MOBIUM FINAL TOURについて

実は3月末に2週間ガッツリ参加していたのですが、バタバタしてて事後報告的な感じに。。

SHIFTに記事を書いたのですが、最初に書いた長い版をはっときます。
それにしても記事的な文章しばらく書いてなかったら、なんか難しいと思った。

写真はあとでまた時間が出来たら貼っときます。

SHIFTの記事 MOBIUM FINAL TOUR
モビウム・ファイナルツアー
http://www.shift.jp.org/ja/archives/2016/05/mobium-final-tour.html
finaltour_titleimage

MOBIUM FINAL TOUR 2016 旅行記
■コンテンツ:
概要

参加アーティストと作品の紹介

スケジュールと旅記

■概要

MOBIUMは河村陽介(LOZI)が2005年より立ち上げた移動型バスミュージアムで、今年で10周年になる。
車体の老朽化により、もう長距離移動は難しくなって来たので、今までお世話になった方々にバスがあいさつ回りをする長距離ツアーを計画した。
元市バスで、高速用ではないため、ひたすら下道でゆっくり移動するという、ハードな旅だったが、無事に帰って来れたので、MOBIUMクルーの一員として旅行記をここに記そうと思う。
(photo01.png 今回のメインビジュアル、photo01_02.jpg 運転している様子)
河村氏は、2011年からNODE(http://www.node-lab.org/)というメディアアート作品を作るプロジェクトも開催し、月に2回「メディアアートの勉強会」を行っている。毎年テーマを決め(2012年はプロジェクションマッピング、2013年はウェアラブル、2014年は音と光だった。)、アイディア出し>プロトタイピング>実際設置しての実験>展示をしている(http://www.node-lab.org/?p=998)。
2015年度はテーマがMOBIUM(移動、ジオ)で、
1年間かけてMOBIUM(移動)をテーマに勉強会を開き、この会の参加者や、MOBIUMに興味を持ったアーティストが作品を展示をした。

■参加アーティストと各作品の紹介:
河村陽介(LOZI)の作品は「風景と連動して動作するシャッター装置」。バスの動きと連動するシャッターの機構を持った調光装置。。
(lozi01:風景と連動して動作するシャッター装置、
lozi02:バスが振動すると音をランダムに発する装置)

愛知淑徳大学 萩原ゼミ(小木曽 護・佐野 史織・鈴木 智捺・山口 悠希)は、「Pack
Tour」という作品をバスの移動とともに作って行った。真空成形器で型を作る装置を自作し、各地で特徴をとらえたお土産品を購入し、次々と型を作成。最後は影絵のアニメーションを作る予定。

萩原ゼミ 制作、実験の様子
http://hagilab.info/post/141143973185/%EF%BC%93%E6%9C%88%EF%BC%91%EF%BC%96%E6%97%A5-pack-tour%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88-%E3%83%90%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E7%B7%B4%E7%BF%92
(hagihara01.png : 装置を作る、リサーチ、試行錯誤、影絵のイメージ、
hagihara02.png :展示の様子)

小濱史雄は、リアルStreet view (MOBIUMバージョン)という、Google EarthのStreet
viewを用いて、インターネットの通信速度で見え方が変化するというテーマの映像作品を制作した。
小濱史雄サイト:http://fumiokohama.com/
(kohama.png :リアルStreet viewを作っている様子と、実際の映像)

復本寅之助はメディアアートの勉強会に2012年から参加していたのをきっかけに、MOBIUM】×【ゆるキャラ】÷【テクノロジ】=>【もびうむ。】という作品を作った。作品の目標は「ゆるキャラとテクノロジの共演による新たなコミュニケーション」。
(fukumoto.png : 【MOBIUM】×【ゆるキャラ】÷【テクノロジ】=>【もびうむ。】)

佐藤元紀は、「連動するコンセント レンコン」という作品を作った。
バスのボタンを利用する回路を作った。乗客が押すストップボタンのハッキング作品。
(sato.png :連動するコンセント レンコンとバスの押しボタン)

hrr
作品名:mobiumtracker
内容:MOBIUMの位置情報をスマホでリアルタイムに表示するWEBサービス。
(hrr.jpg :mobiumtrackerとhrr)

PHIRIPはバスの車窓からの風景を食べたいと考え「景色を食べる」という作品を作った。
窓の風景がどんどん変わって行く中で「この風景がいい」と思った時に、スイッチを押して風景をキャプチャすると、お茶を選んでくれる。
ワラビモチ愛好会サイト:phirip.com
(phirip.png :左 景色を食べる、右 ワラビ屋台)

