中国茶と寺散歩とワラビモチの会(食品実験講座)

9/29(土曜)9:00-12:00、中国茶会(岩茶、紅茶)を行うことになりました。
最初の1時間は、東桜のお寺巡りをして、その後、簡単な中国茶の解説+ゆっくり中国茶を飲む、
武夷山で入手した里芋のこなで作ったワラビモチに似た(ワラビモチ?)お菓子などを出す予定です。
大変いいお茶(正山小种、大紅袍、ほんの少しですが、金駿眉)も飲めます!

回应山房、曦瓜という素晴らしい茶園のお茶が飲めます!

また、会場の含笑寺さんもとても素敵なお寺です。
(心配なのは自分の茶の入れ方です、、練習せねば、、)
ぜひおいでください!

日時:9/29(土曜)9:00-12:00
場所:含笑寺(愛知県名古屋市東区東桜2-15-36)
料金:一人2000円(場所代、講座、お菓子、お茶含)
内容:
8:50 集合場所:地下鉄新栄駅 1番出口を出たところに集合
9:00-10:00 東桜のお寺巡り
10:00-12:00 含笑寺にて中国茶会
申し込み:下記のフォームからお願いします
https://goo.gl/forms/F3mXj3M1syDU2PN93

福建土楼と武夷山に行って来ました

ネット上で福建土楼と武夷山(中国茶の名産地)にいきましょうと呼びかけている方がいらっしゃり、昔から憧れていた土楼にいきたかったのと、中国茶の旅に行きたく、割といきなり旅に行ってきてしまいました^^;;
円形土楼は2008年に世界遺産に選ばれ、観光地化(日本でいうと白川郷のような感じで大家族が住んでいた集合住宅)していましたが、まだ実際に人もたくさん住んでいて、団地のような感じで面白かったです。
その後、武夷山という中国茶が有名な地域に行き、中国茶がこんなに美味しく高価なことに驚きました。というか、昔(10年以上前に流行った時)習っていた中国茶の講座で先生がいかに、高級中国茶が貴重で手間がかかるものかを散々力説してたっけ、、と思い出しました。確かにそれを知ることがまず第一歩目という感じだったなと。

あと、お決まりのワラビモチ作りもしてきました。がちょっと失敗、、どろどろになってしまった。

お茶農家に宿泊したのと、お茶と関係する場所ばかりで3日間過ごしたので、少しお茶の知識が増えたのと、中国茶をもちかえった(自分が買ったもの+超貴重なものをも頂いたりした)ので、近いうちにワラビモチ+お茶のイベントでもしようかと思いました。

トラブルもそんなにはなく、中国の交通事情は今や日本よりいいのではとつくづく思いました(1995年に初めて行った時は地下鉄もなかったし、ネットがなかったのでチケット買うのも大変だった。天安門広場の隣の切符売り場で2日並んで長距離列車の切符を買った記憶が)。
帰りに関空が台風で大変なことになり、私はセントレアなので帰れたけど、一緒に行った方は翌日になんとか帰れた模様。。お疲れ様です。
旅中にお世話になった方々、大変ありがとうございました!

Maker Faire Tokyo 2018 に参加します

Maker Faire Tokyo 2018 に参加します
もちインフォという名前で、食関連のブースにおりますので、
気がついたら気楽に声をかけてください!

Maker Faire Tokyoが無事に終わりました。きてくださった方、お世話になった方がた大変ありがとうございました。
もちインフォはもちを触ると、もちの情報が表示されるアプリです。
1日目は色々混乱し、忘れて、えらいことになっていました。一番ショックだったのがきなこを忘れたこと、、悲しかった!
2日目はちょっと落ち着いてきて、きなこもありましたが、ひたすらバタバタして、ひたすらもちの話をして、ようやく名古屋に帰ってきました。ここ数日間ずっとバタバタしすぎて気が狂いそうだったが、とにかく多分無事?におわった気がするので、よかったです。

※ 掛け軸がある写真はano研さん(隣のブースだった)の茶道ロボットとのコラボ、たまたま前に作ったミニ掛け軸を持っていたのであげたら、コラボ写真になったw(ちなみに福岡のannolabさんとは別チームです)

※ 宿泊でお世話になったところもとてもよいところで、わざわざ観に来てくださいました。
Art in residence江戸長屋「別館」 曳舟/京島/押上/浅草

夢工作こどもひろば2018

夢工作こどもひろば2018にて7/27(金)15:00-20:00に講師として参加します。
わたしはうちわを作ります!
大人も参加可能なので、ぜひ遊びにおいでください。
大曽根商店街(OZモール)で3日間行われるお祭りの中で行われています。
毎年よく賑わっていて楽しいですよ!
第59回大曽根七夕祭り


今日の大曽根七夕まつりの様子 うちわ作りの写真、最近の子供って絵が上手!とおもいました! 他の講師の方のとこも激混みだった。

ワラビ粉ワークショップ無事に終了しました 2018/07/07

ワラビ粉ワークショップ無事に終了しました。雨の中駆け足でしたが、ワラビ根を洗うところから、沈殿までと、ワラビモチ作りの両方を色々お話しつつ完了しました。

その後の水辺リングはクロノズだった!


