たまたまインタビュー + vol.23 松村 明莉さん

+たまたまインタビュー + vol.23「松村 明莉さん イアマス大学院」 インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)

————————————————————————————–

今回は、IAMAS大学院1年生の松村明莉さんです。先日IAMAS2021卒業制作展を観に行った折に、作品紹介をしてもらったら面白かったので、インタビューをお願いしました。


フィリップ(以下P):「こんにちは、松村さんの簡単な自己紹介をお願いします。」

松村さん(以下M):「松村です。広島出身で、好きな食べ物は食べ物です!現在はゲームの物語性について研究しています。」
P:「IAMAS1年目の展示が越波博物館という作品なんですね。」

M:「根尾地区にある越波地区の空き家の入口に放置された謎の骨みたいなものを使って、復元図を作ったという感じです。この企画展示のプロジェクト自体が分解者っていうテーマで、分解者は動物の死骸なんかを分解する微生物だったりとかですけど、今の人間の生きている世界に見立てて新たな価値を与えるというもので、私もその流れの一環として架空の見立てをしました。」

P:「根尾で活動されているということは、金山先生の指導を受けられているんでしょうか?」

M:「プロジェクトのメイン指導は金山先生なのですが、主査は吉田先生にお願いしています。」

P:「なんと、吉田先生が大学院だけになってから、生徒を持っているというのは初めて聞きました!私がいた頃は専門学校スタジオ科・アンドコースの先生でした。来年の制作研究はどんなことをされるんでしょうか?」

M:「ゲームを制作する予定です!まだ構想段階ですが、遊んだ人がゲーム自体のストーリーだけでなく、いつ・どこで・誰と遊んだか、どういう選択肢を選んだか、というところまで物語として組み込めるようなものにしたいと考えてます。」

P:「この博物館展示がアナログな感じだったので、ゲームとは意外で面白いです。ただ、今の話を聞くと、ストーリーを作るという点では越波博物館の話も繋がるんでしょうか?」

M:「要素として入れ込めたらいいなと思ってます!」

P:「そう言えば、IAMASに来る前はどんなことをされていたのでしょうか?」

M:「大学では現代美術を専攻してました。IAMASのように、コンセプトさえしっかりしていればわりとなんでもアリな感じでしたね。」

P:「なんと、現代美術をされていたんですね!楽しい作品紹介をありがとうございました!」



根尾の分解者たち:composition, decomposition, recomposition
https://www.iamas.ac.jp/exhibit21/project/community-resilience-research/

越波博物館
https://www.iamas.ac.jp/exhibit21/project/community-resilience-research/oppa-museum/

IAMAS 2021
https://www.iamas.ac.jp/exhibit21/

Warabimochoja ワラビモ長者 松村明莉さんの越波博物館
https://youtu.be/CH3QxkJzXzw

ハイブリッド文化祭(豊田) at MOBIUM

今日はハイブリッド文化祭でMOBIUMが昨年のデカスのワークショップ作品も展示するとのことで、豊田市に行った。早朝から移動していたが何と自分の作品を忘れているのに気づいて一旦家に戻って出直したら既に昼(^◇^;) 天気が良くていい感じでわいわいしていたら17時になり戻ってきた。会場には不思議な風貌の人がいっぱいいたが、誰も特に気にもせず楽しげにしているのがすごいと思った。 https://www.tourismtoyota.jp/spots/detail/1871/

ヌートリアまわり通信_古田さんインタビュー20210122

  1. +たまたまインタビュー + vol.22「ちくさ正文館 古田一晴さん」
     インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長)

今回は、名古屋のちくさ正文館の名物店長古田一晴さんです。
1974年にちくさ正文館にバイトで入り、78年社員。それ以後ちくさ正文館の名物としていらっしゃいます。
古田さんは本屋以外の顔として実験映像の作家としても長年活動されており、実験映像の方のお話を伺いました。

フィリップ(以下P):「こんにちは、古田さんの簡単な自己紹介をお願いします。」
古田さん(以下F):「本屋です。」
P:「古田さんのもう一つの顔である実験映像の制作はいつからされているんでしょうか?」
F:「高校からです。小中学校の時に洋画にはまって、高校から作り出しました。」
P:「当時はどんな洋画を観られていましたか?」
F:「小学生の頃にダブル・オー・セブン、ドクターノオの1962年のロードショーなんかを見て映画を観るようになって、高校からは唐十郎とか1968~69年くらいのアングラブームが来て。」
P:「ダブル・オー・セブンや唐十郎をリアルタイムに劇場で観られたんですね。」
F:「この頃は自分がまだ固まっていなかったと思っていたけど、実はもっとガキの時代の方が自分に影響していることにこの年になって気づいた。まだ、日本が平均的に豊かになっていない時代、戦中に止まっていた近代的なものと、貧しかった原風景が同時に来たのをリアルに見たことが映画以前に自分を作ったのかなあ。焼け野原が大曽根にまだあったもんなあ。」
P:「戦後の風景は、話や記録では観たことがありますが、リアルで見られたんですね。」
F:「僕が高校の頃は自主上映が始まって、撮影技術もない奴らが勝手に映像を作り始めた時代で、でもその頃の映写機なんて車より高いし、本当にお金がかかってねえ。」
P:「今とは全然環境が違いますね。」
F:「アメリカの実験映画は、1960年代半ばくらいに草月が実験映画のイベントを始めたくらいで、戦後のある時期(1952年)まではほとんど入ってきていなかったけど、僕たちのいう実験映画はその50年代の暗いアメリカのアングラ映画の延長線上にあるもので、それを今でも続けている。」
P:「知りませんでした。実験的な映像=実験映画だと思っていました。」F:「高校になったら自主上映をやりたくてしょうがなくて、学校の中では出来たので映画研究会を作ってやり方をマスターして、その頃から日本映画もちゃんと勉強して、まともな映画論の本も60年代に出てきたけど、まだ情報量が少なかった。大学入っても自主映画を企画して。」
P:「ちゃんと実験映像の話を聞いたことがなかったので興味深かったです。ありがとうございました!」

