サウンドデザインファクトリーに参加します

12月7日(土)・12月8日(日) の2日間、「サウンドデザインファクトリーin浜松2019」に参加します。 ライブ(明和電機、ピアノニマスなど)、展示、トークなど楽しそうなイベントなので、ぜひ遊びにおいでください!

開催日:令和元年12月7日(土)・12月8日(日) 2日間

時間:10:00〜17:00
※サウンドミートアップは7日(土)18:00‐21:00

会場:浜松市鴨江アートセンター

https://www.hcf.or.jp/sdf2019/

ウタイ水車とMINAMO
NODE(河村陽介)
NODE(フィリップ)
水車が動くと歌が流れ、音に反応してMINAMO(水鳴面)が光ります。

無事に終了しました。来てくださった方、関係者のみなさま、手伝ってくれた方々、大変ありがとうございました。

今回投稿していただいた俳句(自作も含むw):
かしわもち たんごのせっくは かしわもち フィリップ
ちまきむす ちゅうごくでんらい こどものひ フィリップ
ひしもちは ももしろみどり ひなまつり フィリップ
はなびらもち たべるとしょうがつ じっかんする フィリップ
さくらもち しおづけのはは いずはんとう フィリップ
なたもちを つじにおいたら ふりかえるな フィリップ
へそだんご おなかへこます おつきみに フィリップ
へそだんご おなかへこます ぬすみぐい フィリップ
くりきんとん あきをかんじる ほくほくと フィリップ
あわもちは むかしのおもかげ かみむらの フィリップ
きびもちは みずにつけると ながもちだ フィリップ
ようかもち はじめとおわりを かんしゃする フィリップ
むかえだんご ひがんになると そなえるよ フィリップ
ぼたもちで えびすだいこく まつりだよ フィリップ
おくりだんご ひがんがあける またらいねん フィリップ
なげもちは いつでもみんな おおさわぎ フィリップ
けいももち かみがかえるひ おむかえに フィリップ
おひもちは じゅういちがつついたち もちそなえ フィリップ
かてめしじ ざっこくざっそうにて いきのびる フィリップ
おぞうにに さといもいれる いなさちょう フィリップ
くりもちは くりななこめさん まぜてつくる フィリップ
じゅうがつに いのこぼたもち そなえるよ フィリップ
もちがつお もちもちおいしい もちがつお フィリップ
しわすがわ わたらぬさきに つぼもちを 藤田賢一さん
とちもちの きをきるばかと うえるばか 水窪町
法多山  名物団子 美味しいよ
柏餅  本川根町では シコクビエ
弘法黍  ナマ粉を熱い お湯でとき
春野町 弘法団子に  蜜の酒
神の迎 ゼンボとムカゴ  本川根
キビダンゴ トウモロコシで  水窪は
水団は 折れ米屑米  団子だよ
遠州では  金山寺味噌は なっとうと
年取りもち みごでもちきり かぞくわけ
収穫祭 ヤキゴメブルマイ いなさちょう p213
里芋と 甘露を煮つぶし 亥の子餅
味噌煮込み 麺の硬さが おいしいの あまり
ひらたくて やわらかいけど こしがある 下
さわやかの かんぱいすこし はずかしや あとむ
しらすどん 朝の食卓 いつもの風景 しらすどん
しょうゆバター 年降る毎に バター減り 吉田朝麻
ゆでたナス いった金ごま 地粉うどん おにおん
事故防止 時間の余裕が 第一歩 浜松さん
お雑煮は とりのささみや さといもを 詠み人知らず
うなぎパイ うなぎじゃないよ おかしだよ オカムラ
さざえさん 静岡県では バリかつを 詠み人知らず
えんしゅうやき たくわんが入ってる お好み焼き えんじにあ
包み込む 餃子のまち はまのまつ もちもちの木
はまなっとう ぜんぜんたべない はまきたでは
プレパトで 俳句を学び でなおしだ
シュウマイは 揚げても焼きでも 美味しいの 木村佳
だしの味 薄口濃口 どっちだろう あっくん
えびいもと あむーるめろん いわたしの
寒い時 こたつで食べる 水ようかん 武生出身者
さくらごはん しょうゆだけで おいしいよ 静岡東部
いろんなおと みるきくかんじる たのしい日 ダンク
みたかでは じんだいじそば めいぶつだ
観光用 ネイビーバーガー 海軍カレー 横須賀出身
縁側で お茶とみかんで 日が暮れて Bikki
海遠く やはぎの流れ みそたくさん 津田佳紀
たてまえで 丸もち角もち まかれるよ フーミン
たてまえの もちなげ盛ん いわたしよ
おこげ好き さくらごはんの えびす講 さわ

