カテゴリー別アーカイブ: DANCE

Shigeki Yamada Solo Dance “kyun kyun” Vol.3 @ NAGOYA という催しにワラビモチ出します

もう明日なのですが、

黄金4422BLDという最近できた、舞踊家・浅井信好さんが開設したビルにて、
やまだしげきさんというダンサーの方の公演があります。
公演後に、色々なフードやドリンクが出店されていて、
そこで私もワラビモチを販売させて頂くことになりました。
とても面白そうなので、お時間がある方は
ぜひおいでください!

kyunkyun_omote05-02-212x300
以下詳細です


黄金4422BLDfacaebookページ:
https://www.facebook.com/pg/Kogane4422/posts/

Shigeki Yamada youtube
https://www.youtube.com/watch?v=jK0cQpOJJ4E

【Shigeki Yamada Solo Dance “kyun kyun” Vol.3 @ NAGOYA】
日時/ 2017.8.31(木) 19:30~
場所/ 黄金4422BLD 5階(名古屋市中村区長戸井町4-38)
料金/ ¥3,000- (事前予約の方は¥2500-)
お問い合わせ/ アトリエクーゲル
ask@a-kugel.net    052-831-0324
演出/ やまだしげき
照明/ 林佳音
美術制作監督/ ぽっぽ
美術制作協力/TEAM WARERA
制作/アトリエクーゲル
衣装協力/ ikumi
映像/ 岩田隼之介
やまだしげきソロダンスkyun Kyun とは?
ぼくがソロダンス単独公演をはじめたのは2007年、気づいたら10年の月日が流れました。2016年、通算11回目の公演時よりこのタイトルで踊っています。このシリーズを、〜僕自身が変化し続けるパフォーマンス作品〜として、”やまだしげきソロダンスKyun Kyun”と題することにしました。僕にとってkyun Kyunは、様々な行動(Action!)も含め、表現(Dance!)であると捉える「僕の表現者魂の禊の場」です。「永遠の未完成 これ完成である」という宮沢賢治の言葉を胸に、氣の修まるまで、精進(Kyun Kyun)していく所存です。

https://b-d-c.jp/teacher/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%92%E3%81%8D

———–
[感想]
やまだしげきさんの公演とてもよかったです。黄金という特殊な場所なのに、沢山お客さんがいて、とても楽しい雰囲気、自ら作られた舞台装置での映像やダンス、屋上でも踊りを見れたり、最後にバーベキューまで用意されていて、相当贅沢な公演でした。
今回見逃した人は、次の機会があれば、是非行くべきです。
久々の友達にも会えて嬉しかったです。

[今回のワラビモチの味]
朝鮮人参味、珈琲(グアテマラ)、普通

3/13火 K.D.Japonにてライブします

3/13火 K.D.Japonにて ライブイベントがあります
あたしよしこさんなどが出演されます。
私はどういう訳かジェット達と一緒にパフォーマンスすることになりました。
楽しみですがどうなるのか想像がつきません。

お時間がある方は是非遊びにおいでください

あたしよしこ / 太めパフォーマンス / 袋坂ヤスオ / ジェット達+PHIRIP
open:8:30-/start:19:00-
charge:2000yen

K・D ハポン(ケーディ・ハポン)
〒460-0012
名古屋市中区千代田5丁目12-7
TEL (052)251-0324
e-mail kdjapon@gmail.com

One Day Cafe #2 に出演します

昨年開催された、あいちトリエンナーレサポーターズクラブは進化し続けていて、
とても熱い感じがします。
冷えたワラビモチでも持っていって冷ましてこようかと(冗談です^^)
以下詳細です

http://aichitriennale.jp/news/one-day-cafe-2.html

One Day Cafe #2 を開催します。
あいちトリエンナーレサポーターズクラブイベント
あいちトリエンナーレ終了後も、継続して活動を行ってきたあいちトリエンナーレサポーターズクラブ。4月に引き続き、トリエンナーレの会場のひとつ でもあった万勝S館を1日開放し、作品展示、ライブ、パフォーマンス、カフェ、ワークショップなど様々なイベントを行います。このOne Day Cafeは4月~6月の期間、月に1度開催しています。

