+たまたまインタビュー + vol.27「Yasuskiさん」

————————————————————————————–
5. +たまたまインタビュー + vol.27「Yasuskiさん」
 インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)
————————————————————————————–
2019年にMaker Fair
Tokyoで、なんかすごい楽器を作っている人がいると思ったら、私が在学していた頃(2000年)にIAMASにいらっしゃった先輩のYasuskiさん(ミュージシャン)でした。2年ぶりに連絡が取れたので、インタビューをさせて頂きました(ぜひYoutubeも観てください。すごい楽器でした)。

フィリップ(以下P):こんにちは、Yasuskiさんの自己紹介をして頂けないでしょうか。

Yasuskiさん(以下Y):主に楽器を作ったり演奏をしたりしています。演奏はマルチ・チャンネルの音響システムを駆使する形態で、リアルタイム性を重視したものです。このシステムはIAMASの卒業制作を発展させたものです。
自分が本格的に音楽に接するようになったのは14歳の秋頃からでしたが、その翌年にはギターに繋ぐエフェクターを作ってました。20代に放送関係の仕事に寄り道した後、IAMASを経て音楽に帰ってきました。
数年前から現物の楽器造りに活動の軸足を移しつつありますが、何れにしても音楽活動が制限されてしまう今の御時世は厳しいです。

P:14歳頃に何故エフェクターを作ろうと思ったのでしょうか?

Y:当時は、電子工作関連の月刊誌が数冊出版されていて、偶にエフェクターの製作記事が載ることがありました。僕たちの生活していた空間では所謂ポピュラー音楽で使われる音響機材に触れる機会が全く無いために、エフェクターの効能については想像するしかありませんでしたが、流石に現物は子供が手を出せる価格ではなく、「だったら自分で造ってみよう」と思った人たち自分以外にもそこそこ居たようです。

P:電子工作関連の月刊誌を見て作っていた人たちが、今どうされているか興味あります(何人か心当たりが、、)。楽器製作や演奏活動で生きて行くってすごいことですが、このご時世は大変ですよね、、早くいい時世になって欲しいです。

Y:音楽系は「廻してナンボ」な生活をしている人たちが多く、かなり厳しいことになっているようです。幸い自分は「出る方」も「入る方」も少ないトホホ環境が幸いしてダメージはそれほどではありませんが、計画していたこと(ダメ元で海外への進出など)がほぼ全ておじゃんになってしまったのは痛いです。

P:それは辛いですね、、そのうち計画していたことがまた出来ることを願います。
Maker Fair Tokyo2019で展示されていた和音のでるデジタル・テルミンと、アフリカの楽器のデジタル版(エレキコラ
eKora)が素晴らしかったです。なぜ作ろうと思われたんでしょうか?

Y:世の中に存在しないものは「自分で作るしかない」のですが、製作に至る動機の半分は「これは使い難いな」的な既製品に対する不満を自らの手で解消することでした。特に、民族楽器はステージで扱うことが難しく、他の楽器の音圧に負けずに表現できる仕掛けを考え始めたことがオリジナル楽器を製作する切っ掛けとなりました。
資金の乏しい表現者が突っ込めるのは手間しか無いというのが現実なのですが、実はマインドに負荷を掛けずに手間をかけるコツは、「飽きたら放置する」という姿勢で、今も放置された複数のプロジェクトが並列に待機している状態です。
モチベーションが回復する「お告げ」が来たら、停止していたプロジェクトを再開する、といった感じでしょうか。

P:普通自分で作れないし、音もきれいで見た目もかっこよかったです。お告げはどんな時に来るんでしょうか?

Y:予兆は全くありません。が、生活の中のどこかにヒントは隠れているもので、そういったものを無意識にピックアップした結果なのかもしれません。基本的には、暇を持て余すことが大事ですが、不思議なことに忙しい時に何かを思いつくこともあります。これは個人的な体験というか感覚に過ぎませんが、アイデアを温められる場所というのがあり、そういった場所を見つけることが重要だと思っています。

P:演奏することと、楽器を作ることの両方がYasuskiさんにとっての音楽活動なんでしょうか?

Y:同義です。表現に対するアプローチはいろいろとあるので、自分が得意な分野を見つけてそれを伸ばせば良いと思います。

P:IAMAS時代はどんな活動をされていたのでしょうか?

