじ(山路とんとこうどん)
3. 途中おやつにワラビモチを食べる
4. うどんを持ち帰る

MOBIUM TOUR 2019
http://www.mobium.org/new/mobium_tour_2019/

ワラビモチ愛好会
phirip.com
————————————–

昔のライブの様子:

『フォルマント兄弟のプレゼンテーション道場 vol.3 椹木野衣セレクション』レポート

蕨粉協力

井上天極堂さん

一柳 慧 アーティストトーク・ 《タイム・シークエンス》コンサート(出演:一柳 慧、飯野明日香)にいった

一柳慧 アーティストトーク・ 《タイム・シークエンス》コンサート(出演:一柳 慧、飯野明日香)(アッセンブリッジ・ナゴヤによる)にいった。

  • トーク(一柳さんと服部さん)
  • 飯野明日香さんの演奏(実験音楽だがかなり弾く感じ)
  • 一柳慧さんの即興 ピアノとは思えない 音がかなりかっこいい、というか、この演奏(ジョンケージ時代の作曲)を見れたのはかなり貴重だったのではないか
  • タイム・シークエンスを飯野明日香さんが演奏 聴いてるだけで走った気分になるような演奏、聴いていてピアニストはアスリートだったのか!と思えて来ました。
  • 川島素晴さんの作曲した曲の演奏

ちゃっかり一緒に写りましたw。
久しぶりにまともな音楽を聴いてちょっと刺激が強かったです。
あと、タイムマシンにお願い(サデスティックミカバンド)はもしかして、この曲のオマージュだったのか?と、、

tokyo experimental festival 2014でパフォーマンスをしたときの審査員の一人が一柳さんで(ミーハーなのでワラビモチを食べてもらって喜んでいた)、それ以降パフォーマンスを休止しており、勝手になつかしんでいました、、いつかまたパフォーマンスも再開出来るといいなと10月にやまじさんと話していたところでした。

+ たまたまインタビュー + vol.05「野口瑞希(修行僧)」

今回は、野口瑞希(ずいき)さんにインタビューしました。瑞希さんは音楽関連のつながりで2000年頃からの知合いですが、2012年に出家されて修行中であり、興味があってインタビューさせて頂きました。
PHIRIP(以下P)「まず簡単な自己紹介をお願いします」 瑞希さん(以下Z)「昭和54年5月10日、東京生まれ。サイン・ウェーブ・オーケストラの活動をしつつ、ウェブデザイナーとして生計を立てていたが、30才の時に仕事を辞め仏道を志す。平成24年曹洞宗兵庫県安泰寺にて出家得度。同年より愛媛県瑞應寺にて修行生活を送る。」 P「The SINE WAVE ORCHESTRAについて説明をいお願いします」 Z「メンバーは野口瑞希、古舘 健、城 一裕、 石田大祐)サイン波が複数鳴ってたら楽しいよ。というものです。詳しくは、http://swo.jp/」 P「4人ともすごい面子ですね!瑞希君は現在修行中とのことですが、いつから、なぜ、どこで、どんな修行をされているのでしょうか?」 Z「苦しかったから。ただここに居るってだけで。救いを求めて色々探し回ったが、どれも胡散臭く感じてしまい、信じることができなかった。その中で出会ったのが仏教の言葉だった。『生きることは苦しみである』ブッダはこう言い放ったのだ。衝撃的だった。思わず怒りがこみ上げた。あんたが言うなと思った。絶望しかけたがなぜか運良く、すんでのところで思いとどまった。ここで私の人生は決まったのだ。ブッダは何を悟ったのか。ニルヴァーナとは何なのか。そもそも仏教は何を言わんとしているのか。 これらを理解するために、自分の身心でもって人体実験することにした。残りの人生を使って。 それは、残された言葉をもとに、先人たち同じような生活をすることを目指す。というものです。モンクにジョブチェンジ、アビリティにモノマネをセット。さすれば彼らの思想も、見えてくるであろう。 今やっているのは、朝4寺に起きて、洗面して、坐禅して、ご飯食べて、掃除して、托鉢やら農業やら法事やらして、食事とって、坐禅して、寝る。」 P「私には耐えられなさそうですが、体も精神も健康になりそうですね! 修行だと色々なものが制限されると思うのですが、不自由ではないでしょうか?また、修行し始めてから変わったこと(意識、行動など)があれば教えてください。」 Z「不自由さは修行をしやすくするためにデザインされたものなので問題ないのです。というのは建前で、本当はほとほと不便です。電気の無い寺で3か月暮らしたときなんかは、晴耕雨読を満喫できるかと思いきや、実際雨が降ってみると、どんよりして暗いので、本は読みにくいです。どんよりしてると、気分もどんよりしてきて、本を読む気などなくなるのです。」 P「なぜ仏教(曹洞宗)に興味を持ったのでしょうか?(例えばある日悟りを開いたとか)の宗派の何がいいと思いますか?」 Z「曹洞宗を選んだのは消去法でした。極力迷信の要素が少ないとこと。修行方法が具体的であること。」 P「なるほど、論理的な選び方に見えます、一緒に修行している人たちはどんな感じでしょうか?」 Z「まだ十代のいたいけな少年から、脱サラしたおっさんまで。イケイケのオサレリア住もいれば、ネットの海で脳汁ダバァしてたキモオタもいる。ただただ仏教を学びたいという真面目真摯な外国勢、週休五日で楽に儲かるんじゃねというお寺の跡取り、就職に失敗したお寺の次男、結婚した相手がお寺の一人娘だったからそのお寺を継ぐために坊さんになった旦那さん。何らかの理由で社会で生活出来なくなってしまった人など(私)。変な人とたくさん出会えて嬉しいです。」 P「すごいバラエティですね、戸塚ヨットスクールぽいですね、というのはジョークですが、The SINE WAVE ORCHESTRAと仏門は瑞希君のなかでどんなつながりがあるでしょうか?」 Z「別物です。」 P「そうでしたか、私は混じりけの無いサインウエーブに禅のようなものがあるんだろうかと思っていました。最後に一言よろしくお願いします。」 Z「光陰は矢よりも迅やかなり、身命は露よりも脆し。」 P「ありがとうございました!!」 The SINE WAVE ORCHESTRA (SWO) https://swo.jp/news.php

