月別アーカイブ: 2010年11月

フォルマント兄弟のプレゼンテーション道場

これ通りました!

top03

こんなゆるいプレゼンが通るとは、、今年さいごのギフトって感じです。
一緒にやるのは山路製めんさんです。
よかったらききにきてくださいませ!

—-
プレゼンテーション道場の感想

なんとか終了しました。
今の感想を

・想定外の入選にびっくり(しかし資料はがんばって作った)
・実際やってみてもしや自分は場違いだったのかも、、とは思った。
・一応IAMASを卒業しているが、未だにメディアアートとは?と聞かれるとよくわからない、また、現代アートもわからない。それらに関わってると思っている。でもわからない。。
・通ってから椹木野衣さんの本を読んでみたら、とても面白くて、これが読めたのは良かった。

椹木さんの批評は、
『これはメディアアートではないですね。
大体想像通りで面白く美味しかったですが、一つ想定外だったのは、あまりにも間が悪かったことです。
久しぶりにとても変なものを観たと思いました。食べ物もメディアの一つであり、食べ物を使ったアートもある。(どこか誤解釈かも)』と。優しい方だと思った。
あと、一瞬話しただけなのに私の話が長いという指摘があった(鋭い!!)。

フォルマント兄弟の三輪先生、左近田先生は
とても真剣に対応してくださった。
本当に音楽とメディアアートに真摯に向かっていらっしゃるんだなーと
同時にあまりの不出来さに申し訳無く思った。

吉岡さんの話も相変わらず面白かった
これでいいのかという疑問があると言われたのと、或る意味ほめられたような気もしたが、
緊張のためはっきり覚えていない。

うどんとワラビモチの出来は非常によくて美味しかった。
山路さんはキャラもなかなか強烈ということがよくわかった(実は数回しかあった事がなかった)。また意見がすごくはっきりしていて、私は全く仕切っておらず、
あのパフォーマンスは私はわたしで
山路さんは山路さんでそれぞれ独自に動いていた。のに何故か成立していた。
相方を引き受けて頑張ってくれてありがとう!

フォルマント兄弟、吉岡先生、椹木さん
スタッフの方々、来てくださった方々
ありがとうございました。

P.S.
人と組んだのは5年ぶりで、
7年前のユニットのことも思い出した
aua => flylecの久美子さんとも
また一緒にやりたいなーー

iamasのコバちゃん(コバヤシケイコさん)が
記事を書いてくれてました
数かすのお褒めのことば?
へこみつつもありがたく読ませていただきました。

http://www.cbc-net.com/topic/2011/01/formantbros-iamas-report03/