Y:カリキュラムをこなすだけで精一杯だったと記憶しておりますが、苦手分野に対する知識の獲得とアプローチの方法、機械的な演奏を表現に昇華するための仕組みを考える過程だったと思います。
実は、仕事にかまけて暫くの間停止していた物理的なもの作りを入学後半年以上も経ってから再開したのですが、その切っ掛けは担当教官からの「アンプを作れないか?」というリクエストでした。
今思えば、これが本格的に楽器や音響機器を製作する活動に復帰した第一歩となりました。

P:アンプ作りも音響機器製作の節目になったんですね、担当教官は何先生だったんでしょうか?

Y:三輪眞弘先生です。いろいろとお世話になりました。そういえば、卒業後の一時期に真空管でギターアンプを作ることにハマっていたことがあります。

P:三輪先生だったんですね!なぜオリジナル楽器を作るようになったのでしょうか?

Y:先の回答と重なりますが、既製品に満足できない場合は既製品を改造するか、新しいものを作るしかありません。

P:最近はどのような活動をされているのでしょうか?

Y:デジタルテルミンで採用しているマイクロコントローラを高性能なものに換えたので、それに対する手当を行っていますが、これが一筋縄ではいかない代物で、連日プログラミングと試作機の実験に明け暮れております。

P:ずっと継続されているんですね!今後のYasuskiさんの活躍が楽しみです!楽しいお話をどうもありがとうございました。

Yasuski Engineering Web: http://audiohologram.sblo.jp/

Warabimochoja ワラビモ長者 Yasusuki EngineeringのLaVoixski(テルミン)とアフリカの楽器
https://youtu.be/G2Ycj5lVonM

Maker Fair Tokyo 2019|Yasuski Engineering
https://makezine.jp/event/makers-mft2019/m0159/

eKora(エレキコラ)アフリカの民族楽器の制作変遷
http://audiohologram.sblo.jp/article/99046980.html

イベント「しんしさくらく」公式
Yasuskiさんが参加するかもしれないイベントのtwitterページ
https://twitter.com/bunka0313

「うたをつくろう」に参加します

明日の夜このイベントに参加します。なんかうた作り?について話してくれとのことで、パフォーマンス活動は確か2014年頃からあまりしていないけど、それ以降にたまにやっている「でたらみんよう」活動の話をします。 

———-

うたをつくってみませんか?歌詞を考えるのもよし、曲からイメージするもよし、好きな歌をアレンジするもよし。簡単な音楽アプリを使って、ITと音楽をテーマに雑談しましょう。【開催】
2021/1/19(火) 19:00-21:00【場所】
オンライン【参加費】
無料【参加条件】
・自分で歌をつくってみたい方【参加方法】
・ふらっときて、ふらっと帰る
 開催時間内でいつ来て、いつ帰ってもOK
 参加登録も必要ありません【持ち物】
・スマホ or タブレット
・パソコン(あれば)【テーマ】
・音楽【主催】
CODE for GIFU【小さなIT相談室とは?】
ちょっとしたITの困りごとの解決したり、やってみたい事を応援する会です。IT系のイベントには参加しづらいけど興味はあるって方が少しでもきてくれたらうれしいなってことではじめました。気軽に参加できることを条件にしてますので、相談事がなくても大丈夫です。

「yanagase PARK LINE」に参加しました

岐阜・柳ヶ瀬のPARK LINEにMOBIUMが出展していて、餅まきで参加。土日とも晴天で、イベント全体が賑わっていて楽しそうだった。MOBIUMではバスの展示と、バッジづくり、餅まきなどをした。お絵かきバスの壁面は消しても消してもすぐ真っ白になるくらい子供達が絵を描き、バッヂワークショップも盛況だった模様。餅まきは1日3回ずつ計6回開催。小さい紙に、何時ころやりますと書いただけなのに、意外と人が集まってきた。アマワラビエ装束(吉田さん布ありがとうございます)は怪しい占い師みたいになったが、疫病退散の意味を込めて、桃、塩、小豆わらびを投げた。だいぶ疲れたけど楽しかった(丸デブも行けたしw)。運営の人にもお世話になり感謝。

+ たまたまインタビュー + vol.18「日栄一雅さん」  

今回は、名古屋を拠点に海外まで幅広く活躍されているメディアアーティストの日栄さんです。私も名古屋に住んでいるので、いつも興味深い作品を鑑賞させてもらっています(IAMAS院卒業生でもあります)。


