+たまたまインタビュー + vol.27「Yasuskiさん」

————————————————————————————–
5. +たまたまインタビュー + vol.27「Yasuskiさん」
 インタビュアー:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長、IAMASアカデミー5期生)
————————————————————————————–
2019年にMaker Fair
Tokyoで、なんかすごい楽器を作っている人がいると思ったら、私が在学していた頃(2000年)にIAMASにいらっしゃった先輩のYasuskiさん(ミュージシャン)でした。2年ぶりに連絡が取れたので、インタビューをさせて頂きました(ぜひYoutubeも観てください。すごい楽器でした)。

フィリップ(以下P):こんにちは、Yasuskiさんの自己紹介をして頂けないでしょうか。

Yasuskiさん(以下Y):主に楽器を作ったり演奏をしたりしています。演奏はマルチ・チャンネルの音響システムを駆使する形態で、リアルタイム性を重視したものです。このシステムはIAMASの卒業制作を発展させたものです。
自分が本格的に音楽に接するようになったのは14歳の秋頃からでしたが、その翌年にはギターに繋ぐエフェクターを作ってました。20代に放送関係の仕事に寄り道した後、IAMASを経て音楽に帰ってきました。
数年前から現物の楽器造りに活動の軸足を移しつつありますが、何れにしても音楽活動が制限されてしまう今の御時世は厳しいです。

P:14歳頃に何故エフェクターを作ろうと思ったのでしょうか?

Y:当時は、電子工作関連の月刊誌が数冊出版されていて、偶にエフェクターの製作記事が載ることがありました。僕たちの生活していた空間では所謂ポピュラー音楽で使われる音響機材に触れる機会が全く無いために、エフェクターの効能については想像するしかありませんでしたが、流石に現物は子供が手を出せる価格ではなく、「だったら自分で造ってみよう」と思った人たち自分以外にもそこそこ居たようです。

P:電子工作関連の月刊誌を見て作っていた人たちが、今どうされているか興味あります(何人か心当たりが、、)。楽器製作や演奏活動で生きて行くってすごいことですが、このご時世は大変ですよね、、早くいい時世になって欲しいです。

Y:音楽系は「廻してナンボ」な生活をしている人たちが多く、かなり厳しいことになっているようです。幸い自分は「出る方」も「入る方」も少ないトホホ環境が幸いしてダメージはそれほどではありませんが、計画していたこと(ダメ元で海外への進出など)がほぼ全ておじゃんになってしまったのは痛いです。

P:それは辛いですね、、そのうち計画していたことがまた出来ることを願います。
Maker Fair Tokyo2019で展示されていた和音のでるデジタル・テルミンと、アフリカの楽器のデジタル版(エレキコラ
eKora)が素晴らしかったです。なぜ作ろうと思われたんでしょうか?

Y:世の中に存在しないものは「自分で作るしかない」のですが、製作に至る動機の半分は「これは使い難いな」的な既製品に対する不満を自らの手で解消することでした。特に、民族楽器はステージで扱うことが難しく、他の楽器の音圧に負けずに表現できる仕掛けを考え始めたことがオリジナル楽器を製作する切っ掛けとなりました。
資金の乏しい表現者が突っ込めるのは手間しか無いというのが現実なのですが、実はマインドに負荷を掛けずに手間をかけるコツは、「飽きたら放置する」という姿勢で、今も放置された複数のプロジェクトが並列に待機している状態です。
モチベーションが回復する「お告げ」が来たら、停止していたプロジェクトを再開する、といった感じでしょうか。

P:普通自分で作れないし、音もきれいで見た目もかっこよかったです。お告げはどんな時に来るんでしょうか?

Y:予兆は全くありません。が、生活の中のどこかにヒントは隠れているもので、そういったものを無意識にピックアップした結果なのかもしれません。基本的には、暇を持て余すことが大事ですが、不思議なことに忙しい時に何かを思いつくこともあります。これは個人的な体験というか感覚に過ぎませんが、アイデアを温められる場所というのがあり、そういった場所を見つけることが重要だと思っています。

P:演奏することと、楽器を作ることの両方がYasuskiさんにとっての音楽活動なんでしょうか?

