ヌートリアまわり通信_古田さんインタビュー20210122

  1. +たまたまインタビュー + vol.22「ちくさ正文館 古田一晴さん」
     インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長)

今回は、名古屋のちくさ正文館の名物店長古田一晴さんです。
1974年にちくさ正文館にバイトで入り、78年社員。それ以後ちくさ正文館の名物としていらっしゃいます。
古田さんは本屋以外の顔として実験映像の作家としても長年活動されており、実験映像の方のお話を伺いました。

フィリップ(以下P):「こんにちは、古田さんの簡単な自己紹介をお願いします。」
古田さん(以下F):「本屋です。」
P:「古田さんのもう一つの顔である実験映像の制作はいつからされているんでしょうか?」
F:「高校からです。小中学校の時に洋画にはまって、高校から作り出しました。」
P:「当時はどんな洋画を観られていましたか?」
F:「小学生の頃にダブル・オー・セブン、ドクターノオの1962年のロードショーなんかを見て映画を観るようになって、高校からは唐十郎とか1968~69年くらいのアングラブームが来て。」
P:「ダブル・オー・セブンや唐十郎をリアルタイムに劇場で観られたんですね。」
F:「この頃は自分がまだ固まっていなかったと思っていたけど、実はもっとガキの時代の方が自分に影響していることにこの年になって気づいた。まだ、日本が平均的に豊かになっていない時代、戦中に止まっていた近代的なものと、貧しかった原風景が同時に来たのをリアルに見たことが映画以前に自分を作ったのかなあ。焼け野原が大曽根にまだあったもんなあ。」
P:「戦後の風景は、話や記録では観たことがありますが、リアルで見られたんですね。」
F:「僕が高校の頃は自主上映が始まって、撮影技術もない奴らが勝手に映像を作り始めた時代で、でもその頃の映写機なんて車より高いし、本当にお金がかかってねえ。」
P:「今とは全然環境が違いますね。」
F:「アメリカの実験映画は、1960年代半ばくらいに草月が実験映画のイベントを始めたくらいで、戦後のある時期(1952年)まではほとんど入ってきていなかったけど、僕たちのいう実験映画はその50年代の暗いアメリカのアングラ映画の延長線上にあるもので、それを今でも続けている。」
P:「知りませんでした。実験的な映像=実験映画だと思っていました。」F:「高校になったら自主上映をやりたくてしょうがなくて、学校の中では出来たので映画研究会を作ってやり方をマスターして、その頃から日本映画もちゃんと勉強して、まともな映画論の本も60年代に出てきたけど、まだ情報量が少なかった。大学入っても自主映画を企画して。」
P:「ちゃんと実験映像の話を聞いたことがなかったので興味深かったです。ありがとうございました!」

ちくさ正文館:
https://chikusashobunkan.jimdofree.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A6%82%E8%A6%81/

出版:名古屋とちくさ正文館―出版人に聞く〈11〉 (出版人に聞く 11) (日本語) 単行本 – 2013/9/1
https://www.amazon.co.jp/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%95%E6%AD%A3%E6%96%87%E9%A4%A8%E2%80%95%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F%E3%80%8811%E3%80%89-%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F-11-%E5%8F%A4%E7%94%B0-%E4%B8%80%E6%99%B4/dp/4846012727

書店員さんがオススメするフィルムアート社の本 > 第4回目:ちくさ正文館・古田一晴さん
http://www.kaminotane.com/2018/07/18/2969/

ファン通う名物書店 ちくさ正文館書店
https://www.chukei-news.co.jp/news/2020/04/11/OK0002004110301_04/

Warabimochoja ワラビモ長者 ちくさ正文館 古田さんの話 20200122
https://youtu.be/TBspppibME0

「うたをつくろう」に参加します

明日の夜このイベントに参加します。なんかうた作り?について話してくれとのことで、パフォーマンス活動は確か2014年頃からあまりしていないけど、それ以降にたまにやっている「でたらみんよう」活動の話をします。 

———-

うたをつくってみませんか?歌詞を考えるのもよし、曲からイメージするもよし、好きな歌をアレンジするもよし。簡単な音楽アプリを使って、ITと音楽をテーマに雑談しましょう。【開催】
2021/1/19(火) 19:00-21:00【場所】
オンライン【参加費】
無料【参加条件】
・自分で歌をつくってみたい方【参加方法】
・ふらっときて、ふらっと帰る
 開催時間内でいつ来て、いつ帰ってもOK
 参加登録も必要ありません【持ち物】
・スマホ or タブレット
・パソコン(あれば)【テーマ】
・音楽【主催】
CODE for GIFU【小さなIT相談室とは?】
ちょっとしたITの困りごとの解決したり、やってみたい事を応援する会です。IT系のイベントには参加しづらいけど興味はあるって方が少しでもきてくれたらうれしいなってことではじめました。気軽に参加できることを条件にしてますので、相談事がなくても大丈夫です。

花びら餅

今日つくは袮屋(名古屋市昭和区御器所)の花びら餅を食べた。とても美味しかった。このお店の名物の1つ「そぶくめ」という菓子がワラビモチみたいだと思ったが、調べてみたらやっぱりワラビモチだった。そのうち何かの土産に買おう。