■スケジュールと旅記:
2015年4月から開催までの1年間、月に2回の勉強会が行われた。
(study01.png 勉強会の様子,study02.png バスでの実装実験の様子)

2016年3月7日[月]-14日[月] 準備
(jyunbi01.JPG、jyunbi02.JPG)

2016年3月15日[火]〜4月3日[日]
・3/15  情報科学芸術大学院大学[IAMAS]
・3/17  名古屋大学豊田講堂前
・3/19-20 松本市
・3/21  TAKE SPACE FabLab浜松
・3/23-24 NPO法人 淡路島アートセンター
・3/25-26 NPO法人 BEPPU PROJECT
・3/27-28 山口情報芸術センター[YCAM]
・4/3  八広 highti *東京都ディーゼル規制のためバスは来ません

・3/15  情報科学芸術大学院大学[IAMAS](http://www.iamas.ac.jp/)
まだ初日で、設置や実験を兼ねた展示だった。夕方には色々整って来て、夕方のミニツアーとプレゼンには、人が集まって楽しんでくれた。(iamas.png
IAMAS前の展示の様子)

・3/17  名古屋大学豊田講堂前 名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」 http://www.ilas.nagoya-u.ac.jp/clas/
春休みという事もあり人は少なめ、しかし、さすが名大、専門的な意見を言ってくださる方もいたり、バスの黒板には落書きではなくて、子供が数学研究者に数学を習って、数式がびしっと書かれていたのには驚いた。
(meidai.png 名古屋大学の展示の様子)

19日の早朝に名古屋大学に集合し、松本市に11時頃着。

・3/19-20 松本市 信濃毎日新聞(http://www.shinmai.co.jp/)の新社屋建設予定地
旧市街に新しい建物が建てる場合は、遺跡の発掘をしないといけないとのことで発掘現場。観光地や、街の中心地を行き来する人々が観に来てくれた。
(matsumoto.png 松本市の展示の様子)松本は魅力的な街でした。

20日の夕方17:00頃に松本市を出発し、深夜2:30頃に浜松に到着。山道は険しかった。道の駅も既に閉まっており、ほとんど店が開いてなくて少し飢える。

・3/21  TAKE SPACE FabLab浜松 (http://www.take-space.com/)
東ふれあい公園は、TAKESPACEさんの作った遊び道具や休憩スペースとコラボで、ちょっとしたテーマパークみたいな感じになった。沢山の子供たちが思う存分遊んでくれた。夜は一旦大垣にバスを停める。
(hamamatsu.png 松本市の展示の様子)

22日 夜に大垣に集合して淡路島に出発、朝に淡路島に到着。

・3/23-24 NPO法人 淡路島アートセンター (http://awajishima-art-center.jp/)
午前中は保育園での展示。沢山の園児、小学生が作品の展示やバスの黒板への落書きを楽しんでくれた。
午後は、洲本城のふもとの公園での展示。夜は淡路島アートセンターの人たちとのプレゼン+懇親会だった。とても楽しいひとときを過ごす事が出来た。
(awaji.png 淡路島での展示とプレゼン懇親会の様子)

24日の昼に淡路島から、四国を横断して、八幡港からフェリーで別府へ向かう。
(ferry.png フェリーの様子)

・3/25-26 NPO法人 BEPPU PROJECT (http://www.beppuproject.com/)
なんと、別府駅の真ん前でバスを展示することができた。
別府に旅行にきた国内外の旅行者、地元の方などが展示を興味深く観てくれた。
(beppu.png 別府の展示の様子)

26日の夕方に別府を出発、24:00頃に山口市に入るが、ここでバスのエンジンが動かなくなり、JAFを呼ぶ。
本当にファイナルツアーになってしまった!と思っていたが、なんとか翌朝には普通に走れるようになった。
YCAMから3Km手前だったので、スタッフの山岡さんたち助けに来てくれた。
(jaf.jpg エンジンが止まったとき)

・3/27-28 山口情報芸術センター[YCAM](http://www.ycam.jp/)
YCAMに遊びに来た人たちが遊びに来てくれた。夕方にYCAM内でプレゼン。ちょうどborderという展示があり面白かった。
28日は秋吉台へのツアーが企画され、客としてThe SINE WAVE
ORCHESTRA(http://swo.jp/)のフルメンバー4人も乗った。彼らは初期のMOBIUMの企画であるMoblabの参加メンバーでもある。彼らは2016年の秋にYCAMで何かする準備に来ていた)。
(yamaguchi.png)

