+ たまたまインタビュー + vol.13「中原淳さん」

今回は、イアマス大学院卒業生の中原淳さんにインタビューさせてもらいました。
現在は岐阜県本巣市根尾に移住して、色々なことを試みられています。
昨年はじめて中原さんと話した時に、経歴の振れ幅が大きいのが面白く感じました。


P:「こんにちは、中原さんの自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?」
N:「大学院2期の中原です。大学は農学部出身で、その後ATR(注1)からIAMASにきて、ICCの研究員やってました。ゴリゴリのメディア系だったはずが、今は限界集落暮らし。」
P:「すごい触れ幅ですねw。」

P:「都市と農村に実際に住んでみてどう感じられていますか?」
N:「ありふれた言葉ですけど、農村は「いい生活」できますね。でも、経済から取り残されてる感覚はあります。最近は、そう感じてしまう考え方に興味あります。」
P:「感じてしまうというのはどういう意味でしょうか?」
N:「衣食住足りているのに不満を錯覚するみたいな?足るを知るのは難しいってことかも。」
P:「なんか哲学を感じますね、中原さんは京大農学部出身で、メディアアートに興味をもち、意図せずして?現在農村に住んでいることについてどう思いますか?」
N:「もともと京大農学部はアナーキーな傾向あるので、それがハッカー文化と一緒になったというか。個人的な自由の基礎となる技術が好きみたいです。」
P:「そうなんですか、京大農学部のことが想像できないのですが、農学部がアナーキーとはどういうことなのでしょうか?」
N:「農村は昔、衣食住を自給できていたので、権力に対して独特の考え方があります。それが京大の農学には基礎としてあるのかも?それはハッカー文化と共通部分もあります。」
P:「へえー、面白いですね。確かに、昔の農村の話とか聞くと山とかだけで生きて行けてたんだなだと驚きます。」

P:「現在の中原さんはメディアアート(芸術全般でも)についてどう思いますか?」
N:「まあ外野から見てます。好きな作品もありますよ。ヨーロッパっぽい市民メディアを作るようなプロジェクトは好きです。逆に、資本にがっつり飲み込まれて、未来を賛美するテクノロジー・プロパガンダみたいな作品が増えるのは怖いなと思ってます。そっちのが金稼ぎやすいし。自分もそうだったし。」
P:「私は何も考えていなかったのでそういう意見を聞くとすごいと思います。多分若い頃はテクノロジーが純粋にかっこ良く見えるんだろうな。今でも思いますが、、そういえば、中原さんはイアマス時代は何を作って(研究して)いたんでしょうか?」
N:「普通に情報デザインしてましたよ。infoscapeとか。すっかり昔になりましたね。」
P:「おお、なつかしい!」

P:「IAMASの時に習った先生についてコメントをください」
N:「シュナイダーさん。今も尊敬してますし、「これやったらシュナイダーさんに怒られるかもな」が、今でも倫理的な基準だったりします。思想通りに生活しようとする姿が好きです。」
P:「シュナイダーさんすごい!」

P:「最近はどんなことをされていますか?」
N:「限界集落でシェアオフィス(注2)つくって、細々と仕事してます。あとは子育て。」
P:「面白い活動ですよね、実はこのインタビューでも以前、GIDSにいらしゃった花火師の方に出てもらいました。」

