+たまたまインタビュー + vol.20「池田朗子さん」

時々寄稿しているメルマガ「ヌートリア通信」の記事をブログにも投稿することにしました

今回は、アーティストの池田朗子さんです。
国内外で視覚と認識の関係をテーマに、インスタレーション、映像、写真などさまざまなスタイルで作品を制作、発表されています。以前は名古屋周辺が拠点で、現在は大阪にいらっしゃいます。


フィリップ(以下P):「こんにちは、朗子さんの簡単な自己紹介をして頂けないでしょうか?」

朗子さん(以下A):「ご紹介いただきましたが、現在は大阪に住み、夫とその家族の経営するネオンサイン製作の工房(oncan)の仕事を手伝いながら、小三の男の子と三人で暮らしています。2011年に出産、育児をスタートし、同じ時期に工房も先代から夫へと代替わりして、ほぼ個人的な表現活動から遠ざかって生活しておりました。」

P:「旦那さんのネオン管のお仕事は世襲だったんですね! 個人的な表現活動時代はどんな活動をしていましたか? 私は朗子さんの著書-their site your sight-に出てくる一連の作品がすごく好きでした。」

A:「ありがとうございます。インスタレーションを中心に個展やグループ展で発表させていただいたり、デンマーク、スウェーデンでのアーティストインレジデンスで制作・発表をしました。その間に、作品集出版するチャンスもいただいたり、広告や雑誌のお仕事もさせていただいてました。」

P:「工房の手伝いや子育てをするようになってから、ネオンの作品などは作りましたか?あと考え方などは変わりましたか?」

A:「ネオンサイン製作は、出産後挑戦してみたのですが、容易ではありませんでした。繊細な素材のガラス管のネオンサインを納期までに作ると言うプレッシャーがキツくて、自分には合わないなぁと早々と退散しちゃって。不得意でしたが簿記の勉強をして経理を担当することにしました。今思えば、経理事務の作業はアートの仕事にとっても重要なのですが、当時は「自分とは無縁だったことをしている」と思っていました。家族の生活がかかっている事、産後直後だったこともあり、結構ストレスを感じてました。今も「綱渡り」なのは変わりませんが、以前の様に、お金を怖いとは思わなくなりつつあります。むしろ、個人事業主としてアートに関わっていく者にも、自分でマネジメントしていくために勉強しておく必要があったなと、自省も含め思うようになっています。

P:「マネジメント、大事ですよね(無知識で何も答えられず 汗)。
最近はどんな活動をしていますか?」

A:「アート関連の活動では、地元の先生が主宰する子どものためのアトリエ(アトリエ・グー)の造形のお手伝いのをさせて頂いたり、大阪の一般社団法人タチョナさん(http://touchonart.net)と市内の小中学校でのアートワークショップの講師をしています。最近になって育児から解放される時間も増え、工房内にある自分のアトリエを清掃しつつ、また絵を描いたり、文章を書いたりをポツポツとはじめました。」

工房きちでの制作風景

P:「アートワークショップって最近よく聞く気がします。10年くらい前と比べて教育の仕方が変わってきたような気がしますが、朗子さんはどう思いますか?」

A:「そうですね。制度や詳しいことは私もちゃんとわかっていませんが、現場の生徒さん達は昔より積極的に意見交換したりする様になっていて、コミュニケーションが上手だなと肌で感じます。学校の先生にそのことを伺うと、指導要項もどんどん変わり授業の中でも一方通行でなく、意見交換の機会を増やしているとの事でした。また、少し話がズレますが、私のワークショップでは撮影も行うのですが、以前より生徒さんたちはデジタル機器に慣れていて。学校のタブレットでもほぼ説明なく操作し、その撮影の方法や構図も大人より柔軟で『デジタルネイティブだ!』と、ワークショップ最後の作品発表の時は私の方が、その発想に刺激を受けています。」

P:「デジタルネイティヴの次の世代?ですもんね!最後に何か一言あればよろしくお願いします。」

A:「今現在、私自身、新型コロナウィルスの影響で、仕事の仕方や家族との距離や関係が変わっていっています。楽観的すぎるかもしれませんが、今までのスタイルや「こうでなければ」と思い込んでいた、自分の役割、生活スタイルや、距離とか場所を理由に出来ないと思い込んでいたことを変える機会になるかもしれない?と思っています。少しでも私自身の思考や行動、コミュニケーションが広がり、深まる様に意識して小さな挑戦をチマチマと続けていきたいと思っています!フィリップさんにも、また相談させてくださーい!(笑)」

P:「こちらこそよろしくお願いします!ありがとうございました!」

oncan(ネオンサイン工房)
http://ne-oncan.com

アトリエ・グー
http://atoriet-goo.blogspot.com

Touch On Art タチョナ
http://touchonart.net

書籍:光景 -their site your sight- 池田朗子
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-163-8

[食品実験講座] どんぐり会が終了しました

どんぐり会が無事終了しました。
最初にどんぐりデンプン作り(2〜3人分くらいしかないかなと思っていたらかなりの作業量がありましたw)。ミキサーは強いのを購入したかいあり、ちゃんと攪拌できました。
どんぐりデンプンは最初、美味しそうなコーヒー牛乳みたいな色で、時間が経つと、黒ずんできました。各自持ってきたペットボトルで持ち帰り、最終工程までやることに。後半は、3月ころから兵庫県などでちょこちょこ集めていた、野草茶や、ちょっと珍しいお茶などを11種類?ほど飲みました。
最後に少し市政資料館を見学しました。
参加者のみなさま、ありがとうございました。お疲れ様でした!