【One Day Cafe #2】
日 時:5月28日(土)13:00-21:00
場 所:万勝S館(名古屋市中区錦2-10-30)
入場料/参加費:無料

[イベント情報]
4F:映像作品展示
   オリヴァー・ヘリング(あいちトリエンナーレ2010出品作家)
3F:映像作品展示
   水野勝規(あいちトリエンナーレ2010企画コンペ出品作家)
2F:作品展示
   Mark meets 3. [岩田真実、nic、澤茉里](名古屋芸術大学MCDコース)
1F:カフェ
   (今回は、フェアトレードコーヒーであるメキシコのマヤビニックコーヒー
    《慶応義塾大学山本純一研究室FTP》も用意しています。)
  ワークショップスペース
 「ペーパークラフトでアートバスを作ろう!」長者町まちなかアート発展計画×MOBUM、
 「ラブちくんを作ろう!」
B1F:イベントスペース
13:30-15:00 映像作品上映
金子遊(上映後、作家によるアフタートークあり)
15:00-17:00 プレゼンテーションタイム
アジト(岡田真太郎)、hinten(山本祐理子・児玉美香)、トリ勉(田中瑞穂)、GALLERY M(牧 ゆかり)、大ナゴヤ大学・長者町ゼミ、NAGOYA DESIGN WEEK(稲波伸行)
18:00-20:30 ライブ+パフォーマンスタイム
鈴村由紀&堀嵜ヒロキ、平尾義之+杉町明子、石川泰昭、フィリップ、Kaeline&1980円(イチキュッパ)

乗越たかお「なごやダンス酔話会」に参加します

@gasenettaさん企画の乗越たかお「なごやダンス酔話会」に参加させて頂きます
色々食べる事も出来るようです
ぜひおいでください!