P:「最後に一言お願いします。」
N:「IAMASにも近い限界集落、本巣市根尾地域にどうぞ遊びに来てください。ある意味、未来です。」

P:「ありがとうございました!」

注1:ATR  http://www.atr.jp/
注2:GIDS  http://gids.jp/

+ たまたまインタビュー + vol.11「Hoonida Kimさん」 

今回は、IAMASの卒業生で、現在韓国や日本でメディアアーティスト、先生として活躍中の
Hoonida Kimさんにインタビューさせてもらいました。

フィリップ(以下P): 「Kimさんこんにちは、Kimさんの簡単な自己紹介をお願いします。」
キムさん(以下K):「こんにちはAir Sculptor hoonidakimです。僕は大きく二つの枠で活動をしてます。
まずはMetaMediaとして電子基盤を自作して見えないものの制御装置(例えば、聴覚、触覚)を作って作品を作ってインスタレーションやパフォーマンスをやっています。
もう一つはPROTOROOMというテクノロジーメディアベースのキット(KIT)を中心にワークショップやインスタレーションをするメタメディアコレクティブの活動です。」
P:「音の作品を中心に作られていますが、基盤づくり>作品制作>発表>workshopや教育、アウトプットまで、ホントに全部されていてすごいですね。
全部の流れを作ることはキムさんにとってどんな意味がありますか?
PROTPROOMの方の、メタメディアコレクティブという言葉は初めて聞いたのですが、どういう意味でしょうか?」
K:「Metamediaというのはアランケイが(Alan
kay)が話したことで簡単に説明すると、computerは音楽、写真、絵、映像、などのメディア発達の一周だど思いかちですがつば抜けでその特徴が違うものです。そのすべでのmediaを作ることができるmedia、そしてそれらを再構成、再構築できるものをMetamediaだと言えます。
 私にとっては環境自体を作り、提案して行きたいと思うので何かにとっての原子的な要素やMetamediaとしての試みは大事であります(短い文章では説明しきれない)。」
P:「面白い考え方ですね。そういえば、なぜ、日本で勉強しようと思ったのでしょうか?」
K:「最初、日本の複雑で細かい世界観で何かになり立ってないがその面白さに価値を感じで日本に行きました。学校ではなかった。」
P:「日本の複雑で細かい世界観>韓国から見ると日本はそう見えるんですね(どの辺が細かいんだろうか?)あと、キムさんはなぜ、彫刻が好きなんでしょうか?」
K:「厳密に言えば塑造(学部の時は物理的な塑造)が好きでした。その理由は最初は精密に計画を立てずに全体的な塊を作るうちに、最初の考えにとらわれずフレキシブル(flexible)にその方向を変えることができるからです。それは、今の”その場にある空気を塑造する”という考えにつながります。」
P:「なるほど、もしかすると今の活動も塑造に近いのかもしれませんね。最近はどんな展示をされていますか?」
K:「韓国でNam June Paik Art Center の ”Our Bright Future-Cybernetic
Fantasy”企画展にPROTOROOM としてFeedback of MetaPixels-Language for Digital
Atomsという新作品で参加してます。(11月5日まで)
Cheongju Craft Biennale2017 の ”RE: craft”企画展にHoonidaLabsとしてOrchestra
Jewerlyという新作品で参加してます(10月22日まで)。」
P:「色々されてますね!Nam June Paik Art Centerとはすごいですね。
(誰かこの記事を読んでいて韓国に行かれる方はぜひ!)。
最近気になっていることはありますか?」
K:「計算的思考をより、直感的な思考に変換できるのか(PROTOROOMの活動でいつも研究してます)。」
P:「なるほど、、それも聞き出すと興味深い話になりそうですね(でも文字数が、、)。最後に何か一言お願いします。」
K:「メディアに食われないようにメディアを接したい。」
P:「ありがとうございました!」

[参考URL]
ナムジュンパイクセンターの企画展「Our Bright Future-Cybernetic Fantasy」
に(チームPROTOROOM)で参加
https://njpac-en.ggcf.kr/archives/exhibit/cybernetic-fantasy?term=11

craftbiennaleにhoonidaLabs(hoonidalabs.com)で参加
http://www.okcj.org/bbs/content.php?co_id=menu01010201

+ たまたまインタビュー + vol.10「花火師ナオトさん」

今回は、岐阜県本巣郡根尾村の夏祭りに行った時に、たまたま
2017年現在根尾のGIDS(ギッズ Gifu Indie Design Sessions)でレジデンスをしている”花火師ナオトさん”29歳のお話を伺いました。


フィリップ(以下P): 「こんにちは、ナオトさんの略歴を伺えますか」

ナオトさん(以下N):「ナオトといいます。僕は小学生のときから花火師になりたくて、18歳から花火会社で働き、花火の打ち上げから企画まで色々な業務をさせて頂きました。その後独立をして今は花火のデザインや、デザイン、ブランディングの仕事もしています。伝統文化を伝えるだけではなく、ちゃんとデザインしてどう伝えて行くか、ブランディングがとても重要だと思うようになり、オーストラリアにいって勉強して起業したいと思いました。」

P:「なぜオーストラリアに行かれたんですか?花火は日本の伝統だと思っていましたが、オーストラリアでも独自に進化しているということでしょうか?」

N:「オーストラリアと日本では、法律が違い、やれる範囲がちがうので、考えるスペックが違うんです。元々の固定観念が全然違うと、考え方が元から違っていて、その発想に素直に尊敬しました。」