Y:同義です。表現に対するアプローチはいろいろとあるので、自分が得意な分野を見つけてそれを伸ばせば良いと思います。

P:IAMAS時代はどんな活動をされていたのでしょうか?

Y:カリキュラムをこなすだけで精一杯だったと記憶しておりますが、苦手分野に対する知識の獲得とアプローチの方法、機械的な演奏を表現に昇華するための仕組みを考える過程だったと思います。
実は、仕事にかまけて暫くの間停止していた物理的なもの作りを入学後半年以上も経ってから再開したのですが、その切っ掛けは担当教官からの「アンプを作れないか?」というリクエストでした。
今思えば、これが本格的に楽器や音響機器を製作する活動に復帰した第一歩となりました。

P:アンプ作りも音響機器製作の節目になったんですね、担当教官は何先生だったんでしょうか?

Y:三輪眞弘先生です。いろいろとお世話になりました。そういえば、卒業後の一時期に真空管でギターアンプを作ることにハマっていたことがあります。

P:三輪先生だったんですね!なぜオリジナル楽器を作るようになったのでしょうか?

Y:先の回答と重なりますが、既製品に満足できない場合は既製品を改造するか、新しいものを作るしかありません。

P:最近はどのような活動をされているのでしょうか?

Y:デジタルテルミンで採用しているマイクロコントローラを高性能なものに換えたので、それに対する手当を行っていますが、これが一筋縄ではいかない代物で、連日プログラミングと試作機の実験に明け暮れております。

P:ずっと継続されているんですね!今後のYasuskiさんの活躍が楽しみです!楽しいお話をどうもありがとうございました。

Yasuski Engineering Web: http://audiohologram.sblo.jp/

Warabimochoja ワラビモ長者 Yasusuki EngineeringのLaVoixski(テルミン)とアフリカの楽器
https://youtu.be/G2Ycj5lVonM

Maker Fair Tokyo 2019|Yasuski Engineering
https://makezine.jp/event/makers-mft2019/m0159/

eKora(エレキコラ)アフリカの民族楽器の制作変遷
http://audiohologram.sblo.jp/article/99046980.html

イベント「しんしさくらく」公式
Yasuskiさんが参加するかもしれないイベントのtwitterページ
https://twitter.com/bunka0313

フィナンシェ作りワークショップ開催します

2019年1月12日土曜日 FABHAUS新年会イベント内にて、下記のワークショップを行います。お申し込みはフォーム(https://goo.gl/forms/N65UNMPN3co4xiFZ2)からお願いします(当日参加できますが、時間帯や材料の調整が必要であるため、希望の方は登録をよろしくお願いします)。

タイトル: Fortune jusqu’à! Le Financier ”フィナンシェで金運UP!”
時間:2019年1月12日(土) 12:00- 17:00の間で所用時間1時間前後
参加費:1000円
お申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/N65UNMPN3co4xiFZ2
場所:FABHAUS(ファブハウス)愛知県知立市逢妻町道瀬山34-3(緑色の建物です)
FABHAUS URL:https://fabhaus-chiryu.tumblr.com/

内容:
今年の金運が良くなるようなフィナンシェを各々考えて作ります。
ご自身で作ったもの、レシピは持ち帰れます。
また、FABHAUSでは12:00- 17:00の間他にもワークショップ(光るバッヂ作り、などなど)などが行われているので、
遊んでいってください。

型:
フィナンシェ、マドレーヌ、たこ焼き、ケーキ型などを用意しますので、
どうしたら金運がよいフィナンシェを作れるか考えて作ります。

こちらで用意する材料:
フィナンシェの基本的な材料(無塩バター、アーモンドプードル、小麦粉、グラニュー糖、卵、その他)、
色紙、ペン類
など

————
メインのイベント情報>FABHAUS新年会

知立のものづくりスペースFABHAUSにて新年会を行います。
おもちを食べながらレーザー加工機や3Dプリンターでものづくりをしましょう。

日時 2019年1月12日(土)12:00-17:00
場所 FABHAUS
参加費 無料 *カンパ、持ち寄り歓迎です!