3/29,30 島根経由で出雲大社、京都の天橋立に寄って、無事に30日の夜に大垣着。
(izumo.jpg 出雲大社)
(amanohashidate.jpg 天橋立)
(ogaki_end.jpg 大垣に無事到着)

・4/3  八広highti (http://highti.jugem.jp/)
*東京都はディーゼル規制のためバスは入れず、メンバーだけが展示とプレゼンを行った。
hightiは”廃墟圏住居(4人住)”という面白スペースで、イベントスペースでもある。荒川沿いの、工場地帯にある。
ここもMOBIUMと同じ10周年とのこと。
イベントでは、MOBIUMの今回の映像を流しながら、モタリカ、すずえりの素晴らしいライブ、フィリップのワラビモチ作り実演、隣の部屋ではフリーマーケットも行われていた。その後、プロジェクトのプレゼンや、全体の感想などのトーク、最後は軽くhightiとMOBIUMの10周年お祝いをした。
(highti.png ハイチでのイベントの様子)

約2週間の道中何度か大変なシーンもあったが、基本的にひょうひょうとしていた河村氏。
この動じなさ?とバスへの愛が個人で10年も持つことが出来た理由だろう。

また、バスを停める場所は中々見つけるのが難しい中、各地でサポートしてくれた人たちや、観に来てくれた人、
作品を作った人の力

また、最後になって、バスの調子が良くなって来た。ここ数年エンジンの調子が悪いと思っていたのは、
実はバッテリーの問題だったらしい。
ツアーで元気になったおじいちゃんバスのMOBIUM、もしかしたら続くかも?しれない。

フィリップ

MOBIUM
http://www.mobium.org/

NODE
http://www.node-lab.org/

 Final Tour Tumblr
http://mobium-org.tumblr.com/

takerfaire

友人の竹村さんと有希さんが結婚し、そのパーティが先日行われました。
その名も「takerfaire」!
すごく楽しかったので、写真をUPしておこうと思います。

木材工場敷地内
寿司車に乗って登場
愛の溶接作業
丸太カットによる共同作業
豚の丸焼きの振る舞い
美味しい南米料理
MOBIUM×ワラビモチ愛好会×ミュージシャンのパフォーマンス
浜松Makerによる謎の劇団の不思議なショー
コーラメントスショー(新郎新婦コーラづけ)

いちいち全部楽しかったです!
私は光栄な事に、カードとウエルカムボードを作らせてもらいました。

文化庁 メディア芸術祭 鹿児島 〜境界のあいだ〜MOBIUMに少し参加します

文化庁 メディア芸術祭 鹿児島 〜境界のあいだ〜」のPRに、MOBIUMは移動を主体とした【mobile-museum|移動ミュージアム】とアーティストlozi(河村陽介)が来鹿し、鹿児島県内各地で乗車体験やワークショップを開催。

にワラビモチ愛好会も金、土だけ参加させて頂きます。
鹿児島付近の方はぜひ遊びにおいでください。
かごしま文化情報センター

行ってきました。
木曜晩につくー>コンビニー>バスでワイヤー切りー>宿でハンダ付けー>ワークショップー子供かわいいけど、はんだづけは大変>やっと数分海みれた!!ー>市にもどる(今土曜)みたいな。小山さん、Loziくんおつかれさまですー

スーパーカミオカンデ見学ツアー@GEO SPACE ADVENTURE 2011にMOBIUMで行って来たよ!

スーパーカミオカンデ見学ツアー@GEO SPACE ADVENTURE 2011MOBIUMに参加してきたよ!(2011/7/17)

朝9時岐阜駅に集合、昼に神岡町につき、

dsc04023

バスの中で、sawakoさんの演奏(宇宙ぽかった!)

dsc04031

私は神岡鉱山の歴史の紹介
スーパーカミオカンデ見学ツアー
入る前の説明

dsc04043

坑道前!

kamioka03

まさかのふんどし?

dsc04047

重機すごい!

dsc04050

ガイガーカウンタ反応強かったようです

dsc04064

この下が観測の水槽、見たかった、、!

dsc04067

シュートリノ..

dsc040811

その後神岡町散策(小一時間ほど)、偶然道をきいたお兄さんが
とても面白い道をずっとみんなを連れて行ってくれました、どうもありがとう!

dsc04099

dsc04091

神岡町は鉱山、カミオカンデのイメージしか持っていなかったのですが、水が美味しくとても美しい所でした。

dsc04098

途中で教えてもらった笹巻羊羹が美味しい金木戸屋さん、おいしかった!

dsc041301

という流れ、ちなみに神岡鉱山にちなんで「ダークマターワラビモチ」を作ってみました。
(コンニャク+はちみつ味、ハッタイ粉味、口直しに普通のの3種類でした)
あと、これを機会に神岡町の歴史も調べて簡単だけど皆に伝える事も出来てよかった。

dsc04020

楽しかったです、主催のLOZIくん、一緒にいったみなさん、案内してくれた方々ありがとう!!