プリン会のふりかえり

プリン会のふりかえり:

注:一番好きなのはワラビモチや餅系です。しかしプリンも好きです^^;;今回やってみて、やっぱりもちはいくら食べても美味しいけど、プリンはそこまでではないこともよくわかりました。しかし、またプリン会も行う予定です。

洋菓子店slow:
とてもおしゃれで焼き菓子やカヌレがめちゃ美味しそうだったが、
プリンがマンゴープリンしかなかったのと、イートインが無かったため、今回は店内を覗いただけだった。

途中の喫茶店 (由美):
もしかしてこういう店にプリンがあるのでは?と思わせる外観だったがちょうど
13:00過ぎた頃だったので、ランチっぽい客がいたので入りづらく今回は入らなかった

途中のパン屋(プレジャパーティー飯田町店)
もしかしてこういう店にプリンがあるのでは?と思ったがプリンは無かった。
代わりに「アイスパン」という不思議なパンがあったので購入。
デニッシュにバニラアイス、もしくはチョコアイスが挟んであって、昭和懐かしい感じだった。

ティスリーリムーザン
いい雰囲気のケーキ屋、イートインも気楽にケーキを食べられる感じだった。
プリンと、プリンアラモードを頼む。
プリンの方はいわゆる生クリーム入りの今時の柔らかいプリンで、洋菓子のプロが作った味だった。
プリンアラモードはフルーツが豪華に盛ってあり、プリンの印象が薄かったが、プリンは硬めで私もプリン会さんも好みの固さだった。帰りにプリンの入っていたカップをもらえたのが嬉しかった。

ボンボン
ケーキの種類が多く、プリン以外のケーキにも心惹かれた。
プリン会さん的には、今回食べた中で味は一番好き(硬めで、カラメルが苦くない)とのこと。
確かに美味しかったが、帰りがけに売店側のショーケースを見るとあと2種類くらいプリンを使ったケーキがあり、最初にショーケースを見るべきだったと思った。どれも美味しそうで昭和な感じ。

純喫茶ライオン
純喫茶というよりは、おしゃれな今時のカフェという感じだった。
プリン会さん的には見た目と固さは一番いいとのこと。
カラメルが苦めだったので、私は今回の中では一番美味しいと思った、しかし
ちょっと高いとも思った。プリン会さん曰く、ああいうプリンは手間がかかるから、とのこと。


今回は
名古屋プリン会:プリンは硬めが好き、カラメルは甘いのが好き
ワラビモチ愛好会会長:プリンは硬めが好き、カラメルは苦めが好き
の2人でプリンの食べ歩きをしました。


次のプリン会は行うとしたら西区になりそうです。

以上ふりかえりでした。

プリン茶会

  • プリン調査隊とお茶マシン体験の集い

名古屋・長者町のアートファーミング さんにて、下記のイベントをさせて頂くことになりました。皆様振るってご参加くださいませ!

追記:9/21のお茶マシンの展示では6種のお茶を用意しています。赤いお茶の1種はお茶の升半さんに升半紅茶をご協力頂きました!ありがとうございます。 https://www.masuhan.co.jp/

また、赤いお茶のもう一種は三月に生野で展示した時に頂いた生野紅茶をお出しします。

——————————————
展示概要
——————————————

日時:2019/9/21(土) お茶マシンのデモ展示は18:00-20:00になります。
場所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2丁目11−24 綿覚ビル
参加費:アートファーミングチケット(600円、トリエンナーレチケットを、お持ちの方は500円)が必要になります。

