久しぶりに瀬戸に、初めて?多治見に

奈良の友人がタイル探しに瀬戸〜多治見にくるときき、便乗して2016年以来必死ぶりに瀬戸に行って来た。窯垣の小径〜赤津の窯>>喜多窯 霞仙飽津窯 宮地生成工房、本業窯(カフェ、ギャラリー)。

多治見では、セラミックプラザ、タイルミュージアム、カフェ ド ソレイユ、カトリエムメゾンに行きました。

窯垣の小径

喜多窯 霞仙

喜多窯 霞仙さん
霞仙さんのうさぎ
カメ
霞仙さんのギャラリー

飽津窯 宮地生成工房

お仕事中の宮地さん
宮地さんの面白い動物
宮地さんの面白い器
昔から瀬戸物の屋根は今では珍しいという説明をしていただきました
窯横カフェのランチめちゃうまい
窯横カフェ、おいしかった!
多治見のセラミックプラザ
多治見タイルミュージアム、面白い形

カフェ ド ソレイユ
カフェラテもシフォンケーキもすごく美味しかった!
多治見 カトリエムメゾン
素敵な植物の店

+ たまたまインタビュー + vol.19「原田直樹さん」 

————————————————————————————–

時々寄稿しているメルマガ「ヌートリア通信」の記事をブログにも投稿することにしました

今回は、名古屋を代表するMakerの原田直樹さんです。ステキなLEDバッジやピタゴラスイッチのような装置を大量に作られていて、テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア、工作ワークショップなど各種モノづくり系イベントの出展など多方面で活動されています。

MakerFaireKyoto2020に出す予定だった新作マーブルマシンとバッジ

フィリップ(以下P):「こんにちは、原田さんの自己紹介を簡単にして頂けないでしょうか?」
原田さん(以下H):「学生時代に藤幡正樹さんのLED作品に惚れ込んで現在も続くLEDバッジ作り、1997年からWebサイト『〈カタログで見る〉電子楽器博物館』の運営。2008年からシンセサイザーの自作、マーブルマシンの製作に取り組んでいます。」
P:「藤幡氏のLED作品はどこで知ったのでしょうか?」
H:「マイコン雑誌「RAM」の記事です」
P:「BASICマガジンとかはよく聞くけど、RAMははじめて聞きました。どんな雑誌でしょうか?」
H:「今で言う”パソコン”、昔マイコンって呼んでましたね。その雑誌です。」※1980年前後には『I/O』『月刊マイコン』『月刊アスキー』と並び「4大誌」と称された(wikipediaより)。
P:「マイコン雑誌と聞くとなんか心が震えますね。私は原田さんのLEDバッジが好きで、見ると全種類欲しくなってしまいます(現在5個もっています)、現在何種類あるのでしょうか?」
H:「新作ごとに番号を振っていて、現在53です。」
P:「53種類ですか?ビックリです。」
p:「どの作品もとても細かくきれいでよくこんなものを人の手で作るなあ、、と毎度驚きます。作っている時はどんな気持ちで作られているのでしょうか」
H:「特にハンダ付けのときは無心です。」
p:「すごいですね。最近はどんなものを作られていますか?」
H:「古いLEDが手に入ったので、LEDが使われ出した1970年前後の出来事だった米国アポロ計画に引っ掛けてバッジを作りました。」

2020年新作LEDバッジ


P:「古いLEDはどこで入手されたんですか?」
H:「長野の電子部品店です。」
P:「なんと!見たらまた買ってしまいそうw今回はいきなりインタビューにお答え頂き、ありがとうございました!バッジのことばかり聞いてしまいましたが、実はマーブルマシンも相当すごいので、下記のURLを見て頂けたらと思います。東急ハンズ名古屋店にも設置してあり、いつも子供がかじりついているのを見かけます。マーブルマシンの方は作りだしたきっかけが、NHKのピタゴラスイッチを息子と見たこととのことですが、それだけでここまで作るのかーという。」

denha(原田さんのマーブルマシンの動画チャンネル):https://www.youtube.com/user/denha

氷点下の森の氷祭りに参加して来ます

直前になりますが、2020/02/08 今年も氷点下の森の氷祭りに参加して来ます。今年はわかめ兄貴と可愛い小6ガールと一緒に「わらびほりのうた」をうたう予定です。岐阜県の北西部になりますが、よかったら遊びにおいでください。

氷点下の森 氷祭り https://www.hidaasahi.jp/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E6%83%85%E5%A0%B1-1/%EF%BC%92%E6%9C%88-%E6%B0%B7%E7%A5%AD%E3%82%8A/

津島の散歩と展示トークイベントが無事終了しました

昨日津島展示の散歩とトークイベントが無事?に終わりました。来てくださった方や、関係者の方ありがとうございました。ちょっとやばいアカダクツワラビと、胡麻わらび、黒糖わらび、最後になんと「焼き芋庄ちゃん」の差し入れが!!うれしすぎた。

今回実験的に、あかだの製法で米粉をわらび粉に変えて作ってみたが、揚げていた時に爆発し、顔に火傷、、わらび粉で作るのはむずかしいことがよくわかった。しかし食べれないことはなかった。少しおかき的な。また、ワラビモチを揚げてみたらやはりうまくいかなかった。あかだは米粉で作ろう!