当日は光るバッジづくりのワークショップや
洋菓子(フィナンシェ)をつくるワークショップのほか
作品展示やライトニングトークなども行います。
*ワークショップは別途参加費が必要になります。

ぜひお越しください!

住所:愛知県知立市逢妻町道瀬山34-3
URL:https://www.facebook.com/fabhaus/

————
フィナンシェ実験その1(2019/01/05):

フィナンシェ実験その2(2019/01/08):

フィナンシェ実験その3(2019/01/09):

どっちも適当すぎる、、でもおいしいことは美味しかったです(そしてカロリーは高い!)

+ たまたまインタビュー + vol.13「中原淳さん」

今回は、イアマス大学院卒業生の中原淳さんにインタビューさせてもらいました。
現在は岐阜県本巣市根尾に移住して、色々なことを試みられています。
昨年はじめて中原さんと話した時に、経歴の振れ幅が大きいのが面白く感じました。


P:「こんにちは、中原さんの自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?」
N:「大学院2期の中原です。大学は農学部出身で、その後ATR(注1)からIAMASにきて、ICCの研究員やってました。ゴリゴリのメディア系だったはずが、今は限界集落暮らし。」
P:「すごい触れ幅ですねw。」

P:「都市と農村に実際に住んでみてどう感じられていますか?」
N:「ありふれた言葉ですけど、農村は「いい生活」できますね。でも、経済から取り残されてる感覚はあります。最近は、そう感じてしまう考え方に興味あります。」
P:「感じてしまうというのはどういう意味でしょうか?」
N:「衣食住足りているのに不満を錯覚するみたいな?足るを知るのは難しいってことかも。」
P:「なんか哲学を感じますね、中原さんは京大農学部出身で、メディアアートに興味をもち、意図せずして?現在農村に住んでいることについてどう思いますか?」
N:「もともと京大農学部はアナーキーな傾向あるので、それがハッカー文化と一緒になったというか。個人的な自由の基礎となる技術が好きみたいです。」
P:「そうなんですか、京大農学部のことが想像できないのですが、農学部がアナーキーとはどういうことなのでしょうか?」
N:「農村は昔、衣食住を自給できていたので、権力に対して独特の考え方があります。それが京大の農学には基礎としてあるのかも?それはハッカー文化と共通部分もあります。」
P:「へえー、面白いですね。確かに、昔の農村の話とか聞くと山とかだけで生きて行けてたんだなだと驚きます。」

P:「現在の中原さんはメディアアート(芸術全般でも)についてどう思いますか?」
N:「まあ外野から見てます。好きな作品もありますよ。ヨーロッパっぽい市民メディアを作るようなプロジェクトは好きです。逆に、資本にがっつり飲み込まれて、未来を賛美するテクノロジー・プロパガンダみたいな作品が増えるのは怖いなと思ってます。そっちのが金稼ぎやすいし。自分もそうだったし。」
P:「私は何も考えていなかったのでそういう意見を聞くとすごいと思います。多分若い頃はテクノロジーが純粋にかっこ良く見えるんだろうな。今でも思いますが、、そういえば、中原さんはイアマス時代は何を作って(研究して)いたんでしょうか?」
N:「普通に情報デザインしてましたよ。infoscapeとか。すっかり昔になりましたね。」
P:「おお、なつかしい!」

P:「IAMASの時に習った先生についてコメントをください」
N:「シュナイダーさん。今も尊敬してますし、「これやったらシュナイダーさんに怒られるかもな」が、今でも倫理的な基準だったりします。思想通りに生活しようとする姿が好きです。」
P:「シュナイダーさんすごい!」

P:「最近はどんなことをされていますか?」
N:「限界集落でシェアオフィス(注2)つくって、細々と仕事してます。あとは子育て。」
P:「面白い活動ですよね、実はこのインタビューでも以前、GIDSにいらしゃった花火師の方に出てもらいました。」