新春ワラビ大福

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。よい年になりますように。写真は新春ワラビ大福(桜餡、カスタード餡)です。きな粉で何が入っているかわからない、、

如是我聞vol.8ー1994年を振り返る。コモンズデザインのはじまりとしてー という24時間オンラインイベントに参加します

12月25日 0:00 UTC+09~12月26日 0:00 UTC+09 24時間トークイベント如是我聞vol.8ー1994年を振り返る。コモンズデザインのはじまりとしてー

という24時間オンラインイベントの最後の方で、ワラビモチ作りの実演で参加させて頂くことになりました。このイベントは陸奥さんと岸井さんが毎年クリスマスにお寺でやってきた24時間トークイベント「如是我聞」で8年目になる今年はコロナのためオンラインになったそうです。まだ趣旨がよくわかっていないのですが、とても面白そうです。ぜひご視聴ください!

詳細情報:

https://www.facebook.com/events/194485695705572/

「yanagase PARK LINE」に参加しました

岐阜・柳ヶ瀬のPARK LINEにMOBIUMが出展していて、餅まきで参加。土日とも晴天で、イベント全体が賑わっていて楽しそうだった。MOBIUMではバスの展示と、バッジづくり、餅まきなどをした。お絵かきバスの壁面は消しても消してもすぐ真っ白になるくらい子供達が絵を描き、バッヂワークショップも盛況だった模様。餅まきは1日3回ずつ計6回開催。小さい紙に、何時ころやりますと書いただけなのに、意外と人が集まってきた。アマワラビエ装束(吉田さん布ありがとうございます)は怪しい占い師みたいになったが、疫病退散の意味を込めて、桃、塩、小豆わらびを投げた。だいぶ疲れたけど楽しかった(丸デブも行けたしw)。運営の人にもお世話になり感謝。

「yanagase PARK LINE」にて餅投げ(ワラビモチ投げ)をします

2020年11月14,15日に行われる、岐阜のイベント「yanagase PARK LINE」にMOBIUMというバスが出展される予定で、そこで1日2回ずつアマワラビエが餅(ワラビモチ)投げをします。時刻ははっきりとは決まっていないので、もしこのイベントに来られて、偶然出会うことができたら、ぜひ餅をもらっていってください。 場所は岐阜県岐阜市日ノ出町3丁目付近です。

https://www.facebook.com/pages/category/Event/yanagase-PARK-LINE-111231916979309/

焼芋と明眼院の会

「明眼院~西条ウォーキングツアー」を開催します。

タイトル:「明眼院~西条ウォーキングツアー」

[タイトル]「明眼院~西条ウォーキングツアー」

[講師] 山田さん(中日新聞大治東部販売店 新聞工房)
[スペシャルゲスト] 愛西市教育委員会 学芸員 石田泰弘さん
[企画] 善ちゃん会、ワラビモチ愛好会
[日時] 2020/11/29(日)
[集合・解散場所] 焼き芋庄ちゃん 
〒490-1132 愛知県海部郡大治町北間島大道68 中日新聞大治東部販売店 新聞工房(株
[ツアー] 13:20~17:00頃まで、詳しいスケジュールは下記にあります。
[夕食会] コロナ第三波のため中止
[費用] 1000円(資料、ガイド、などなど)
※焼き芋は各自支払いになります

[スケジュール]
13:20 焼き芋庄ちゃん(中日新聞大治東部販売店 新聞工房)に集合
13:30~ 焼き芋などを食べながら、今日のアウトライン解説を聞く(お茶付!)
13:50~17:00 明眼院~西条ウォーキングツアー(途中色々な見どころあり)
17:00頃 焼き芋庄ちゃんに戻り軽くお茶・解散

[その他]
・欠席される場合はメッセージをください。
・コロナ第三波が到来しているため、マスクの着用をお願いします。また、体調が悪い方は無理をせず休んでください。

参加方法:申し込みは〆切ました。

——————

「明眼院~西条ウォーキングツアー」の感想など
今日ご参加頂いた皆様ありがとうございました!13:30-17:00くらいまでのツアーでしたが、天気も晴れ、みなさんで色々な話をして歩き、とても楽しかったです。

山田さんの解説が素晴らしく、大治に初めて来たのに、大治の人でも知らないような、色々な歴史を知ったのではないかと思いました。石田先生の話は、ふと聞くとやはりとても詳しく面白い話ばかりで感嘆するばかりでした。


13:30~ 焼き芋などを食べながら、今日のアウトライン解説を聞く(お茶付!)大治、今日のウォーキングについての前置き(山田さん、石田先生)、サツマイモの話(ワラビモチ愛好会)焼きいも数種、お茶さつまいもの菓子:サツマイモ大福、サツマイモ寒天(芋羊羹)※焼きいも庄ちゃんの焼き芋はやはり美味しかった!サツマイモの菓子を作り、芋餡や大福を作るのは結構手間だったが、焼きいものうまさには全くかなわないと実感した。

