カテゴリー別アーカイブ: CINEMA

ヒスロムツアー 2015 at Nagoyaにワラビモチ持っていきます

ヒスロムツアー 2015/7/15
「まちをきく – 総重量3トンの道中伝記-」
にワラビモチで参加します!
なんと、映画監督の柴田剛さん(おそいひと、堀川中立売の!)も一緒にいらっしゃるそうです!!
とても楽しいと思うので、ぜひおいでください。

[無事終了 感想]
私は蕨餅を持ってくだけの係だと思っていたら、なんと10分時間を与えてもらった。
hyslomの吉田君が何度かコンタクトをとってきてくれたのは、実は出てくれってことだったのね、、と気づいたのは当日(準備で忙しすぎで色々伝達できなかったらしいw私も気づけよ)。私はわらび餅とくず餅の食べ比べを実験しました。

あと柴田剛さんの相変わらずすごい作品の上映(本人もかなり面白い雰囲気の方だった)、
hyslomのパフォーマンスは、、かなり驚いた。
あれはもっと多くの人に目撃してほしかった。
というくらい力があった(ていうかマジ力仕事)。

あと余談ですが、柴田剛さんの「おそいひと」、「堀川中立売」は観るべき作品だと思う。

—————————————–
ヒスロムツアー 2015
「まちをきく – 総重量3トンの道中伝記-」

7/15(水)19:30〜22:00
まちをきくⅢ
名古屋 @パルル/parlwr
愛知県名古屋市中区新栄2-2-19 新栄グリーンハイツ 1F
柴田剛・ヒスロム
料金2,000円(1ドリンク込み)

ヒスロムツアー
ヒスロム(アーティスト・グループ) と柴田剛(映画監督) の映画上映とパフォーマンス
2015.7.15(wed)19:30- @ パルル/parlwr

hyslom

hyslom/ヒスロム
http://hyslom.com/

2009年からhyslom/ヒスロム(加藤至・星野文紀・吉田祐)は山から都市に移り変わる場所を定期的に探険している。この場所の変化を自分たちが身体で実感する事を一番重点に置き、その時々の遊びや物語りの撮影を行う。ここでの記録資料を作るにあたり、映像、写真の他に出会った人々を演じることや、日記、スケッチの作成、立体物の制作やパフォーマンスなど様々な方法を試みている。2012年第6回AACサウンドパフォーマンス道場で優秀賞を受賞。

hyslomの動画
https://www.youtube.com/watch?v=rzSY7ed8G3E
映画監督の柴田剛さん
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E7%94%B0%E5%89%9B

“仕事になっちゃったら面白くないからさ” シネマテークスタッフが語る名古屋映画館事情 2008年のpodcastを文字おこししてくれた

http://www.ascii.fm/entry/2015/04/04/140110を、ascii.fmさんが文字起こししてくださいました。びっくり!
ascii.fmさんは、気になるポッドキャスト・ラジオ・動画を書き起こしていく文字が大好きなチームです。
(というか、スタンドファームのトヨシさんが趣味でやっているものです)。ちなみにスタンドファームさんはMisocaというとても便利な請求書サービスなどを作られています。
なんと物好きな!
ascii

追記:シネマテークさん曰く、気楽に話してたり、今となっては変わって来た部分もあるので、一杯修正したい部分があるけど
まあ、それはそれでいいよね、とのこと。この話は2008年のはなしです

2010/8/1 夏のかなやま音像祭でパフォーマンスします

夏のかなやま音像会

というイベントに
ライブ枠で参加する事になりました。
名芸の学生さんが主体で企画されたもので、夏の素敵なイベントって感じです。
私は南米系の珈琲大好き(コロンビア、ロースト)なんで、うまい珈琲が飲めそうだと期待をしていたりしますw

以下詳細です

夏のかなやま音像会
 日時:2010/8/1
    open 19:30
    start 20:00
 料金:1500円+1ドリンク
 会場:ブラジルコーヒー
    名古屋市中区金山4-6-22コスモビル1F
    金山駅北口より徒歩3分
    →アクセスページへ
 主催:ブラジルコーヒー、佐藤美代
 協力:林緑子(ANIMATION TAPES)
    吉田雅彦(TAFF)
 企画:佐藤美代
 web :http://onzoukai0801.web.fc2.com/index.html
前澤あい
 後援:名古屋芸術大学
 共催:金山橋連合商店街振興組合

「夏のかなやま音像会」はアニメーションを主とした映像作品の上映、また、様々な表現形態で活躍なさっているアーティストのライブを企画したイベントです。
映像と音楽とは切り離せないもの同士であり、同じスペースで上映、ライブをやることによりエンターテイメント性が増し、観る側もさらに楽しんでもらえるのでないかと思い、こういった催しをすることにいたしました。
映像作品は、主に東海地区や関東地方で出会った作品を計20作品上映し、ライブでは出演するアーティスト2組とも東海地区を拠点に様々な場所で刺激的な活動をされているアーティストのライブを行います。(佐藤美代)

top-1

みんなで育てるアニメーション

みんなで育てるアニメーション
というイベントが行われるようです。名古屋でここまで
アニメーションの大きなイベントは珍しいので楽しみです
11/3はなぜか私も司会で参加することになりました

視覚文化をめぐる学際シンポジウム
 [みんなで育てるアニメーション]
2008年11月1日(土)-3日(月・祝)12時-20時
名古屋大学・野依記念学術交流館
参加費 無料と有料(1プログラム学生500円/一般700円)
主催: [みんなで育てるアニメーション]実行委員会
後援: 日本映像学会中部支部

【上映企画】
1日目: animationsoup、ANIMATION80、近畿アニメーション協議会事務局、TACなど
2日目: 国内学生作品
3日目: 相原信洋氏、Animations新作、木下蓮三氏、眞賀里文子氏、村田朋泰氏など

【講演】
1日目:「上映会のつくり方」 
出演 浅野優子氏、ヨシムラエリ氏など
2日目:「進化する映像表現とアニメーション教育」
パネリスト:笠原浩氏、杉井ギサブロー氏、古川タク氏

【ワークショップ】 
トリガーデバイス、スタジオきんぎょ

【展示】
名古屋学芸大学アニメーションプロジェクト、DOTMOV FESTIVAL 2008

JOY DIVISION

シネマテークにて
金曜夜で最終日だったせいか席は満員だった
すっごくかっこよかった

ニューオーダーのレコやCDは持ってるけどJOY DIVISIONは視聴したとき
あまりの暗さに、やめてしまった記憶があるが(新宿の某レコやで)
このドキュメンタリーを観て、私の感覚は間違ってなかったと思った
(実際ものすごく暗い歌詞だったことがわかった)

ただ、やっぱり聴いておくべきだったとすごく思った
かっこよすぎる、そして、最初にパンクに衝撃を受けた話とか
私が初めてプラスチックスを聴いた時の衝撃と一緒だと思った。
今でも私の人生のなかで一番衝撃が走ったのはあの時だったと思うもん
その割には全然音楽活動ちゃんとやってないけど、それはそれでいいのだ!