P:「最後に一言お願いします。」
N:「IAMASにも近い限界集落、本巣市根尾地域にどうぞ遊びに来てください。ある意味、未来です。」

P:「ありがとうございました!」

注1:ATR  http://www.atr.jp/
注2:GIDS  http://gids.jp/

+ たまたまインタビュー + vol.9「原 久子さん」

今回は、大阪電気通信大学の原久子氏にインタビューをしました。メディアアート系の展示に行くとよくお会いする、気さくな先生で、6/30から7/2の3日間、「Japan – Korea Media Art Meeting 2017」(日韓メディアアート・ミーティング URL:http://www.iamas.ac.jp/21145)というイベントを控えていらっしゃいます。
今回たまたまちらしを手伝ったので、インタビューをお願いしましたw。


フィリップ(以下P): 「こんにちは、原さんの略歴を伺えますか」

原さん(以下原):「編集、執筆、展覧会企画・運営ほか、アートに関係するさまざまな仕事をしています。大学で教員もしており、同僚にはIAMAS卒業生もいます。」

P:「原さんは学生時代はどんなことをされていたのでしょうか」

原:学生時代は社会学を専攻していました。80年代は前半にはニューアカ・ブームがあり、私の周囲の学生は『ユリイカ』『現代思想』等を読んでいたし、文化人類学や哲学にも強く興味をもっていました。授業の合間は図書館にいるか近所の喫茶店(いまふうに言えばカフェ?)で過ごすことが多かったです。社会病理学を中心に研究するゼミ所属でした。私は「ボートピープル」と当時呼ばれた難民船で密航する人々とその背景に興味があったのですが、そのゼミではそういうことは出来なかった。同時に英米文学にも興味があり、同級生にも英文科の学生だと間違われるほど、授業科目もたくさんとっていました。アートにも興味はありましたが、現代美術に出会うのは卒業後です。さらに言えば、テニス、スキー、サーフィンと一通りやって年中日焼けしたミーハー学生でもありました。

P:「なぜキュレーターになられたのでしょうか?」

原:「編集の仕事をしていて、たくさんの作品やアーティストと出会いました。その次の段階として観たい展覧会を自分でつくる…そうした見よう見まねではじめた結果です。展覧会をつくるときはキュレーターとしての意識はあります。」

P:「ということは、編集とキュレーターの仕事は似ているのでしょうか?」

原:「私は似ていると思います。文字や画像で二次元に本として編集することと、時間軸と空間軸をもって展覧会をつくることは、共通するプロセスも多いと思います。」

P:「最近興味を持たれていることはありますか?」

原:「自身が同時代を生きた80年代以降のアートとメディアの関係です。」

P:「原さんと同時代を生きたアートの特徴はどんな所でしょうか?」

原:「ひとくくりに特徴はまとめられません。社会状況として変わらない部分もあるし、普遍的なテーマもある。新しいメディアはどんどん登場してくるなかで、どんなふうな変遷があったかをこれから改めて記録できればと考えています。」

P:「どうもありがとうございました!原さんが学生時代から色々なことをされたり興味を持たれていて(ボートピーピルとか英米文学とか)、気づいたらキュレーター、教授になられていたというのが、とても面白く感じました。
日韓メディアアート・ミーティングはあと少しで開催され、IAMASの卒業生のキムフニダさんや、三原聡一郎さんなどのトークも聞けるので、関西圏の方などぜひ行かれるといいと思いました。」

「日韓メディアアート・ミーティング」情報がIAMAS公式HPにも掲載されたよ!
http://www.iamas.ac.jp/21145
https://jkmediaartmeeting.tumblr.com/

+ たまたまインタビュー + vol.04「あいんちゃん(ねおこ座)」

今回は、昨年から地域起こし協力隊として『ねおこ座』の運営に関わっていらっしゃる、ハンダづけアイドルなど、色んな活動をされているあいんちゃん(IAMAS13期生)にインタビューしてみました。