申込(必須):
https://forms.gle/Mo29WmARP5agHJjH9
定員:10名程度

——————————————
ワークショップ参加概要
——————————————

日時:2019/9/21(土) 12:30-16:30
場所:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2丁目11−24 綿覚ビル
参加費:500円(資料代、お茶代) + フィールドワークで食べるプリン代+アートファーミング 入場料(※1)
(※1) 別途、アートファーミングチケット(600円、トリエンナーレチケットを、お持ちの方は500円)が必要になります。

概要:
プリン作り、プリンフィールドワーク+
お茶マシンでお茶を選んで飲みながら集めてきたプリンの試食
をします。

内容:
13:00–16:00 プリン調査(フィールドワーク)+ プリン説明
16:00-17:00 お茶プリン会(報告しながら試食)

持ち物:カメラ(スマホのカメラで大丈夫です)

宿題:
長者町から往復2時間で戻ってこれる範囲で食べたいプリン屋さん(ケーキ屋など)を探しておく。
※ もし2時間で戻ってこれない遠い場所のプリンの場合あらかじめご持参ください。

主催:

名古屋プリン会、ワラビモチ愛好会、

ART FARMing https://artfarming.jp/

+ たまたまインタビュー + vol.17「平林真実先生」

今回は、イアマスの平林真実先生にインタビューさせてもらいました。
先日偶然MOBIUMに乗っていらっしゃったのでインタビューをさせていただきました。


PHIRIP(以下P):こんにちは、平林先生の研究について簡単に紹介して頂けないでしょうか?

平林真実先生(以下H):むずかしいなあ。専門がよくわからないから「コミュニケーションシステム」。主な領域はコミュニケーションってことになってる。

P:「コミュニケーションシステム」とはどんな研究でしょうか?

H:例えば?NxPC.Labは音楽会場におけるコミュニケーション。昔はWeb上でのコミュニケーション。元々、ネット中継で自分のイベントの中継をしたかった。

P:NxPCはいつも楽しいですよね。私が学生の2000年時もメタモルフォーゼ(音楽フェス)でhrrが中継するので、DSPの学生で撮影や映像部隊になって楽しかったです。昔のネット中継のイベントはどんなイベントですか?

H:「in dust-real」というイベントで、1994年くらいに、テクノヘッズというメーリングリスト(techno-heads)がきっかけで、fj.rec.musicの流れからのものなんだけど、ハード系テクノや当時のハードコア・ナードコア系の人たちもいて、今となると血胸重要でネットの歴史の中に今も存在している。

P:そういえば、メタモルフォーゼは確かそのメンバーが関わっていたんですよね?

H:主催者のDJ MAYURIさんも参加していたので、その縁でメタモルフォーゼのネットチームも担当することになった。

P:メーリングリストとか、1997年頃によく聞きました。私も草の根ネットの話とか聞いてワクワクしていました。
そういえば、昔B球ホラーが好きでしたよね。

H:今も好きだよ。

P:そういう情報はどこで見つけてくるんですか?

H:ノイズのジャケがそういう画像ばかりだったから

P:(笑)、そういえば先日偶然平林先生と共通の知人だった方に18年ぶりくらいに会ったのですが、
“閉鎖された(FirstClass BBSの)旧ICCnetから、大阪のXDを経て、IAMASが運営してたPUBLIC-DOMAINにも出入りしてました。
というお話もいただきました(PD懐かしい^o^)。

インタビューにお答えいただき、ありがとうございました!

[参考情報]
in dust-real やtechno-heads については以下を参照してください。
http://jun-ya.hatenablog.com/entry/2014/09/30/145248

伝説のテクノ系メーリングリストtechno-headsの20周年記念的イベントをやります(補足アリ)
http://jun-ya.hatenablog.com/entry/2014/09/30/145248?fbclid=IwAR0NndYaiDwq84dMOPwt1S3JWwn11EAU9o5tlaqSl2Nq0Ekma-yYzJtSUiQ

[食品実験講座] どんぐり会が終了しました

どんぐり会が無事終了しました。
最初にどんぐりデンプン作り(2〜3人分くらいしかないかなと思っていたらかなりの作業量がありましたw)。ミキサーは強いのを購入したかいあり、ちゃんと攪拌できました。
どんぐりデンプンは最初、美味しそうなコーヒー牛乳みたいな色で、時間が経つと、黒ずんできました。各自持ってきたペットボトルで持ち帰り、最終工程までやることに。後半は、3月ころから兵庫県などでちょこちょこ集めていた、野草茶や、ちょっと珍しいお茶などを11種類?ほど飲みました。
最後に少し市政資料館を見学しました。
参加者のみなさま、ありがとうございました。お疲れ様でした!