あと、ダンサーのSenさんが整体屋さんを出店していて為になりました!(写真はお客さんとSenさん)

中川運河仕様のワラビモチ
青いものを付けて来るというルールがあったので、青いワラビモチを作りました。

参加頂いた皆様、協力頂いた森石油さん、中川運河リミコライン・アートプロジェクトさん、ありがとうございました!

水辺で乾杯at中川運河2018にて、乾杯前に蕨粉(わらびこ)作り+ワラビモチ作りワークショップをします

水辺で乾杯at中川運河2018にて、乾杯前に蕨粉(わらびこ)作り+ワラビモチ作りワークショップをします。岐阜県の丸豊農家さんで頂いた蕨根を使用します。
本ワラビ試食(一口)+ワラビモチ1パック(こっちは代用粉です)お土産に持ち帰れます。申し込んでくださる方はフォームからよろしくお願いします。
フォーム:
https://goo.gl/forms/3HINMeJVLrA3ApjA2

[日時]2018年7月7日(土)
1回目 15:00-(90分程度)
2回目 17:00-(90分程度)
※ ワークショップは15:00からの1回のみになりました。17:00からの分は行わないことになりましたので、よろしくお願いします。

[申し込み方法(フォーム)]:

[場所]森石油ビルの横
〒454-0004 愛知県名古屋市中川区中川区西日置2丁目12 西日置2-12-15
の森石油の向かい側
[料金]1500円
[内容]:
1.蕨粉作り(洗う、叩く、晒す)
2.ワラビモチ作り
3.試食
[用意するもの]:多少汚れてもいい服装

19:00-水辺で乾杯があるので、ワークショップ後に是非ご参加ください(詳細は以下に)、ビール以外を飲みたい人は持ち込み可、500円らしいです。
https://www.facebook.com/events/389910378166744/?active_tab=about
[講師プロフィール]:
フィリップ ワラビモチ愛好会会長 1997年からワラビモチに関わる色々な活動を行う。
phirip.com


水辺で乾杯は日本全国の水辺で7時7分にに同時に乾杯するイベントです。中川運河でも日本近代遺産、松重閘門が一望できる森ビル最上階にて乾杯致します!

ミズベリング@中川運河 by Limicoline art project

7月7日(土)集合です!
集合 18:00〜 森石油ビル屋上
       (中川運河アート&リサーチラボ)
乾杯:午後7:07

参加費1000円(1dk)
未成年、ノンアルコールの方は500円
中学生以下無料

名古屋生まれのクラフトビール
Yマーケットの生ビール準備中です。
※クラフトビール(杯/500円)
 お願いします。
※ビール(杯/350円)

ドレスコード:青(どこかに青いものを身に付けててね)

乾杯方法はこちら!
https://mizbedekanpai.mizbering.jp/index.html#houhou

屋台や便乗して出店、イベント、パフォーマンスしたい方募集します!

関連イベント

「蕨粉とワラビモチを作るWORKSHOP」
講師:フィリップ(ワラビモチ愛好会会長)
時間:15時から、17時から(各回とも90分~2時間)
料金:1500円
内容:
1.蕨粉作り(洗う、叩く、漉す、晒す)
2.ワラビモチ作り
3.試食(本蕨と代用粉の食べ比べ)

「接骨くんの超接骨施術ー身体の悩み相談室ー」
10分500円

糸川亘(イトカワセン) スタジオS代表
柔道整復師/日本コアコンディショニング協会インストラクター
ダンサー。主にスタジオでコンディショニングを指導。出張でのグループワークやプロダンサーのツアーに帯同など。

飲食
・安原弘高おでん店(おでん代実費)
・ポップコーン屋さん

椿魚市場で魚を買って調理して食べる会 無事終了しました

ワラビモチ愛好会 フィールド型ワークショップ#02 + 食品実験講座
「椿魚市場で魚を買って調理して食べる会」無事終了!
椿魚市場で買った美味しい魚を一杯食べました。

結構ハードな会に参加頂いたみなさま、また、魚市場の方々、三楽座のおかみさん、生涯学習センターの方、ありがとうございました。

ワラビモチ愛好会 フィールド型ワークショップ#02 + 食品実験講座vol.6

椿市場を見学、魚を購入して、調理してランチにする会を開きます。
今回の1番の目的は、椿市場です(5月に終了してしまうため)。
朝が早いですがよかったらおいでください。申し込みは下記から https://ichiba-jikken-food01.peatix.com/view
——————————————
[追記]
11:00- 食べるだけの人も募集します!(食べるだけの人も割り勘になります)。
申し込みフォームのその他の部分に「食べるだけ」と書き込みください。
——————————————