◆◆◆ 乗越たかお「なごやダンス酔話会」のお知らせ ◆◆◆

【日時】2011年1月23日(日)
受付 13:30~ 開始 14:00~

【場所】カフェパルル
名古屋市中区新栄2-2-19
TEL: 052-262-3629

http://www.parlwr.net/
地下鉄東山線「新栄町」駅 2番出口 徒歩3分

【料金】1,500円(ドリンク代別途。おつまみ付き)
※ワラビモチ愛好会会長 PHIRIPプレゼンツ!ワラビモチ付き
※差し入れ歓迎!
※定員30名、要予約

【参加方法】参加ご希望の方は、folienagoya@gmail.com宛てに
お名前、参加人数、連絡先を明記してお送りください。
twitter: ハッシュタグ #nagosui 担当 @gasenetta

~~~~~~~~~~
★☆ 酔った乗越氏、再びあいちへ!☆★

熱いダンス愛と鋭い見識で知られる「ヤサぐれ舞踊評論家」乗越たかお氏。
昨年はあいちトリエンナーレのために何度か来名し、ダンサー梅田宏明さんとの
ほろ酔いトークでおなじみになりました。
この度、昨年末に上梓された
『ダンスバイブル—コンテンポラリー・ダンス誕生の秘密を探る』
を携えて、名古屋に再上陸します!
著書には書ききれなかったお話や乗越さん秘蔵のダンス映像を肴に、
語らいましょう。
ダンスってよく分からないけど、という方もお気軽にお越しください。

当日は、ワラビモチ愛好会会長 PHIRIP(http://phirip.com/)
プレゼンツのおいしいワラビモチとともに参加をお待ちしています。

【乗越たかお(のりこしたかお)プロフィール】
作家・ヤサぐれ舞踊評論家。
2006年にニューヨークのジャパン・ソサエティからの招聘で滞米研究。
2007年イタリアのダンス・フェスティバル「ジャポネ・ダンツァ」の日本側
ディレクター、ソウル・ダンスコレクションとソウル国際振付フェスティバル
の審査員。
著書には海外でも翻訳され、ベストセラーとなった『コンテンポラリー・
ダンス徹底ガイドHYPER』(作品社)のほか、『ダンシング・オールライフ
中川三郎物語』『ドメイン 熊川哲也120日間のバトル』(ともに集英社)、
『アリス ブロードウェイを魅了した天才ダンサー川畑文子物語』(講談社)
など多数。近刊は20カ国以上をめぐり月刊『シアターガイド』等の
連載エッセイ等をまとめた『どうせダンスなんか観ないんだろ!?
激録コンテンポラリー・ダンス』(NTT出版)、『ダンス・バイブル
コンテンポラリー・ダンス誕生の秘密を探る』(河出書房新社)。

ダ・・ン・・スースースー vol.6 [2011/2/23] at. k.d.japon

ダ・・ン・・スースースー vol.6 [2011/2/23] に参加します

なんか不思議な組合わせ!ダンサーと音の人が2人ずつ組むらしい。
ダンスの人は太郎さん(holon)以外は知らないので、どうなるのか想像がつきませんが、
ニシテツロウさんは昔水琴窟のシミュレーションの演奏などをされていたのを観て面白かったのを覚えています。
よかったら遊びにおいでください。

at. k.d.japon
2/23(水)
MIYO(タップダンス) / テラオハルミ(パフォーマンス) / 森田太朗(ダンス) / 倉知可英(ダンス) /
菅原拓馬(pf) / ニシテツロウ / PHIRIP / 武藤宏之(electronics)]
18:30/19:00 ¥2,000

K・D ハポン(ケーディ・ハポン)
〒460-0012
名古屋市中区千代田5丁目12-7
map
TEL (052)251-0324

2/24(tue) K.D.Japonにてライブします

2/24 火曜
Duo Recio-Garcia / PHIRIP+鈴村由紀 / 中上淳二
18:30/19:00 ¥2,500 at K.D.Japon

K.D.Japon:
http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/

今度はユキオちゃんというカポエイラ/コンテンポラリーダンサーの女子と一緒にやります
わたしは勿論ワラビモチ担当です

メインはDuo Recio-Garcia、
フランス、リヨンの先鋭的音楽家集団”ARFI”(想像的民族音楽探究協会)から2人のインプロヴァイザーが約8年ぶりに再来日!
グザヴィエ・ガルシアの高速キーボードと、アンダルシア出身のシンガー、ルシア・レシオのダダイスティックかつパンキッシュなヴォイスが地霊を呼び覚ま
す。
アブストラクトなのにグルーヴィー、たった2人なのにシンフォニック、声と電子音によるアクロバティックなスペクタクル・ショー!

もう一人は中上淳二さんという方で、
現代音楽+電子音楽+パフォーマンス的なことをしている方です
昨年愛知芸術センターのパフォーマンス道場に出演されていました
——————————————————————————-

ライブ日記 [言い訳/]

1月にK.D.Japonの太郎さんからライブの依頼が、
しかも2年前に一緒にやった
ダンサーのユキオちゃん(鈴村由貴さん)と一緒にやってほしいとのこと。
当初はメインのフランス人とサーキットベンディングカセオさんが競演と聞いていたので
私も自作楽器を使おうと思っていた。

ダンスかーーしかもコンテンポラリー、、今使える機材が全然ないから
新曲は難しい、、名港のイベントがらみでブラジル人によく会うから
そこらの環境音を録ってきたらいいかとか。
>>が、録音した音はライブの直前に機材が壊れて使えなくなった
>>しかもダンサーのユキオちゃんは芸分センターのコンテ企画に参加していて
邪魔できんので、前日に1年ぶり?に会う、打ち合わせ

というすごい状況だったのと、名港のに結構時間をとられて
作業が出来ず、どうにか思いついたことを盛り込んでみたら
いつも以上にぐだぐだになってしまった

[実際やった内容]
芋の映像3′30:解像度ひくすぎ、英語違ってると指摘あり
ユキオちゃんソロ 5′00
PHIRIP一曲
一緒に?(おもちゃ楽器2台+ユキオちゃんダンス)
PHIRIPプレゼン
ワラビモチの身体表現による活性化について
ユキオちゃんがワラビモチ体操を踊る
本ワラビの歌
END

[出したワラビモチ]
フェジョンワラビモチ(ブラジルの黒豆料理風ワラビモチ)

[観た人の感想]
ハポンスタッフ:すごいシュールでよかった(全くかみあってないのが)
主催の野田さん:ダンサーほったらかしてひどい ゆるすぎる
太郎さん:あれでどうやって踊れって言うの?
友達数人:ワラビモチ体操PHIRIPも踊ればよかったのに
その他大勢:ユキオさんは何者?とってもよかった

あと勿論その日の出演者
Duo Recio-Garciaのお二人、中上さん
はとてもよかった

今度からはもっとシンプルにするのと、相手がいる場合は
相手を生かしつつも、肝心なとこでは引きすぎないようにしよう
あと、やはり曲はそろそろ作りたいとおもった(いつも言ってる)

よかったのは
たまたま太郎さんが誘ってくれたおかげで、
久々にユキオちゃんのダンスを芸分センターに観に行く動機をもてたこと
彼女はHipHop-カポエラ(この時代に出会った)+数年前からコンテンポラリー
という、なかなか珍しいダンサーで
身体能力も風貌も女子とは思えない、しかもストリートあがりという、、
性格もとても優しくかわいらしく面白い

彼女が芸術文化センターの小劇場で一人踊っている姿はほんとにかっこよかった。
これからどんどん活躍すると思うし、してほしい
と思った。

あと、観に来てくれた人たち(友達わりときてくれてほんとに感謝です>>ひどくてごめん)
ハポンスタッフさんたち、出演者のみなさま
本当にありがとうございました。

//後日:
自分でも何かいてるかわからんけど、
ユキオちゃんのダンスを完全にぶち壊していたというお褒めの言葉をいただいたということで