P:「デザインはどこで学ばれたのでしょうか?」

N:「独学です。」

P:「独学とは例えばどんなことでしょうか?」

N:「本を読むのはもちろん、僕は人間が持つ「間」だったり、立体に興味がありました。そう言ったものは教科書よりも五感で体験するということが一番だと考えて勉強しています。僕はデザインの中でも、実際にAIを使ってゴリゴリやる感じではなくて、全体デザインをしてディレクションをしていくのが本業です。例えば、イラストは北海道に住んでる〇〇さんに依頼しようとか… 実力はみんなありますし、独自のカラーもあります。僕は先輩方に比べて実力はありません。ただ、人間としての魅力という感性は磨き続けて行きたいと思っています。生涯日々勉強です。」

P:「何歳くらいからされているんでしょうか?」

N:「小学校6年生くらいですかね、花火師になりたいと思ったのは小学校3年生の時です。本を読んだり、ネットで調べたりして無意識のうちにそういうことを学んでいました。後は、ひとの振り見て我が振り直せですかね。笑」

P:「花火や立体のデザインを独学してる人は初めて会いました!なぜ今は根尾でレジデンスをされているんでしょうか?また、どんなことをされているのでしょうか?」

N:「それは偶然母親が新聞で見つけて、僕に合うんじゃないかと進めてくれて、普段は親の言う事を聞いたりしないんですけど、
今回は何か直感があって問い合せたのが最初のきっかけでした。根尾では観光デザインをテーマに、町内を散策したり観光協会の方へ意見交換をしたりしました。レジデンスは今月で丁度6ヶ月目で終了です。とってもいい感じでした。やるべきことの本番、つまり実働はこれからが勝負だと思います。」

P:「お母さんもただ者じゃ無さそうですねw 予想外のお話を聞けて楽しかったです。ありがとうございました!」

Pyro Direction Team Live-ZERO.(ナオトさんのページ)
www.live-zero-jp.com

根尾のGIDS(Facebookページ)
https://www.facebook.com/GIDS.GIDS.GIDS/

今回のインタビュー Youtube版
https://www.youtube.com/watch?v=j6FsXT-YDNM

+ たまたまインタビュー + vol.9「原 久子さん」

今回は、大阪電気通信大学の原久子氏にインタビューをしました。メディアアート系の展示に行くとよくお会いする、気さくな先生で、6/30から7/2の3日間、「Japan – Korea Media Art Meeting 2017」(日韓メディアアート・ミーティング URL:http://www.iamas.ac.jp/21145)というイベントを控えていらっしゃいます。
今回たまたまちらしを手伝ったので、インタビューをお願いしましたw。


フィリップ(以下P): 「こんにちは、原さんの略歴を伺えますか」

原さん(以下原):「編集、執筆、展覧会企画・運営ほか、アートに関係するさまざまな仕事をしています。大学で教員もしており、同僚にはIAMAS卒業生もいます。」

P:「原さんは学生時代はどんなことをされていたのでしょうか」

原:学生時代は社会学を専攻していました。80年代は前半にはニューアカ・ブームがあり、私の周囲の学生は『ユリイカ』『現代思想』等を読んでいたし、文化人類学や哲学にも強く興味をもっていました。授業の合間は図書館にいるか近所の喫茶店(いまふうに言えばカフェ?)で過ごすことが多かったです。社会病理学を中心に研究するゼミ所属でした。私は「ボートピープル」と当時呼ばれた難民船で密航する人々とその背景に興味があったのですが、そのゼミではそういうことは出来なかった。同時に英米文学にも興味があり、同級生にも英文科の学生だと間違われるほど、授業科目もたくさんとっていました。アートにも興味はありましたが、現代美術に出会うのは卒業後です。さらに言えば、テニス、スキー、サーフィンと一通りやって年中日焼けしたミーハー学生でもありました。

P:「なぜキュレーターになられたのでしょうか?」

原:「編集の仕事をしていて、たくさんの作品やアーティストと出会いました。その次の段階として観たい展覧会を自分でつくる…そうした見よう見まねではじめた結果です。展覧会をつくるときはキュレーターとしての意識はあります。」

P:「ということは、編集とキュレーターの仕事は似ているのでしょうか?」

原:「私は似ていると思います。文字や画像で二次元に本として編集することと、時間軸と空間軸をもって展覧会をつくることは、共通するプロセスも多いと思います。」

P:「最近興味を持たれていることはありますか?」

原:「自身が同時代を生きた80年代以降のアートとメディアの関係です。」

P:「原さんと同時代を生きたアートの特徴はどんな所でしょうか?」

原:「ひとくくりに特徴はまとめられません。社会状況として変わらない部分もあるし、普遍的なテーマもある。新しいメディアはどんどん登場してくるなかで、どんなふうな変遷があったかをこれから改めて記録できればと考えています。」

