カテゴリー別アーカイブ: FOOD

takerfaire

友人の竹村さんと有希さんが結婚し、そのパーティが先日行われました。
その名も「takerfaire」!
すごく楽しかったので、写真をUPしておこうと思います。

木材工場敷地内
寿司車に乗って登場
愛の溶接作業
丸太カットによる共同作業
豚の丸焼きの振る舞い
美味しい南米料理
MOBIUM×ワラビモチ愛好会×ミュージシャンのパフォーマンス
浜松Makerによる謎の劇団の不思議なショー
コーラメントスショー(新郎新婦コーラづけ)

いちいち全部楽しかったです!
私は光栄な事に、カードとウエルカムボードを作らせてもらいました。

食品実験講座 お菓子編  NO.3 Mrs.ウイロー風ういろう講座無事終了しました!

食品実験講座 お菓子編  NO.3 Mrs.ウイロー風ういろう講座無事終了しました!いらっしゃった方、お世話になった方ありがとうございました。参加者の方がテキパキいい感じの人ばかりで色々スムーズでした(フォローしてもらった感がありがとうございます!)。あとアイディア出しが予想以上に楽しかったです。次も流れが良くなるようにしたい。あと座学もそれなりにできたような、ただ、最後量が多すぎてみんなもう何も食べられない感じになってしまったので、ほどほどに美味しく食べられる量を心がけた方がいいんだな、、と思いました(夢にういろうが出てきそう、、)。

—————————————
いきなり一人一個作る
—————————————
蒸しながらアイデア出し

[idea メモ]
令子さん:キラキラにする
ドライフルーツ見た目がきれい
みかん、炊飯器にいれるととうもろこしごはんが炊ける
柿外郎(柿ジュース)

松村さん:カラフル、立体ういろう
抹茶、とうもろこし ストライプ状
ウイロー婦人を作る(立体的なういろうも作りたい)

塩田さん:
季節に合わせる
そもそもウイローあんまり好きじゃなかった、あんこ嫌いだった
子供の頃にチョコムースだと思って食べたら違って

才川さん:
無色透明
サッカリン(人工甘味料の一番甘いやつ)
石、クリスタルみたいなもの

かわむらさん:
ジェンガういろう
つまらないういろうを楽しく

しちさん:
バウムクーヘンみたいに積層したういろうを作ってみたい

前田さん:
ういろう天ぷら
さくっと揚げたら中がモチモチで美味しそう

みうさん:
ういろう大好き、わざわざ東京から!
ういろう最高!おばさんに喜ばれた
いちじく
まるいパーツで福笑いとか作ってみたい

フィリップ:
ういろうめんを作りたい
細く切ったういろうを
コーヒーとか、なんか液体にいれてトッピングとか

—————————————
チームを3つに
1.キラキラチーム
2.ストライプジェンガチーム(意外と積層系の人が3人いた)
3.カボチャ(ハロウィン)チーム
—————————————
蒸しながら座学と名古屋のおいしいういろうの試食
山中羊羹舗
愛知県名古屋市中区大須3-31-7

菊屋
名古屋市中区葵2丁目14-21

餅文の献上ういろ
セントレアで購入
鹿児島のういろうぽくみえたもの(餅でした)

名古屋のういろうと言えば、大須ういろ、青柳ういろうですが
これは誰でも食べた事があるだろうということで、敢えて日持ちしない
ちょっとがんばらないと食べれないものにしました。

—————————————

反省:
チームで作った分に関しては、分量が多すぎて、蒸すのに時間がかかってしまった
量はほどほどでいい

良かった点:
皆でアイディアを出すのは面白かった
最初に一人一個ずつ作るのはよかった

和菓子屋さんにインタビューしたこと
資料を割とちゃんと用意できたこと

調理的にわかったこと:
ういろうはレンジでちんしてはいけない(固く縮む)
切る時に、庖丁できるとめちゃくっつくので、糸などで切るとよい
蒸す量によって蒸し時間が変わるので、量のバランスを見極めてから作らないといけない
—————————————

次は「ちんすこう」を作ることが決まりました
多分12月、名古屋市内の生涯学習センターにて

NODEオープンハウスにて

今日はトランジットビルの2周年で、オープンスタジオがあり、
NODEブースでは作品の展示があったので、その横でミニミニワークショップをしてみました。
一度やってみたかった牛乳でプラスチックを作るというやつです。
まじめに簡単で、ただ、プラスチックというより、こげたチーズ焼き?みたいになりました。みていた友人が、ほとんどプロセスチーズと一緒だねと言っていました。
彼女いわく、お酢だとまずいので、レモンでやったら美味しくできたとのこと。

私が使った材料は
牛乳+酢だけ、
それで分離したものを水をしぼって、レンジでチンしたら、
カチコチになりました、がプラスチックには見えない、、、、

カゼインは分子全体としてマイナスの電荷を帯びており、カルシウムイオンやナトリウムイオンと結びつきやすい性質を持つ。 牛乳中では特にカルシウムと結合してカルシウム塩の形で存在し、結果として牛乳中でカルシウムの安定な運び屋として機能する。カゼインというタンパク質は酸によって固まる性質があるので、それを応用してヨーグルトが作られているそうな(乳酸がカゼインを固めることでヨーグルトができる)。

裸婦デッサンとお菓子と音楽

2015年6月27日 15:00-17:00に『裸婦デッサンとお菓子と音楽(と薬草ドリンク)』というイベントを行う事になりました
参加したい方は、私に連絡頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願いします