ワラビモチ愛好会 フィールド型ワークショップ#02 + 食品実験講座vol.6

日時:2018年4月28日(土)8:00-13:00
集合場所: 大名古屋ビルヂング前 8:00集合
費用:基本材料費500円(調味料と副菜,お茶はこちらで用意します)+椿市場での魚購入費+生涯学習センターの利用料(2400円)を参加人数で割った分がかかります(魚料金と参加人数次第で変化しますが、トータルで多分2000円位かと思います)
宿題:どんな魚料理を作るか考える
申込方法:https://ichiba-jikken-food01.peatix.com/view

[フィールドワーク]
– 柳橋市場
– 椿市場(ここで魚を買う)
– その他(検討中、近日中に公開)

[実習と食事とミニ知識]
– 中村生涯学習センターに行き調理
– 昼食と片付けと魚のミニミニ学習

終了

ちらし

中村の市場巡りと食品実験講座を行う予定です

ワラビモチ愛好会 フィールド型ワークショップ#02 + 食品実験講座を行う予定です

日時:2018年4月28日(土) 8:00- 13:00
費用:魚代(多分みんなで買って後で割る感じです)、生涯学習センター代を人数で割った分、調味料とおかず代
申込方法:
内容:
– 大名古屋ビルヂング前に 8:00集合
– 柳橋市場
– 椿市場(ここで魚を買う)
– その他1,2カ所寄る(検討中、近日中に公開)

– 中村生涯学習センターに行き調理
– 昼食と片付けと魚の話

終了

ワラビモチ愛好会 フィールド型ワークショップ #1 終了報告

中村区散策会終了しました。
ご参加してくださった皆様、案内をしてくれた吉岡マイスター、浅野製菓さん、筧さん大変ありがとうございました。参加者は名古屋スリバチ学会の方が多く、スリバチさんに感謝。

以下報告です。

9:00 名古屋駅の西側出発

吉岡さんが旗を持って、噴水の前で待っていてくれました。
なんと、中村案内人の女性2人も同行!計9人。
みんなにおやつを配る(ワラビモチとおせんべいと缶コーヒー)

まず行ったのが、
– 椿魚市場


> なんと水曜休みでしたTT 近日中にもう一度行ってみます。
元々ここが近いうちに無くなるということで、散策したいと思ったのが今回の始まりでした。

– 三楽座
> なんと、ここも事情あって観に行けなくなりました、、

途中
– 椿神社、

– 駅西韓国街、

– 笈瀬通、

– カッパ商店街、
– 地蔵湯前などを通り、

暗渠について話しながら、歩きました。

– 浅野製菓(金太郎飴)
> 飴を練る所から、包装する所から一通り見学させて頂けました。
職人さんたちが手作りで、注文のデザイン通りの金太郎飴を作っていて、とても面白かったです。帰りにお土産(沢山の飴)まで頂きました!
あと、今気づいたのですが、こんなところでも紹介が!

 

 

– 熊野社

– 米野公園

– 筧家住宅主屋(江戸時代末期/登録有形文化財(建造物))
きりっと袴を着こなされた筧さんから、筧家住宅主屋の説明後、なんと、ここでサプライズが!筧さんとお子さんたちと参加者の一人Sさんがなんと、満開の桜を背景に、お能の演奏をしてくださいました。
筧さん(謡)とSさん(笛)、娘さん(鼓)と息子さん(大鼓)。
見事な演奏に皆感動!


その後、向野橋についての詳細な説明や、色々なお話のあと、
お能の練習場見学と、三昧と向野橋に実際に行き、説明を聞く

– 三昧:昔このあたり(大きな駅があった)で行き倒れた人を祭ってある神社。
静な住宅街の隙間のような場所(言われないとわからない)、にかわいい石仏が祭ってあった。現在筧さんが、この建物の修復をしているとのことで、筧さんの作った向野橋のカラー地図を購入すると、ここの修復費にあてられるとのこと。

– 金山神社:由緒のある神社であるとのこと。
石大工の名残の話などを聞く。

– 向野橋に関しては、普段すごい跨線橋だなとしか思っていなかったので、
トラス構造とか、ここからはアメリカ製だとか聞いて始めてわかるような話を沢山聞けた。

12:00 解散の予定が14:30頃に!筧さんの話が面白いので、次に筧さんの所を伺うときは、長め(短くても2時間)はとっておくべきだと思った。
終わったあとに、見学させてもらった所にお礼に行ったが、なんと、スマホを忘れてしまい、道に迷う。近くの薬局で地図を見せてもらったり、近所の人に聞いて、なんとかたどり着けた。浅野製菓の場所は米野らしい細い路地にあった。筧家は向野橋近く!と覚えていたので、意外とすんなり行けた。