13:50~17:00 明眼院~西条ウォーキングツアー(途中色々な見どころあり)長い道のりでしたが、途中で出会う人が皆んな山田さんが仕組んだのか?色々な話をしてくださり面白かったです。

・明眼院の前にあった、和泉屋と伊勢谷という旅籠の家が立派で、和泉屋のご子孫のおじさんがパネルや古書なども持ってきて見せてくれた。明眼院の保存状態>特に仁王像については学芸員の先生方は特に残念がっていた。
・いくつかの寺に寄り、住職さんも色々お話してくれて面白かった。

建宗寺(曹洞宗のお寺):安井将監秀の墓があると書かれていたが、墓はわからず、位牌を見せて頂いた。奥の部屋には真中にお寺を建立したお坊さん、右に道元、左になんでしたっけ、、の三尊が祀ってあるようす)や本堂の役職の紙の説明が印象に残った。あと本堂にお寺の胡蝶の紋があり、胡蝶といえば鬼滅の刃ですよね!と、ちょっと失礼なことをいったかと思ったら、住職さんがそうなんですよ!それで人が来ないかと、と言われて、現代的というか、面白い住職さんだと思いました。

・松葉庄の寺:石田先生が言われた、一旦新栄の高山寺にならい西になったがまた東に戻った珍しい寺であるという説明、そのすぐ横の立派な家(加藤家)は元本陣だったとか

・石田先生と古橋さんがしていた柳街道の話・「鹿荘」というアパートに反応している人たち
・昔は新婚さんが服を作ってあげないといけなかったお地蔵さんがあった。
・タイル屋さん、たくさん人がきたのでおばあちゃんがビックリ!可愛いおくどさんがあった。
・割と沢山歩いた。
17:00頃 焼き芋庄ちゃんに戻る。焼き芋庄ちゃんに戻ってきてからもしばし談笑。夕方のおやつに「安納芋ぜんざい」を作り、少し焦がしたが美味しかったとのことで安心する。解散。


+たまたまインタビュー + vol.21「BUCHI」ヌートリア通信より転載

今回は、名古屋の東枇杷島にある古民家飲食店BUCHIのEijiさんです。
名古屋市カフェやシェアハウスの運営をされていらっしゃいます。今回はBUCHIを中心にインタビューします。

フィリップ(以下P):「こんにちは、BUCHIの簡単な紹介をして頂けないでしょうか?」
Eijiさん(以下E):「古民家飲食店BUCHIです。この建物は元々は和服丸洗いのお店でした。」
P:「このソフトクリーム(今食べている)メチャクチャ美味しいです!」
E:「これは濃厚ソフトクリームで、スプーン代わりになってるサツマイモチップは、桑名(三重県)のこめ油を使って素揚げしているんですよ。」
P:「素材にこだわっているんですね、なぜBUCHIという名前で、あまり周りにお店がない栄生でされているんですか?」
E:「BUCHIという名前は色々な人を繋げる場所になるといいよね、と思って縁側(えんがわ)や縁(えん)にする案もあったけど、呼び方の響きの良い縁(ぶち)にしました。元々、シェアハウスが則武の森とお店から近くのところにあって、色んな人たちが集まる中で、それぞれのシェアハウスの住人たちが集まれる場所を作ろうと言うことで『BUCHI』が出来ました。コンビニ飯やファミレスばかりではなく、美味しいものが食べられ、語り合え、遊べる、そんな場所を作りたく、シェアハウスの大家さんからココも使ってみる?と言っていただき、今の場所に作ることになりました。」
P:「面白いきっかけですね、シェアハウスはなん人くらいだったんですか?」
E:「平均5、6人くらいですね。個室がなく、男女関係なくみんなで雑魚寝みたいな感じで、家族のような関係なんですよ。」
P:「すごいですね、、そういうのは初めて聞きました。さっきから、お客さんは近所の人らしき子供や高齢者がたくさん来てますね。」
E:「コロナじゃないときは、近所のおじいちゃんおばあちゃんや高校生や小学生たちがワイワイしていますね。近くの名城高校生は、授業の一環として、ぶちで高校生食堂もしたんですよ。」
P:「高校生食堂は初めて聞きました!私は今日はじめてきたけど、店の前にいるだけでも大分和んでいます。どこかの路地裏に迷い込んだような雰囲気だし。」
E:「シェアハウスの住人たちのやりたい!から始まったセッション音楽イベント『音BUCHI』や『BUCHIラヂヲ』なんかもやってますよ!」
P:「古民家で音楽イベント、楽しそう!最後に何か一言よろしくお願いします。」
E:「色んな世代の人たちが、家のように楽しめる空間、そして、みんなのやりたいを挑戦できる場所として、これからも楽しく美味しいオリジナルメニューを作ってお客様と一緒に楽しんで行こうと思います。」
P:「初めて寄りましたが、とても和みました。また遊びにいきます!」

古民家飲食店BUCHI
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23064795/

古民家飲食店BUCHI instagram
https://www.instagram.com/buchi_nagoya/

ワラビモ長者インタビュー 古民家飲食店BUCHI
https://www.youtube.com/watch?v=bgxhr7vMrv4&feature=youtu.be