フィリップ(以下P):「こんにちは、日栄さんの自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?」
日栄さん(以下H):「サウンドアートを中心にいろいろなものを作ってます。」
P:「日栄さんは、元々理系大学出身で、芸術活動をされてます。なぜそうなったんでしょうか?」
H:「いろんなものが数字や記号に置き換わる事にすごく興味があったんですが、20代の頃に「あれ?そうじゃないなぁ~」と思って、その違和感を埋めるために。」
P:「違和感はどんなものですか?」
H:「頭で考えていることと、感覚で感じていることとのズレからくるものだと思います。」
P:「それで芸術活動をしてしまうのがすごいですね。津島でも活動をされていますが、どんなことをされていますか?」
H:「神社で雅楽の奏楽をしています、デジタルとのバランス取る為と、前述の違和感を埋める為かも。」
P:「雅楽すごくお似合いですね、私の日栄さんのイメージは陰陽師です。」
H:「他にも3年ほど前から、定期的にいろんなアーティストを地元に呼んで展示をしてもらっています。」
P:「私も日栄さんのつしまアートスケープに参加させてもらい、2020/1/13からイラスト展示をさせてもらっています。今回、日栄さんて意外と地域愛があるんだなーと驚きました。」
H:「地域愛そんな大層なものではなくて、身近で楽しい事ができてあわよくばそれが地域に還元できればいいなという、それだけです。」
P:「津島はいいとこだと思います。最後に一言お願いします。」
H:「空き家があるので、活用したい方いらしたらご連絡ください。」
P:「どんな空き家でしょうか?」
H:「かなり古い町家ですが、使い方次第ではなにか使えるかも。」
P:「津島の古い町家いいですね。ありがとうございました!」

hiei-music:
http://hiei-music.com

つしまアートスケープ
https://www.facebook.com/tsushimart2016/
———————————-
告知:
山中透 x スナッチ (ダムタイプ) x HIEI x 石川智久 x シンヤB
Diamond Jubilee: Feasts
2020.02.2

フィリップ展示「アカダクツワラビ」
展示場所:OVER COFFEE(コーヒーもデザート類もとても美味しいです)
開催期間:1/13-3月頭くらいまで、場所:愛知県津島市
WEB:https://overcoffee-cs.com/

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

もう少しでMOBIUM TOUR2019が始まりますが、4/30にわらうどん(=山路とんとこうどん×ワラビモチ愛好会の調理バンド?)の「でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち」というworkshopを仙台で行います。
お近くの方、ぜひご参加ください!

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち
————————————–

2019/4/30 13:00-14:30
宮城・仙台 スタジオ開墾
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2丁目15−6
参加費 1000円
土産:うどん(持ち帰り用生麺)、ワラビモチ
申し込みフォーム:
https://forms.gle/eYVr8mvCc6bp6p2i8

————————————–

0. 卸町を少し散歩します
1. 参加者で民謡の歌詞を作ります
(メロディは大漁唄いこみ、さんさ時雨的なものを使用)
2. 練習して唄います
講師:フィリップ(ワラビモチ愛好会)
打楽器:やまじ(山路とんとこうどん)
3. 途中おやつにワラビモチを食べる
4. うどんを持ち帰る

MOBIUM TOUR 2019
http://www.mobium.org/new/mobium_tour_2019/

ワラビモチ愛好会
phirip.com
————————————–

昔のライブの様子:

『フォルマント兄弟のプレゼンテーション道場 vol.3 椹木野衣セレクション』レポート

蕨粉協力

井上天極堂さん

昨日参加していた鉱山と道の芸術際が終了しました

昨日参加していた鉱山と道の芸術際が終了しました。 https://yamagei.com/

話がきたのが1月で、自分の予想以上に時が早く流れ、始まってバタバタしてるうちに終わった感じです。

今回は、トロッコ道で荷札メッセージを集め、それらを最終的にうたにするという作品でしたが、
なんと昨日ギリギリなんとか歌うことができました。
土曜日まで、これは、、ちょっと人前で披露できんやろ、、と思っていましたが、
よく考えると、いつもそうなので開き直ることにしました。
日曜はともかくメッセージを元にした歌以外にもいくつか歌を用意し発表しました。
外での展示自体も初めて、名古屋から遠かったり、寒かったりで過酷な部分もありましたが、
生野の文化や、鉱山のかっこいい景色に触れることができ、楽しく過ごすことができました。
また、現地の担当スタッフの方達がとてもいい人ばかりで救われました。