ちくさ正文館:
https://chikusashobunkan.jimdofree.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A6%82%E8%A6%81/

出版:名古屋とちくさ正文館―出版人に聞く〈11〉 (出版人に聞く 11) (日本語) 単行本 – 2013/9/1
https://www.amazon.co.jp/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%95%E6%AD%A3%E6%96%87%E9%A4%A8%E2%80%95%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F%E3%80%8811%E3%80%89-%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8F-11-%E5%8F%A4%E7%94%B0-%E4%B8%80%E6%99%B4/dp/4846012727

書店員さんがオススメするフィルムアート社の本 > 第4回目:ちくさ正文館・古田一晴さん
http://www.kaminotane.com/2018/07/18/2969/

ファン通う名物書店 ちくさ正文館書店
https://www.chukei-news.co.jp/news/2020/04/11/OK0002004110301_04/

Warabimochoja ワラビモ長者 ちくさ正文館 古田さんの話 20200122
https://youtu.be/TBspppibME0

花びら餅

今日つくは袮屋(名古屋市昭和区御器所)の花びら餅を食べた。とても美味しかった。このお店の名物の1つ「そぶくめ」という菓子がワラビモチみたいだと思ったが、調べてみたらやっぱりワラビモチだった。そのうち何かの土産に買おう。

新春ワラビ大福

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。よい年になりますように。写真は新春ワラビ大福(桜餡、カスタード餡)です。きな粉で何が入っているかわからない、、

如是我聞vol.8ー1994年を振り返る。コモンズデザインのはじまりとしてー という24時間オンラインイベントに参加します

12月25日 0:00 UTC+09~12月26日 0:00 UTC+09 24時間トークイベント如是我聞vol.8ー1994年を振り返る。コモンズデザインのはじまりとしてー

という24時間オンラインイベントの最後の方で、ワラビモチ作りの実演で参加させて頂くことになりました。このイベントは陸奥さんと岸井さんが毎年クリスマスにお寺でやってきた24時間トークイベント「如是我聞」で8年目になる今年はコロナのためオンラインになったそうです。まだ趣旨がよくわかっていないのですが、とても面白そうです。ぜひご視聴ください!

詳細情報:

https://www.facebook.com/events/194485695705572/

「yanagase PARK LINE」に参加しました

岐阜・柳ヶ瀬のPARK LINEにMOBIUMが出展していて、餅まきで参加。土日とも晴天で、イベント全体が賑わっていて楽しそうだった。MOBIUMではバスの展示と、バッジづくり、餅まきなどをした。お絵かきバスの壁面は消しても消してもすぐ真っ白になるくらい子供達が絵を描き、バッヂワークショップも盛況だった模様。餅まきは1日3回ずつ計6回開催。小さい紙に、何時ころやりますと書いただけなのに、意外と人が集まってきた。アマワラビエ装束(吉田さん布ありがとうございます)は怪しい占い師みたいになったが、疫病退散の意味を込めて、桃、塩、小豆わらびを投げた。だいぶ疲れたけど楽しかった(丸デブも行けたしw)。運営の人にもお世話になり感謝。

「yanagase PARK LINE」にて餅投げ(ワラビモチ投げ)をします

2020年11月14,15日に行われる、岐阜のイベント「yanagase PARK LINE」にMOBIUMというバスが出展される予定で、そこで1日2回ずつアマワラビエが餅(ワラビモチ)投げをします。時刻ははっきりとは決まっていないので、もしこのイベントに来られて、偶然出会うことができたら、ぜひ餅をもらっていってください。 場所は岐阜県岐阜市日ノ出町3丁目付近です。

https://www.facebook.com/pages/category/Event/yanagase-PARK-LINE-111231916979309/

オンライン茶会のために準備したお菓子

今日はオンライン茶会(紅茶がメインの会)に参加しました。企画者から送っていただいた対馬の大石農園さんのお茶がとても美味しく、参加された皆さんのお話も楽しかったです。

対馬にちなんでせんだんごを作ろうと思っていましたが、会までに準備できず終了後に作りました。ワラビモチと同じ作り方をしたのですが美味しかったです!

あと会中に食べていたワラビモチ(オレンジの器)、粉は奈良の井上天極堂のものを使いましたがやはり美味しかったです!。天極堂は吉野葛の粉を作っている会社ですが、わらび粉も美味しくておすすめです。

もう一つ対馬にちなんで、私は名古屋に住んでいるため近所の津島(つしま)の「くつわ」を用意しました。とても味わい深いお菓子ですが、今歯の治療中で食べることができませんでした(日本三大硬いお菓子)。食べ物の話ばかりになってしまった^^;;。ワラビモチは作りたてが美味しいのでもしオンラインでワラビモチイベントをするとしたら、参加者に作ってもらうのがいいけど、そんな人はいるだろうか?

ワラビモチ 粉は奈良の井上天極堂
くつわ
せんだんご!美味しかった