——————————–

『裸婦デッサンとお菓子と音楽(と薬草ドリンク)』
モデル:Yuko Nexus6

内容:
最初に少し七夕のおやつ、
いい音楽を聴きながら、Yukoさんをデッサンする
Yukoさんがなぜヌードクロッキーをしたいと思ったかなどを聞く
音楽:服部レコ太
七夕おやつ:フィリップ
テーマ:七夕
場所:音楽&薬草バー スキヴィアス

名古屋市中区錦1-15-10萬新ビル2階

電話:080-5129-2795

持ち物:画材(用紙、ペン)は各自ご用意ください
日時:2015年6月27日 15:00-17:00
料金:1000円+ワンドリンク別途注文(スキヴィアスにて)
主催:ワラビモチ愛好会

内容(だいたい2時間):
1.ドローイング1周目
2.休憩がてらおやつミニワークショップ
3.ドローイング2周目

■Yuko Nexus6:
1990年代よりMacintoshを使った電子音響作品の制作を開始。CD、ネットラジオ、パフォーマンスなどで活動。
1964年大阪生まれ。160cm 53kg。2014年、乳がんのため左乳房を全摘出。

■服部レコンキスタ(レコ太):
音楽&薬草bar Scivias(バー スキヴィアス)店長
映画音画「LINE」の音楽担当
雑誌『TOHO BOHU』に「ヒルデガルト・フォン・ビンゲン ある女性と音楽」を寄稿など様々な活動をしている。
音楽をかけてくれる、お酒、ハーブティなどを出してくれる

フィリップ:
ワラビモチ愛好会会長
今回は七夕にちなんだ7分おやつ調理ワークショップ担当

Yuko_Dessan20150627

美味しいかっちゃんプリン

昨年の6月に更新忘れに気づいてから1年、、ようやく免許とれた、、、、
感想をいうと直接受験はよほど慣れている人以外は全くおすすめしません、、学校にいくのの5倍の時間と、4倍のお金がかかりました、、、、(ていうのは車ぶつけたからなのですが、、汗)、かなり1年間精神を消耗しました(ていうか向いてないだけかもていうか最初から学校いけばよかったわまじで)。
でも最後にいいこともあった、茶屋ヶ坂かえりにあまりに憔悴し、たまたま見かけたクローバー整体に入ってしまったらタイ式でいい感じでした(30分2000円でしたがもっと長くやってくれた)。
帰る途中にたまたまプチフレーズの前を通ったので、大好きなサクサクシューをみやげ買ったあと、たまたま可愛い店長さんに一目挨拶しようと思い声をかけたら、かっちゃんプリンごちそうしてくれた!プリンもかなりおいしかった!!ということで、自分で自分を祝ってしまいました。あと家族に仮免の練習を手伝ってもらったりしてありがたかった。まじで疲れた、、、、免許直接はまじ大変もう二度とやりたくない

プチフレーズ http://www.petit-fraise.jp/

 

 

宇宙食を作ろう!vol2 GOCCOさんの教室にて

2015年1月26日にGOCCOさんで、宇宙食ワークショップ再びを開催しました。
GOCCOさんは『“楽”を通して現代の“連”をつくり出し、ビジネスの未来をデザインしていきます。』というおもしろい会社です(WEBの紹介文を引用)。

そこで、現在子供の教育の研究をしているとかで、その中の授業の1つとして、私が2011年の冬に「宇宙食を作ろう!」というworkshopをしたものの、子供向けバージョンをしてほしいと依頼がありました。
勿論よろこんで引き受けました!
生徒は2人で姉と弟の兄弟でした。
宇宙食の定義、歴史、宇宙でも食べやすい食器や厨房の装置についての勉強。
保存食作りなどをしました。

実際の宇宙の装置を作ったり使ったりしたかったのですが、実際の無重力空間は個人で作るのは難しいので、説明をしました。
今回はペットボトルを使った真空装置はなんとか作りましたが、自作で真空調理器を作るのは予想以上に難しいですね 汗。それでも宇宙という言葉には夢があり、宇宙食を勉強するのはステキだと思いました(現実は過酷だけど、、)。

でも、よく考えると宇宙ぽい重力感をだす方法とか、やりかた次第では出来るのかも、
次やるとしたら、この壁?を飛び越えて、更に面白いことをしたいと思いました。

サツマイモ好きが高じて、、

というか焼芋中毒でプレスリー状態です。

ついに家で干し芋も作ることにした。
はじめてなのでうまくいくか全くわからないけど楽しみ

結果:あまりうまくいきませんでした、、(一部うまくいったが、ちゃんと乾燥させないとだめみたいです)
来年もトライします

フットマッサージャでクッキーを

マッサージ機でクッキーを作るという記事を読んで、
自分のフットマッサージャでも出来るかな?とやってみたらやたら時間がかかったので
その日は泣く泣く、ケーキ用マーガリンでクッキーを作った。
DSC03402

DSC03403

DSC03405

今日は出来ていたバターはさぞかしうまかろうと思いつつも、いつもの色々入れたくなるくせで、小麦粉を半分ライ麦粉に、更にシリアルを入れ、焼芋も2本入れて作ったらもはやバターとかよくわからない(というかクッキーらしくない)謎のお菓子が出来てしまった。
(ゆるすぎて、型でぬくことが出来ないのでスプーンでぼとぼとと塊を落として焼いた)。
美味しいような気がするけど、普通のクッキーの方が美味しいようなきがした、、今日も試食のし過ぎで胸焼けしながら寝ることに、、

DSC03404

DSC03436

DSC03438

DSC03434