最終日は苦し紛れになんとか、曲ができたかなというころに、伯爵のツアー軍団に偶然トロッコ道で会うことができて少し披露し(ひどかったが)、
その後中瀬の会場で芋煮会が行われ、そこでパフォーマンスし、なんと私のゆるい歌でダンサーの宮北さんが踊ってくださって嬉しかったです。
最後にトロッコ道のすぐ近くの浅田邸でも、最後のパフォーマンスをして終わりました。
見にきてくださった方や、お世話になった方、どうもありがとうございました。

追記:
とにかく場所がどこもよかったです。主催側はこの場所にきて欲しかったんだなーとよくわかる感じ(そう思うと、私は逆に景観を悪くしていたような? ^^;;;;)。場所だけでなく地元の人の地元愛の強さに感心しました。

鉱山と道の芸術祭の初日とオープニング

この前の土曜から生野での展示「鉱山と道の芸術祭」がはじまりました。日曜はオープニングパーティがあり、アーティストの制作話や、古楽器の素敵な演奏がきけました。自分はひたすら公開制作?設置中です。まだ他のアーティストの方の展示を見に行けていませんが、オープニングトークを聞いていたらとてもよさそうでした。今度の土日、その次の土日もおりますので、ぜひ遊びにおいでください! https://yamagei.com/

秋神氷まつり2019 無事参加してきました

「秋神氷まつり2019」での「わらび掘りの歌を歌う企画」無事終了しました!今回はメンバーも増え、小学生のきよらちゃんも参加してくれて突然のソロを歌い、いきなり参加させられたAさんも一緒にステージに登り、曲も一曲増え、yukoさんの合いの手も入り、昨年よりグレードアップしました!それにしても、氷祭りは今年もほんとにすごいイベントだなーとつくづく驚きました。いろんなところが作り込んであって見応えバッチリ!ぜひ皆さんも体験するとよいと思います!(寒いけど、温かい食べ物も売ってあるし、火も焚いてあるし、テンションが上がるので、防寒さえちゃんとしておけば、全然大丈夫でした)。
http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000006/2000017/2000107.html

実行委員会スタッフの方達は12月からずーっと氷祭りの準備をし続けていて、(氷の展示自体は1月頭〜2月末まで、イベントは毎年2月第二週の土曜)イベント時は1週間前からひたすら外での作業をされていたそうです。

秋神温泉はこの日は毎年満杯!もし行こうって方がいらっしゃれば、数ヶ月前には予約することが必要みたいです。
http://hyotenkanomori.com/

LIVE EVENT あたらしいともだち、ふるいともだちに参加します

2018/3/24のイベントに参加することになったので、詳細を
ワラビモチの販売もします。

「あたらしいともだち、ふるいともだち」
会場:新栄Parlwr
時間:18:30open/19:00start
料金:2000円(+1drink order)

中田粥(バグシンセ)
Yuko Nexus 6(Max7)
タカハシ ‘タカカーン’ セイジ(ウイスキーがのめるまで)
古池寿浩(トロンボーン)
ワラビモチPHIRIP(ワラビモチ)

内容:
サーキットベンディングと例のあのプログラミング環境とワラビモチと吐息の漏れる管と人がただそこにいられる場所を作る男が時空を超えて交流する夜。あなたもその流れに浸って。。。

古池寿浩:
トロンボーン担当。即興演奏によるセッション、および多彩な音色を用いたソロ演奏などを中心に、ジャンルを問わず独自のトロンボーン演奏を追求。近年はエレクトロニクスを用いた演奏も模索中。自己のトリオバンド「ふいご(中尾勘二reeds、関島岳郎tuba)」では作曲も担当。その他に中尾勘二トリオ、藤井郷子オーケストラ東京、などのバンドで演奏したりしています。現在名古屋在住。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fuigokoike/

タカハシ ‘タカカーン’ セイジ(ウイスキーがのめるまで)
義務教育中に不登校を経験。音楽の専門学校に行こうと思うものの親に泣かれ大学受験。思うにブラック企業を経て、公務員受験失敗。NPO街道まっしぐら。代表作に、無職・イン・レジデンス。「芸術と福祉」をレクリエーションから編み直す。