P:「どうもありがとうございました!原さんが学生時代から色々なことをされたり興味を持たれていて(ボートピーピルとか英米文学とか)、気づいたらキュレーター、教授になられていたというのが、とても面白く感じました。
日韓メディアアート・ミーティングはあと少しで開催され、IAMASの卒業生のキムフニダさんや、三原聡一郎さんなどのトークも聞けるので、関西圏の方などぜひ行かれるといいと思いました。」

「日韓メディアアート・ミーティング」情報がIAMAS公式HPにも掲載されたよ!
http://www.iamas.ac.jp/21145
https://jkmediaartmeeting.tumblr.com/

+ たまたまインタビュー + vol.02「水口翔太さん(GOCCO.)」

■今回はGOCCO.さんという会社が移転し、新居祝いパーティが行われた時に、社員のミンズン(水口翔太)さんに少しインタビューさせていただきました。


フィリップ(以下P)「いつ頃入社されたんですか?」
ミンズンさん(以下み)「2014年7月25日からです。」
P「よく覚えていますね!」
み「なんか、大学のときの助手さんがGOCCO.さんで働いていて(多摩美術大学の情報デザイン学科卒)、その関係で知りました。」
P「東京から大垣に引越すのって、すごく環境が変わってギャップありませんでした?
み「元々広島出身なのでそこまでは、でも、たしかにイアマス生でもなく、なんのゆかりもなかったので。」
P「寂しくないですか?」
み「寂しいけど、会社の人がよくしてくれるし、やりたいことが出来ているので。」
P「多摩美の卒業制作は何を作られましたか?」
み「デジFAB系です。レーザーカッターで作れる家具を作りました。テーマはオープンソースです。」
P「もの作り系ですね」
み「担当が矢野英樹さんというちょっとスピリチュアル系の先生でした。」
P「スピリチュアルとは?」
み「色々エピソードはあるんですけど、4年生の時の前期に、「みそを作れ」という課題を出されて、みそ作りの工程や知識をインフォグラフィックで作れって言う、、
卒業制作で忙しくて気持ちに余裕がないときに、なぜ味噌?っていう 笑」
P「面白い先生ですね、いい経験ですね。」
み「今思うといい経験です。」
P「話変わって、GOCCO.さんでの仕事についてはどう思いますか?」
み「面白いところだと思う。新卒なので普通の会社とか知らないけど、自由だし。」
P「確かにデジFABで生きていけてるのは、すごいですね」
み「楽しいです。」
P「今日は移転記念パーティということですが、GOCCO.さんはTABさん(建築やDIYなどの会社)とビルをシェアすることになったんですね。移転したことで何か変わると思いますか?」
み「どんどん仕事や人が増えてきたので移ったのですが、これから更に面白いことが出来るようにしていきたいです。」
P「最後に何か一言お願いします」
み「これから寒くなっていくので、体には気をつけてください」
P「どうもありがとうございました!」
あまり話した事がなかったのですが、面白い人だと思いました。

GOCCO. http://www.gocco.co.jp/
TAB http://www.tabjapan.com/
矢野英樹さん http://www.idcn.jp/workshop/2007/j/cv/yano.htm

名古屋港の防潮壁をペイントしました

名古屋港での小学生の記念壁画イベントに参加することになり、
1月からひたすら壁にペンキを塗ったり、授業をしたりしました。
テーマは「地図」、タイトルは「Wonderful Journey -The Port of Nagoya-」にしました。名古屋港の西築地小学校の卒業記念制作という事で、まず目標にしたのは
子どもたちの勉強になるような授業をすること(色々な地図を見せる、地域の歴史に関心をもってもらう)+
壁画地図そのものに関しては、その道を通った人の気分が明るくなるようなものを制作したいと考えました。