散歩については、今回は下調べする時間がなく、ネットで数時間調べた情報を頼りに、津島駅〜津島神社の間あたりの寺社散策を行なったが、それでも古き歴史のある場所なので面白かった。少し足早だったが寺社は計17箇所巡った。

焼き芋庄ちゃん :中村区や津島に割と近い大治にある評判の焼き芋屋さん、焼き方にこだわりがあり、普通の焼き芋より美味しい。焼き芋プレゼント箱などもあって、贈答品としても使えると思った。

Over Coffee:コーヒーもデザートも美味しい津島のオアシス的カフェ。チーズケーキとコーヒーを同時に頼んだ時の幸福感が半端なかった。

つしまアートスケープ:今回お世話になった津島のアート企画

アカダクツワラビ イベント情報

なんとか今日イラストの設置をしてきました。
タイトルは「アカダクツワラビ」で、
イラストのテーマは「中村区から津島まで」になっています。
OVER COFFEEさんのコーヒーもデザート類もとても美味しいです。
ぜひおいでください。

展示場所:OVER COFFEE
開催期間:1/13-3月頭くらいまで(終了日は未定)
愛知県津島市東柳原町1丁目46番地
津島駅から徒歩10分、駐車場あり

WEB:https://overcoffee-cs.com/

1/26(日)アカダクツワラビイベント情報

  • アカダクツワラビトーク
    1/26(日)18:00- トークイベント(60分-90分ほど?)
    内容はアカダクツワラビと、津島についてです。

料金:1000円
場所:OVER COFFEE
OVER COFFEEさんの珈琲、ワラビモチ、アカダクツワラビ付

  • アカダクツワラビ
    1/26(日)16:00-津島駅集合で、津島駅周辺散策(主に神社、寺めぐり)を開催します。
    アカダクツワラビを津島神社にお供えする予定。
    料金:300円(資料費)

参加される方は下記のフォームに申し込みをよろしくお願いします。
https://forms.gle/MqLjqGNcLuGEGLUQ6

Over Coffee at 津島 での展示の様子

津島のOUT COFFEEというカフェで「アカダツクワラビ」という展示をします

2020/1/13から、2020/1/13から、つしまアートスケープにて、(場所は津島のOUT COFFEEというカフェ)で「アカダツクワラビ」という展示をすることになりました。1/13から2ヶ月間あるので良かったらおいでください。期間中の日曜にトークイベントがあるので、また追って告知させて頂きます。 

もし津島について何か知ってみえる方がいらっしゃれば回答願えないでしょうか、作品の参考にさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。 https://forms.gle/ajcJQhzCTxtDHriP8

つしまアートスケープ

https://www.facebook.com/tsushimart2016/

サウンドデザインファクトリーに参加します

12月7日(土)・12月8日(日) の2日間、「サウンドデザインファクトリーin浜松2019」に参加します。 ライブ(明和電機、ピアノニマスなど)、展示、トークなど楽しそうなイベントなので、ぜひ遊びにおいでください!