Yuko Nexus 6(Max7)
1990年代からMaxをふにゃふにゃに使った自作プログラムで演奏活動を開始。好きなものーーフィールドレコーディング、声、外国語、読書、クラブでバカ踊り、テレビ、ビール、猫とパンダ!
https://www.facebook.com/yuko.nexus

中田粥
1980年、東京で生まれる。サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を短絡させる方法で演奏や展示を行う。

フィリップ
1997年よりワラビモチ愛好会開始、ワラビモチと関わる様々な活動をしている。
モチモチした美味しいものが好きです。

無事に終了しました!
どの方もとても楽しめてとても贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
小池寿浩さんの演奏気持ちよかった
自分の演奏>久しぶりだったが、意外とちゃんとできた、ワラビ掘りの歌も歌えた
YUKOさん、久しぶりにMaxを使うYUKOさんを見れた、パンダとフィリピンの子と演奏?
タカカーンさんのウイスキーパフォーマンス 前回とはまた違った趣
中田粥さんのサーキットベンディング 街を作っているような印象を受けた

+たまたまインタビュー + vol.12「YukoNexus6さん」

今回は、コンピューターを使った面白い音楽活動を1990年代からされていて、国内外で活躍しているYukoNexus6さんにインタビューさせてもらいました。


YukoNexus6(以下Y):エレクトロニクスぽい音楽やってる人だったら、使ってなくても知ってる環境にMaxっていうのがあるんですが、それをMIDIしか使えなかった93年頃から使っていて。一時期Maxを教える大学の芸術系の教室で助手みたいなことをしていました。2008年頃までの3年間、アルスエレクトロニカ・デジタルミュージック部門の審査員も体験しました。
フィリップ(以下P):音楽活動では具体的にどんなことをされていましたか?
Y:Maxのプログラミングで自分のお気に入りの楽器を作る。電子工作やサーキットベンディングのPC版みたいなことですね。
P:実は私は90年代の終わりに、フロッケ展というのでYukoさんのことを知りました。確かデスクトップ環境の音で何かしていたような。面白いことする人が居るんだなと思っていました。
Y:Macの警告音とかも演奏の素材にしちゃいます。
P:最近はどんなことをされていますか?
Y:一時期活動しなかった時期があるんだけど、一旦ブランクが出来るとDTMの世界は進化が速いので……私はMax4.6で止まっていて、今はMax7だし、だいぶ違っちゃってるから「PC使わず自分の声とか新聞紙とかでアナログなサウンドアートやろうかな、うーんどうしたもんか?」と思ってたら、此花区(大阪市)に来てたレジデンスアーティストと意気投合して……。
P:此花は最近色々な作家が移住しているみたいですね
Y:下町で家賃も物価も安いから色々な芸術家や自分で何かをする人が移住して来てます。地元の不動産屋さんと一緒にやってる大川さんというキーマンがいて、若い人々に門戸を開いているんですね。劇作家の岸井大輔さんも「高校生に芸大に入りたいけどどこがいいですか?ってきかれたら此花に住めばいいよって言う」って(笑)。
P:数年前に梅田哲也君たちのライブを今は無きfloatに見に行って、偶然Yukoさんと此花のシェアハウスportに泊まったけど面白かった。で、どんな人たちと意気投合したんですか?
Y:アーティストのmizutama君が企画・実現した此花とフィリピンの交流プログラム(オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴが助成)。マニラから来たサウンドアーティストたちと交流して、彼らのライブにボイスで飛び入りしたり、ブランクを乗り越えて自然にパフォーマンスできたんです。
そしてMAX7使ってみたら、すごく使いやすくなってて「私って天才?」と思う位いろいろ出来る(笑)。アイディアがどんどん出て、楽しくなってきた!
P:おおー!やっぱYukoさんはMaxが合う
Y:フィリピンは前にも行ったことがあるけど、インフラも整ってなくて貧富の差とか辛いことだらけのはずなのに、みんな笑顔。私はマニラと相性がいいみたい。
P:マニラでのYukoさんたちのセッション聴いてみたい!
  最後に何か一言お願いします
Y:2018/3/24に名古屋パルルでライブ予定です。きてね!

[参考URL]
YukoNexus6 https://www.facebook.com/yuko.nexus
Max7 https://cycling74.com
大阪-マニラ文化交流プログラム https://c-archipelago-osaka.jp/program/54/
Yukonexus6さんとわらび掘りの歌を歌いました(podcast) https://note.mu/yukonexus6/n/n1d37c24b1285