大きな面積(縦2.3m、横27m)しかも外をペイントするのは初めてで、まずどうこの細長い所に地図を描くのか案を考え設計図に落とし、人にも手伝ってもらってグリッドをひこうとするも、壁にきれいなツルツル加工が施してありうまく引けず、書き始めれば、雨で水性ペンキが流れること2日、風が強くペンキが壁に散ること無数、寒くて手が動かないこと毎回。孤独な作業。子供の配置、役割分担を決めるなどなど、色々大変でした。しかしやりとりをしてくださったPTAの方が大変親切な人だったことと、広い場所に無心でどんどんペンキを塗っていったことや、2/8に自分が塗った上に子供の絵が載って別物になっていくのは楽しかったです。
カモメを3羽くらい描いている子がいて、かわいいと思っていたら、30分後くらいに終了してみると、200羽くらいのすさまじい絵になっていて、やはり子どもすごいと思いました 汗

子どもたちによる壁画

日時:
平成24年2月7日(火)9時~12時
(雨天予備日 2月8日(水))

場所:
旧防潮壁 北側側面 旧港湾会館跡地北側
名古屋市営地下鉄「名古屋港」駅2番出口より徒歩3分

参加者:
名古屋市立西築地小学校5•6年生
及びアーティスト:フィリップ

西築地地区のまちづくり活動を推進し、魅力づくりの一つとして、西築地学区町委員会(愛称:ピアつきじ)によって、防潮壁をキャンバスとして生かし、修景のため『防潮壁メモリアル実行委員会』を設立し、港まちづくり協議会に企画を提案し上記のように実施される運びとなりました。

当日は、64名の子どもたちがめいめいに筆を持ち、旧防潮壁に描画をします。
壁画のテーマはアーティストと子どもたちが相談して決めました。どんな壁画が完成しますか楽しみですが、皆様にもその過程をご覧頂ければ幸いと存じます。
 なお、荒天の場合には翌日に延期となりますが、よろしくお願い申し上げます。

主催:港まちづくり協議会
協力:西築地学区町美委員会(ピアつきじ)
実施:防潮壁メモリアル実行委員会 代表:小林由佳(西築地小PTA会長)

[余談]
ランチで食べたcha-hooさんのカレーが美味しかった
052-653-3338
愛知県名古屋市港区名港2-10-11

[NODE]終了しました>>2011/11/25

1カ月間のNODEがようやく終了しました。
土日祝日全てNODEに行きましたが、今回いつのまにか
おやつ係?になっていたので、かなり沢山料理しました。
毎週木曜にはクッキーを作り、
金、土の夜はワラビモチを作り、
イベントの時には、シチュー、カレー、鍋?などを作って
NODEの場所代を稼ごうとした1ヶ月でした。

思ったのは、飲食代で稼ごうとするのは結構むりがあるということ
料理は楽しいけど、移動するとつかれるにゃーということ。
普段そういうことをやってない人(学校や、アート系の人たち)は自分も含めて
お店?の経営が下手すぎてヒヤヒヤする。
自分は意外と飲食店の人が向いているかもしれない
(今のところその気はありませんが)etc..
で、結構つかれました。
今のところぼやきっぽい発言しか出来ていませんが
しかしNODEメンバーをはじめ、人に会うこともできましたし
宇宙食のイベントをさせてもらったのも楽しかったし、
宇宙食を勉強するにあたって、スロークッカーでの色々な調理にはまったのが
何よりも自分には楽しかったです。
温度だけであそこまで食べ物の味が変わるということに
感動的しました。

もうちょっと落ち着いて
これから、この経験も生かしていけたらいいなと思いました。

粟津潔『デザイン巡遊』

粟津潔さんを知らなくてこの間の展覧会は行かなかったのに
つい最近たまたま知って読んでみた。
デザインもすごいと思うけど、むしろ文章でびっくり

すごい!早い!

今でも早いと思うような感覚、頭のよさを感じる文章に
まずびっくり、さすが日本を代表するデザイナー!!
なんていうか、その辺の何かと比べられるようなのではなかった。。

そして、最後の部分に戦争のことが書いてあったのが
何より衝撃だった。
戦争の時代をリアルに感じている世代の人が
こんな先端の感覚をもってしかも1966年?とかに
その本が出版されていることが。。

田舎育ちの自分はもうどうしていいかわからなかった。
(この本には私がいい年になって
ようやくなんとなくわかってきた事柄がかいてあった
ていうか、わたしが遅すぎるのかTT)

ただ、昨年たまたま戦争特集をたくさん観ていて
じいちゃんとか戦争行ってたんだよなーとか
はじめて太平洋戦争を身近なことに感じて
しかも、その体験者が今でもリアルに存在するんだなーと思っていたので
(原爆とかはもうトラウマっていうか、戦争っていうより
もう恐怖?こわすぎて現実のこととしてとらえられなかった)

この本、自分的にリアルタイムだった。