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

もう少しでMOBIUM TOUR2019が始まりますが、4/30にわらうどん(=山路とんとこうどん×ワラビモチ愛好会の調理バンド?)の「でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち」というworkshopを仙台で行います。
お近くの方、ぜひご参加ください!

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち
————————————–

2019/4/30 13:00-14:30
宮城・仙台 スタジオ開墾
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2丁目15−6
参加費 1000円
土産:うどん(持ち帰り用生麺)、ワラビモチ
申し込みフォーム:
https://forms.gle/eYVr8mvCc6bp6p2i8

————————————–

0. 卸町を少し散歩します
1. 参加者で民謡の歌詞を作ります
(メロディは大漁唄いこみ、さんさ時雨的なものを使用)
2. 練習して唄います
講師:フィリップ(ワラビモチ愛好会)
打楽器:やまじ(山路とんとこうどん)
3. 途中おやつにワラビモチを食べる
4. うどんを持ち帰る

MOBIUM TOUR 2019
http://www.mobium.org/new/mobium_tour_2019/

ワラビモチ愛好会
phirip.com
————————————–

昔のライブの様子:

『フォルマント兄弟のプレゼンテーション道場 vol.3 椹木野衣セレクション』レポート

蕨粉協力

井上天極堂さん

MOBIUM TOUR 2019

MOBIUM TOUR 2019にワラビモチ愛好会も参加します!ぜひ遊びにおいでください。
下道で東北!?

以下詳細
——–
MOBIUM TOUR 2019

MOBIUMはこれまでにさまざまな場所に赴き、各地の方とコラボレートやワークショップ、イベントなどの活動を行ってきました。2015年に二代目のMOBIUMに交替後、初めての大型ツアーとなります。これまで、中部、西日本を中心にツアーを行なってきましたが、今回は東北地方を重点的に巡回します。
MOBIUMの内部には映像、メディアアート、建築などの分野のメンバーが制作した環境センサーや場所の特性などを使った作品が設置されており、各地で展示や公開制作、ワークショップなどを行います。
最終地点となる京都では関西初の開催となるMaker Faire Kyotoにてツアーの集大成として展示を行います。
各地で見かけた際はぜひお立ち寄りください。

会期  2019年4月27日(土)〜5月5日(日)

巡回地 
2019/4/27(土) 13:00-18:00 新潟・糸魚川 長者温泉ゆとり館 webサイト
2019/4/29(月) 10:00-16:00 秋田 秋田駅前アゴラ広場 webサイト
2019/4/30(火祝) 10:00-16:00 宮城・仙台 スタジオ開墾
2019/5/1(水祝) 10:00-15:00 新潟・十日町 越後妻有里山現代美術館キナーレ webサイト
2019/5/2(木祝) 10:00-16:00 愛知・名古屋 名古屋工業大学正面入口前 webサイト
2019/5/4(土) 12:00-18:00 京都・京阪奈 けいはんなオープンイノベーションセンター(MakerFaireKyotoでの展示)webサイト
2019/5/5(日) 10:00-17:00 京都・京阪奈 けいはんなオープンイノベーションセンター(MakerFaireKyotoでの展示)

[食品実験講座] どんぐり会

今回の食品実験講座では、どんぐりデンプンを作ります。

日時:2019/5/11 9:00-12:00頃まで
場所:市政資料館 第四会議室(和室)
所在地: 〒461-0011 愛知県名古屋市東区白壁1丁目3
電話: 052-953-0051
参加費用:1000円(資料、野草茶10種とどんぐりもち(トトリムク)、場所代)
講師:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長)+α
定員:10名
持ち物:500mLペットボトル(デンプンを持ち帰る)、
おやつ、お茶などの持ち寄り歓迎します。

参加方法(★必須):申し込みフォーム

[内容]
とある方から、どんぐりを頂いたので、
どんぐりデンプンを作る会を開催します(当日は完成しませんが、
完成した粉から作ったどんぐりもちの試食があります)。
デンプンを作った後に、色々な野草茶を飲みながら、
どんぐりや野草茶の話をしましょう。

[スケジュール]
9:00-10:30 デンプン作り、片付け
10:30-12:00 野草茶を飲みながら話、
少し資料室にも行きます。

※終了後に希望者は近くにランチを食べにいきます。

鉱山と道の芸術祭の初日とオープニング

この前の土曜から生野での展示「鉱山と道の芸術祭」がはじまりました。日曜はオープニングパーティがあり、アーティストの制作話や、古楽器の素敵な演奏がきけました。自分はひたすら公開制作?設置中です。まだ他のアーティストの方の展示を見に行けていませんが、オープニングトークを聞いていたらとてもよさそうでした。今度の土日、その次の土日もおりますので、ぜひ遊びにおいでください! https://yamagei.com/