PHIRIP(以下P)「まずは、ねおこ座を始めたきっかけは何でしょうか?」
あいんちゃん(以下あ)「偶然です、丁度IAMASが
『持続可能な生き方を根尾の人から学ぼう』ー>それを今の技術に生かして未来を生きるという
「根尾コ・クリエイション プロジェクト」を根尾でしていたのがきっかけです。」
P「奥が深そうな活動ですね、あと根尾はIAMASが近いから心強いですね」
あ「IAMASの人と関わっているという意味で生活はそんなに変わってないけど、社会人になったので、自分が生きるためにお金がいるようになりました。」
P「地域で活動されてるのはすごいと思います。」
あ「中原さんという根尾に移住したIAMASの卒業生の先輩と2人で運営しているけど、皆が中心で、私はいるだけですw」
P「いえいえ、そういえば教育に興味があると言われてましたよね」
あ「じゅくをやりたいと思っています」
P「普通の先生にならなかったのは何故ですか?」
あ「根尾はフィールドとしてすごくいいので、そこで研究したいです。
学校でも自宅でもない場所は楽しいかなと思っていて、場所をどうやって展開していくか、色々考えています」
P「なるほど、新鮮な考え方でちょっと驚きました。最近特筆する活動はありますか?」
あ「起業しました!kakko e 合同会社です。
IAMAS13期生の中村、山口で立ち上げました何でも屋です(http://www.kakko-e.jp/)。」
P「おめでとうございます!」

話すととっつき安くて面白いのにすごくしっかりしていて、今後の活動が楽しみだと思いました!

ねおこ座
https://www.facebook.com/neo.co.creation/

PRアイドル あいんちゃん
https://youtu.be/WlwWB4L5xeQ

kakko e 合同会社
http://www.kakko-e.jp/

飛騨の蕨粉づくりとOTONOTANI

金曜の昼に名古屋を出て20時頃に現地に飛騨(朝日地区)に到着し、蕨粉手伝おうと思いきや、まさかの蚕のお手伝いをしました(はじめて触りました)。その後蕨粉を手伝い、翌日根っこを掘りにいきました。(朝日地区に廃校になった小学校を利用しているNPO「げんきな里ひだあさひ」があり、そこの人たちが、蚕、蕨、ジャム、漬け物、パン作り等色々なことを試みていてとてもいい感じです。)帰ってきて、MOBIUMでOTONOTANI(揖斐郡)へ、MOBIUMの人が謎のオブジェを作って展示、私は持ってきた根っこで蕨粉づくりなどをしました。岐阜の北と南にいったけど、どちらも自然豊でいいと思いました。OTONOTANIのイベントにいくと、この辺(揖斐郡、池田町あたり)って田舎なのに、若者が沢山いてええなあと思います。
(ともあれ、11月のパフォーマンス用の蕨をもらえてよかった)

Ogaki Mini Maker Faire 2014に参加しました

Ogaki Mini Maker Faire 2014に参加しました。
私はNODE Labのブースで展示をしましたが、未完成の超ゆるい作品だったので、出してすぐに反省しました、、、、あと、子供が多かったので、もっと子供がよろこぶような仕様にしてもよかったかもと思いました。毎回参加して思うのは、趣味にここまで労力をかける人たちがいるんだなーということです。素晴らしいと思いました。

ワラビモチ凧を作ったが、、

金沢の凧の会に行くので、ワラビモチ凧を2つ作ったが、、1つは重すぎて飛ばず、もう1つは未完成で飛ばなかった、、、、来年は飛ばしたい。自分の家族もなんかすごいのを購入していたので、それが飛ぶのも楽しみにしていたが、それも買った日に壊したみたいで凧的にはいまひとつだった、、
dsc01528dsc01540

ここ数年行っているが、毎回21世紀美術館でアートマーケットが出ているので、ワラビモチ交換プロジェクトもすることにしている。
dsc01521hoshi

Send to Facebook
View Comments
2013/5/3 Friday
石臼、粉作りに関係する装置を譲ってくださる方を募集しております
Filed under: food, warabimochi — admin @ 10:49:17
ワラビモチ愛好会では、わらび餅と交換に石臼、粉作りに関係する装置を譲ってくださる方を募集しております、
もしいらっしゃれば、phiripアットマークhotmail.com
もしくは、このページのコメントまで、ご一報いただけたらうれしいです、

どうぞよろしくお願いします

NODEの展示とWORKSHOPに参加します

NODEの昨年の作品展示があります。
私は昨年参加した、AACサウンドパフォーマンス道場での着ぐるみなどを展示します。
ワークショップも豪華なゲストトークがあったりさいます
ぜひ遊びにおいでください!