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

もう少しでMOBIUM TOUR2019が始まりますが、4/30にわらうどん(=山路とんとこうどん×ワラビモチ愛好会の調理バンド?)の「でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち」というworkshopを仙台で行います。
お近くの方、ぜひご参加ください!

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち

でたらめみんよう講座 with うどんとわらびもち
————————————–

2019/4/30 13:00-14:30
宮城・仙台 スタジオ開墾
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2丁目15−6
参加費 1000円
土産:うどん(持ち帰り用生麺)、ワラビモチ
申し込みフォーム:
https://forms.gle/eYVr8mvCc6bp6p2i8

————————————–

0. 卸町を少し散歩します
1. 参加者で民謡の歌詞を作ります
(メロディは大漁唄いこみ、さんさ時雨的なものを使用)
2. 練習して唄います
講師:フィリップ(ワラビモチ愛好会)
打楽器:やまじ(山路とんとこうどん)
3. 途中おやつにワラビモチを食べる
4. うどんを持ち帰る

MOBIUM TOUR 2019
http://www.mobium.org/new/mobium_tour_2019/

ワラビモチ愛好会
phirip.com
————————————–

昔のライブの様子:

『フォルマント兄弟のプレゼンテーション道場 vol.3 椹木野衣セレクション』レポート

蕨粉協力

井上天極堂さん

+ たまたまインタビュー + vol.16「河村陽介さん」

今回は、河村陽介さんにインタビューさせてもらいました。
MOBIUMというバスを長年運転されています。今度のゴールデンウィークにMOBIUMバスツアー2019をされるそうなので、インタビューをさせていただきました。


PHIRIP(以下P):こんにちは、LOZI(河村陽介さん)の自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?

LOZI(以下L):現在は名古屋を中心に活動し、メディア系の作品制作を行うNODEや、移動型ラボMOBIUMを運営しています。

P:MOBIUMバスツアー2019の告知をお願いします

L:4/27-5.5の連休に東北を中心にバスでツアーして展示をします。
http://www.mobium.org/new/mobium_tour_2019/

P:そもそもなぜバスを買おうと持ったんでしょうか?

L:もともとイベントを行うための移動型のスペースが欲しかったのですが、2005年にちょうどバスツアーの企画「shoboshobo」と「moblab」のお話があり、ついついバスを買ってしまいました。

P:運転していて一番楽しかった時と、辛かった時について教えてください

L:企画をやっているときは常に楽しいです。初代のバスが廃車になったときは哀しかったです。

P:2016年にFINALツアーをしたけど、なぜそのあとに2号機を買ったんでしょうか?

L:FINALツアーは初代のバスの最後のツアーということだったのですが、もともと次の展示予定も決まっていたのですぐに2号機を買わざるを得なかったのです。
パソコン壊れたらすぐ買い替えますよね。

P:(パソコンとバスを一緒にしてる?!)あの時は”辞める辞める詐欺”って言われてましたよね
バスは陽介さんにとってどんな存在ですか?

L:いろいろな実験がどこでもできるので、実験場でもあって、もはや身体の拡張でもあると思えます。

P:いつかやってみたいことはありますか?

L:先日大阪で船をイベントスペースにしているのに乗ったのですが、船いいな、と以前から思っていたので、そのうち船MOBIUMやりたいですね。

P:時々TVなどで見かけるバスと船兼用みたいな感じですかね??ついでに空も飛んでほしいですね
最後に一言お願いします。

L:今回のツアーを実施するにあたって、資金が足りないためクラウドファンディング中です。みなさまご支援お願いいたします。
https://camp-fire.jp/projects/view/147299?utm_source=cf_widget&utm_medium=widget&utm_campaign=widget
各地でみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

P:ありがとうございました!成功を祈ります。

MOBIUM
http://www.mobium.org/

MOBIUMクラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/147299?utm_source=cf_widget&utm_medium=widget&utm_campaign=widget