2015/5/15にK.D.Japonにて無職インレジデンスのイベントがあります

無職インレジデンス at Nagoya が2015/5/1(月)にK.D.Japonにて行われます。
タカハシさん、YukoNexus6さん、その他豪華なメンバーが勢揃い!私も参加します。
詳しくはまたこのページに書き込みます

無職インレジデンスat名古屋
bnr_201503

無職・イン・レジデンスが名古屋に
エクスカーションする夜
2015年5月1日 開場18:30開演19:00
¥1,800 D別
学割・無職割¥1,000 D別
出演:
無職・イン・エクスカーション
(タカハシ ‘タカカーン’ セイジ+YukoNexus6)
スティーブジャクソン
PHIRIP
NOYS
ぜひ遊びにおいでください
11133803_837989672961645_1927357156158959515_n

追加情報タイムテーブル:

18:30 OPEN
19:00-19:20 PHIRIP
19:40-20:10 スティーブジャクソン
20:20-20:50 Noys
21:00-21:30 無職インエクスカーション(タカハシ ‘タカカーン’ セイジ+YukoNexus6)
21:40-22:20 トーク

—-
イベント無事終了しましたおいでくださった方々どうもありがとうございました。
感想:
自分 やりたいことは出来たような全く出来てないような
スティーブジャクソン 素敵でした、あとやはりモモジ君は面白いと思った
Noys=菊地さやさん、キュート、すごく将来性が感じられた。
無職インエクスカーション(タカハシ ‘タカカーン’ セイジ+YukoNexus6) やっぱりYukoさんはかっこよかった。タカハシ君のパフォーマンスも思っていたよりもずっとよかった。 ただ、何も知らずにこのパフォーマンスを観たら意味がわからない人が相当多いだろうなと思った。
トーク これも意味がわからない人が相当多いだろうなと思った。

CONSONARE EXHIBITION2015に参加します

今月末の金、土日に東京でNODEというチームの展示があります、金曜の夕方からオープニングイベントもあります。お時間あるかた是非遊びにおいでください!
私はやっぱりワラビモチ展示です。

EVENT
レセプション+作品デモンストレーション、CONSONARE 2014のプレゼンテーション、制作者による作品の実演などを行ないます。
ドリンク、軽食などをご用意しています。

日時
2月27日[金]18:00〜 参加無料

ACCESS
3331 Arts Chiyoda
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
03-6803-2441
http://www.node-lab.org/consonare/2014/

概要:
NODE-LABではここ数年「光と音」をテーマに、インタラクション、電子工作などを扱ったワークショップを行ない、
日韓のクリエイターが作品のプロトタイピング制作の実験に取り組んできました。
この1年間のワークショップなどの成果発表会です。今回のテーマは「音と光」で、裏テーマはアナログです。

kim_board

NEW O’ MOCHI に行ってみたら、、

昨日ふと大阪に行ってきました。ライブ観戦とうどんの友達に会いにいったつもりが、思いがけずYukoNexus6さんと楽しく遊ぶことになりました。ワラビモチ布教活動もしてきました。

NAMURA ART MEETING ‘04-’34 Vol.04 臨界の創造論 のBreak Fast Fastに参加します

NAMURA ART MEETING ‘04-’34 Vol.04 臨界の創造論
2012年10月20日(土)16:00~21日(日)18:00(26時間連続) 名村造船所跡地(大阪市住之江区北加賀屋4-1-55
ptix.co/PKDshe

面白そう!この中の朝ご飯イベントに参加します。是非遊びにおいでください!

[内容]
未曾有の事態に直面する日本。この地に生きる私たちは、これまでの価値観や生活様式などについて、再考を余儀なくされています。21世紀初頭の30年間の芸術の変遷を追う本プロジェクトでは、Vol.00「臨界の芸術論」の初心に立返り、さまざまな人々と語り合う場を創造します。 タイトル「臨界の創造論」は、創造が単なる“新しさ”のみを生み出すのではなく、既存のモノや場の使い方などについて、複眼的に捉える想像力を意味しています。他方、表現環境への規制や制約が顕著な昨今、現代美術・音楽・デザインといった既存のカテゴリを超えた横断的な創造行為の派生や相関関係について、多岐にわたる視座から見渡した【現代表現群の系譜】の構築とその意義を検証します。 私たちは、この度のさまざまな試行を通じて“考ええぬものこそ、考え追求する” という思考の臨界点における芸術のつとめを果たすべく、多彩な出来事による時間を共有したいと考えます。
[アーティスト]
宇治野宗輝、梅田哲也、雨宮庸介、クワクボリョウタ、ヤノベケンジ、DOMMUNE、宇川直宏、Rubber(()Cement、服部滋樹、水田拓郎
今野裕一、タニノクロウ、山川冬樹、佐々木中 and more!
namura