詳細
[展示]

CONSONARE luminous and sound device exhibition
日 時:2013年1月9日[水]ー1月20日[日]11:00-19:00
会 場:アートラボあいち 名古屋市中区錦2-10-30
韓国のアートセンターKunsthalle Seoul、および日本のNODE LABにて交流ワークショップを複数回実施し、日韓のクリエイターによる共同制作を行ってきました。 本展はその成果物として光と音をキーワードとした作品の展示を行ないます。
本展はその最終成果発表展示であり、光を発するオブジェと、その光を通信として受け取り音に変換するヘッドホンデバイスとで構成されます。
オープニングレセプション 
日時 2013年1月9日 18:00~
会場 アートラボあいち1F

http://www.node-lab.org/
node201301-2
[WORK SHOP]
「WORKSHOP SHOWCASE 2012 プロジェクションマッピングワークショップ」
これまで本事業で行なってきたワークショップの集大成として、特にプロジェクションマッピングの制作に焦点を当て、サイネージとしての発展性や、作品のクオリティアップを行なうワークショップを行ないます。
このワークショップでは「A 造形物の制作+マッピングコース」と「B 建築物へのマッピングコース」があり、それぞれアイデア出しから実現に至る迄のブラッシュアップを行ないます。
またこのプログラムで制作された作品は3月上旬に開催予定の成果発表会にて審査し、優秀賞を決定いたします。

日 時:2013年1月9日[水]ー20日[日] 11:00~19:00(ただしワークショップによって時間が異なります)

会 場:アートラボあいち(名古屋市中区錦2-10-30)

共 催:NODE あいちトリエンナーレ実行委員会

協 力:長者町アートアニュアル 中京大学
参加費:無料

13日 特別講師
MASARU OZAKI 尾崎 勝

Contemporary Artist
Motion Graphics Designer
Creative Director
http://motiondesignmagic.com
モーションをデザインすることで質感 表現をするアニメーションを得意とし、独創的な映像でスペインのSONARやHDフォーラムなどに出演。ステージやライブで音に合わせて映像をリアルタイムに操るパフォーミングアートのパイオニア的存在である。ニールバレット、ディーゼルをはじめとする世 界を代表するトップブランドのファッションショー映像演出や空間演出など。
既存の平面なスクリーンではなく、立体物に正確なスキャンをし、さらにオプティカルトリックを取り入れた立体映像を演出するアート作品を展開。目の前で様々な変化が体験できる「chair」をはじめ、上海万博では多くの会場の演出を手がけ、日本館メインエントランスには氏の立体彫刻やアート作品が常設されるなど、その活躍はワールドワイドに広がっている。

Bプログラム[建築物へのプロジェクションマッピング制作]
日 程
1月14日[月・祝] 15:00~18:00[定員15名]
以降の日は公開制作を行ないます。
会 場 アートラボあいち1F
参加費 無料

このワークショップでは建築物へのプロジェクションマッピング映像の制作を 行います。建築物へのマッピングの効果やクオリティをあげるノウハウを学び 、タイムライン映像を各自で制作していきます。 数回のワークショップ、勉強会を経て、3月上旬に成果発表を行ないます。
制作条件
・特定のテンプレートに従って映像の制作を行う。
・タイムライン(時間軸映像)に限定する。
・各自数分の映像を制作し、最終的に1本にまとめる。
持参するもの
・ノートPC(Win MAC 問わず)
・映像系ソフトウェア


プロジェクションマッピングコンペ
本ワークショップでのAプログラム、Bプログラムの成果は3月上旬に開催予定の成果発表会にて展示、上映いたします。 その際にコンペ形式として審査会が行なわれ優秀賞を決定いたします。入選作品には記念品を贈呈いたします。

※ワークショップはそれぞれ基本的に開催後に数回の勉強会に参加いただき(任意)、作品を完成していただきます。
13日の特別レクチャーに関しては聴講可能ですので、定員50名までご参加いただけます。
node201301-1