開催日:令和元年12月7日(土)・12月8日(日) 2日間

時間:10:00〜17:00
※サウンドミートアップは7日(土)18:00‐21:00

会場:浜松市鴨江アートセンター

https://www.hcf.or.jp/sdf2019/

ウタイ水車とMINAMO
NODE(河村陽介)
NODE(フィリップ)
水車が動くと歌が流れ、音に反応してMINAMO(水鳴面)が光ります。

無事に終了しました。来てくださった方、関係者のみなさま、手伝ってくれた方々、大変ありがとうございました。

今回投稿していただいた俳句(自作も含むw):
かしわもち たんごのせっくは かしわもち フィリップ
ちまきむす ちゅうごくでんらい こどものひ フィリップ
ひしもちは ももしろみどり ひなまつり フィリップ
はなびらもち たべるとしょうがつ じっかんする フィリップ
さくらもち しおづけのはは いずはんとう フィリップ
なたもちを つじにおいたら ふりかえるな フィリップ
へそだんご おなかへこます おつきみに フィリップ
へそだんご おなかへこます ぬすみぐい フィリップ
くりきんとん あきをかんじる ほくほくと フィリップ
あわもちは むかしのおもかげ かみむらの フィリップ
きびもちは みずにつけると ながもちだ フィリップ
ようかもち はじめとおわりを かんしゃする フィリップ
むかえだんご ひがんになると そなえるよ フィリップ
ぼたもちで えびすだいこく まつりだよ フィリップ
おくりだんご ひがんがあける またらいねん フィリップ
なげもちは いつでもみんな おおさわぎ フィリップ
けいももち かみがかえるひ おむかえに フィリップ
おひもちは じゅういちがつついたち もちそなえ フィリップ
かてめしじ ざっこくざっそうにて いきのびる フィリップ
おぞうにに さといもいれる いなさちょう フィリップ
くりもちは くりななこめさん まぜてつくる フィリップ
じゅうがつに いのこぼたもち そなえるよ フィリップ
もちがつお もちもちおいしい もちがつお フィリップ
しわすがわ わたらぬさきに つぼもちを 藤田賢一さん
とちもちの きをきるばかと うえるばか 水窪町
法多山  名物団子 美味しいよ
柏餅  本川根町では シコクビエ
弘法黍  ナマ粉を熱い お湯でとき
春野町 弘法団子に  蜜の酒
神の迎 ゼンボとムカゴ  本川根
キビダンゴ トウモロコシで  水窪は
水団は 折れ米屑米  団子だよ
遠州では  金山寺味噌は なっとうと
年取りもち みごでもちきり かぞくわけ
収穫祭 ヤキゴメブルマイ いなさちょう p213
里芋と 甘露を煮つぶし 亥の子餅
味噌煮込み 麺の硬さが おいしいの あまり
ひらたくて やわらかいけど こしがある 下
さわやかの かんぱいすこし はずかしや あとむ
しらすどん 朝の食卓 いつもの風景 しらすどん
しょうゆバター 年降る毎に バター減り 吉田朝麻
ゆでたナス いった金ごま 地粉うどん おにおん
事故防止 時間の余裕が 第一歩 浜松さん
お雑煮は とりのささみや さといもを 詠み人知らず
うなぎパイ うなぎじゃないよ おかしだよ オカムラ
さざえさん 静岡県では バリかつを 詠み人知らず
えんしゅうやき たくわんが入ってる お好み焼き えんじにあ
包み込む 餃子のまち はまのまつ もちもちの木
はまなっとう ぜんぜんたべない はまきたでは
プレパトで 俳句を学び でなおしだ
シュウマイは 揚げても焼きでも 美味しいの 木村佳
だしの味 薄口濃口 どっちだろう あっくん
えびいもと あむーるめろん いわたしの
寒い時 こたつで食べる 水ようかん 武生出身者
さくらごはん しょうゆだけで おいしいよ 静岡東部
いろんなおと みるきくかんじる たのしい日 ダンク
みたかでは じんだいじそば めいぶつだ
観光用 ネイビーバーガー 海軍カレー 横須賀出身
縁側で お茶とみかんで 日が暮れて Bikki
海遠く やはぎの流れ みそたくさん 津田佳紀
たてまえで 丸もち角もち まかれるよ フーミン
たてまえの もちなげ盛ん いわたしよ
おこげ好き さくらごはんの えびす講 さわ

プリン会のふりかえり

プリン会のふりかえり:

注:一番好きなのはワラビモチや餅系です。しかしプリンも好きです^^;;今回やってみて、やっぱりもちはいくら食べても美味しいけど、プリンはそこまでではないこともよくわかりました。しかし、またプリン会も行う予定です。

洋菓子店slow:
とてもおしゃれで焼き菓子やカヌレがめちゃ美味しそうだったが、
プリンがマンゴープリンしかなかったのと、イートインが無かったため、今回は店内を覗いただけだった。

途中の喫茶店 (由美):
もしかしてこういう店にプリンがあるのでは?と思わせる外観だったがちょうど
13:00過ぎた頃だったので、ランチっぽい客がいたので入りづらく今回は入らなかった

途中のパン屋(プレジャパーティー飯田町店)
もしかしてこういう店にプリンがあるのでは?と思ったがプリンは無かった。
代わりに「アイスパン」という不思議なパンがあったので購入。
デニッシュにバニラアイス、もしくはチョコアイスが挟んであって、昭和懐かしい感じだった。

ティスリーリムーザン
いい雰囲気のケーキ屋、イートインも気楽にケーキを食べられる感じだった。
プリンと、プリンアラモードを頼む。
プリンの方はいわゆる生クリーム入りの今時の柔らかいプリンで、洋菓子のプロが作った味だった。
プリンアラモードはフルーツが豪華に盛ってあり、プリンの印象が薄かったが、プリンは硬めで私もプリン会さんも好みの固さだった。帰りにプリンの入っていたカップをもらえたのが嬉しかった。

ボンボン
ケーキの種類が多く、プリン以外のケーキにも心惹かれた。
プリン会さん的には、今回食べた中で味は一番好き(硬めで、カラメルが苦くない)とのこと。
確かに美味しかったが、帰りがけに売店側のショーケースを見るとあと2種類くらいプリンを使ったケーキがあり、最初にショーケースを見るべきだったと思った。どれも美味しそうで昭和な感じ。

純喫茶ライオン
純喫茶というよりは、おしゃれな今時のカフェという感じだった。
プリン会さん的には見た目と固さは一番いいとのこと。
カラメルが苦めだったので、私は今回の中では一番美味しいと思った、しかし
ちょっと高いとも思った。プリン会さん曰く、ああいうプリンは手間がかかるから、とのこと。


今回は
名古屋プリン会:プリンは硬めが好き、カラメルは甘いのが好き
ワラビモチ愛好会会長:プリンは硬めが好き、カラメルは苦めが好き
の2人でプリンの食べ歩きをしました。


次のプリン会は行うとしたら西区になりそうです。

以上ふりかえりでした。