フィナンシェ作りワークショップ開催します

2019年1月12日土曜日 FABHAUS新年会イベント内にて、下記のワークショップを行います。お申し込みはフォーム(https://goo.gl/forms/N65UNMPN3co4xiFZ2)からお願いします(当日参加できますが、時間帯や材料の調整が必要であるため、希望の方は登録をよろしくお願いします)。

タイトル: Fortune jusqu’à! Le Financier ”フィナンシェで金運UP!”
時間:2019年1月12日(土) 12:00- 17:00の間で所用時間1時間前後
参加費:1000円
お申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/N65UNMPN3co4xiFZ2
場所:FABHAUS(ファブハウス)愛知県知立市逢妻町道瀬山34-3(緑色の建物です)
FABHAUS URL:https://fabhaus-chiryu.tumblr.com/

内容:
今年の金運が良くなるようなフィナンシェを各々考えて作ります。
ご自身で作ったもの、レシピは持ち帰れます。
また、FABHAUSでは12:00- 17:00の間他にもワークショップ(光るバッヂ作り、などなど)などが行われているので、
遊んでいってください。

型:
フィナンシェ、マドレーヌ、たこ焼き、ケーキ型などを用意しますので、
どうしたら金運がよいフィナンシェを作れるか考えて作ります。

こちらで用意する材料:
フィナンシェの基本的な材料(無塩バター、アーモンドプードル、小麦粉、グラニュー糖、卵、その他)、
色紙、ペン類
など

————
メインのイベント情報>FABHAUS新年会

知立のものづくりスペースFABHAUSにて新年会を行います。
おもちを食べながらレーザー加工機や3Dプリンターでものづくりをしましょう。

日時 2019年1月12日(土)12:00-17:00
場所 FABHAUS
参加費 無料 *カンパ、持ち寄り歓迎です!

当日は光るバッジづくりのワークショップや
洋菓子(フィナンシェ)をつくるワークショップのほか
作品展示やライトニングトークなども行います。
*ワークショップは別途参加費が必要になります。

ぜひお越しください!

住所:愛知県知立市逢妻町道瀬山34-3
URL:https://www.facebook.com/fabhaus/

————
フィナンシェ実験その1(2019/01/05):

フィナンシェ実験その2(2019/01/08):

フィナンシェ実験その3(2019/01/09):

どっちも適当すぎる、、でもおいしいことは美味しかったです(そしてカロリーは高い!)

極寒の中リアルワラビ掘り体験が終了しました。

2018/12/16(SUN)の極寒の中リアルワラビ掘り体験が無事に終了しました。時期が時期だけに参加者は3名と少なかったのですが、思いがけずポニーに乗れたり(わらびのことを忘れそうになりました、、)、天気も昼はよかったりでなんとかなり大変良い体験会になりました。とはいえ最後の方はかなり作業も寒さもハードになってきたので、来年はもう少し早い時期に開催できたら、、と思いました。参加者のみなさま、お世話になった農家のみなさまなどに感謝します。

極寒の中リアルワラビ掘り体験を開催します

[注]日曜のイベントの集合時間を9時から10時に変更しました。

2018年12月16日(日)の朝10:00に岐阜駅集合で、岐阜市の奥地で「極寒の中リアルワラビ掘り体験」(蕨粉づくりワークショップ)を開催します。時間は半日程度です。参加人数が6人以上の場合はバス(MOBIUM)で移動、少ない場合は車で移動になります。(少雨決行(当日7:00に連絡)、雨がひどい場合は中止。最大人数20名)
※ 極寒はジョークですが、実際寒いと思います、がそれなりに楽しいはずです^^;


[場所]
岐阜市奥地の山
(以前山菜のわらびをとるツアーをしたのと同じ農家さんでユニークな場所です)

[スケジュール]
10:00 岐阜駅 信長像前集合
10:00 〜11:00 移動(1時間 蕨粉作りの話など)
11:00〜15:00 説明、根を掘る所〜沈殿作業まで(途中昼休憩あり)。粉は当日中には完成しませんが、うまくいけば少し食べられるかもしれません。
16:00 岐阜駅着予定

[参加費]
2500円(岐阜駅から畑までの往復交通費、畑使用料、講習代、軽い昼食、ワラビモチ)

[持ち物、服装など]
12月半ばの少し高所であるため、寒いのと、掘る作業などもありますので、

– 汚れてもよい暖かい服装
– 汚れてもよい靴(あれば長靴)
– 軍手

でおいでください。
またお昼は簡単なものだけ用意するので、お腹が空きそうな人は何か食べ物をご持参ください。

[申し込み]
下記のフォームから申し込みをお願いします
極寒の中リアルワラビ掘り体験

[参考]
昔書いていただいた記事