ちいさなアートジャンボリー2011: 長者町まちなかアート発展計画があるよ

2011年7月23日(土)~ 8月21日(日)までの期間行われている、『ちいさなアートジャンボリー2011』の最終日のイベントにちょこっと参加する事になりました。私は夕方5時すぎからアーティスト石田さんの結婚祝いイベントにて、ワラビモチまき+ミニ余興をします。
アートジャンボリー最終日であいちトリエンナーレ1周年にもあたる8月21日(日)には、「長者町アートアニュアル実行委員会」や「大ナゴヤ大学長者町ゼミ」とともに『真夏の長者町大縁会』を準備中です。長者町通りの一部を歩行者天国にして様々なイベントを開催する予定とのこと!めでたいお祭り!!ぜひ遊びにおいでください!

その時の写真など

ワラビ農家にワラビをもらいに行くバスツアーvol.3の報告

今回で3回目となる岐阜の蕨農家にMOBIUMバスで行って、
ワラビ採りをして、蕨料理を食べながらお昼ご飯を食べたりするツアーが無事終了したので報告。

まず岐阜駅北口にMOBIUMバス集合=>ワラビ農家へ直行
ワラビ農家入口

dsc03447

dsc03450

わんちゃんがお出迎え

dsc03453

首輪になんかかいてある、名前はミルキー、趣味は合コン、最近よる眠れない、、??

dsc03454

ワラビ採り開始、皆さん一生懸命蕨採りをしています。

dsc03458

dsc03460

dsc03464

dsc03470

dsc03474

dsc03476

なぜかつくしを採っている人も

dsc03479

何だか怪しい人も混じってますね、、
dsc03485

なんとおじさんが焼き芋を焼いてくれていた!!めちゃ美味しい!!
dsc03497

dsc03494

ミルキーも焼き芋を食べていたよ!
dsc03499

マルトヨ農家のおばあちゃんに蕨の煮物とたらの芽の天ぷらと、アブラナの天ぷらを出して頂きました!
すごく美味しかった。ちなみに今回のワラビモチは、コンデンスミルクワラビ+抹茶ワラビでした。

dsc03501

チェンソーアートがいろんな所に!この農家の方の友人が作られたとの事

dsc03502

うさぎ(大)

dsc03503

うさぎ、可愛すぎる、、皆夢中

dsc03504

dsc03505

ワラビモチの作り方ワークショップ

dsc03518

ミルキーもワラビモチの作り方を覚えています

dsc03523

ホットワラビモチを試食します
dsc03525

dsc03532

dsc03535

dsc03543

なんと可愛い子ウサギをワラビモチと交換しました!でもよく読んでみると、、持ち帰ってはいけない??
なんか騙されたような気がするけどうれしい!
また、この日はもう一件MIDORIさんの手作りオーガニッククッキーとワラビモチも交換しました。詳細は後日。
dsc03546

「写真に撮ると、本物よりきれいにみえるでねえ」とおばあちゃんの一言が心に残った。
dsc03551

dsc03560

集合写真=>ありがとうございました!!

dsc03565

追伸:今回頂いた会費からバスの燃料とワラビモチの材料費を引いた残りを東日本大震災の義援金として赤十字に寄付します。マルトヨ農家さん含め、参加してくださった皆様どうもありがとうございました!
P.S.
参加してくださった田中君がレポートを書いてくださいました。どうもありがとうございます!
長者町まちなかアート発展計画

Send to Facebook
View Comments
2011/4/8 Friday
ワラビ農家にワラビをもらいに行くバスツアーvol.3は4/24(SUN)
Filed under: Japanese sweet, art, bus, sweet, warabimochi, workshop — admin @ 2:40:54
ワラビ農家にワラビをもらいに行くバスツアー
今年も行われることになりました!3回目です!

4/24(日曜日 10:40 岐阜駅北側集合)
参加費:一人1000円(バス乗車+蕨農家使用+ワラビモチ)
持ち物:お昼のお弁当/飲み物 各自持参(お酒OK!!)

warabibus03

時間:
10:40 岐阜駅北側集合
11:00 出発
16:00 岐阜駅解散?(詳しい場所は追って告知します)

バス:MOBIUM(www.mobium.org/)

内容:
11:00 岐阜駅北側(詳しくは数日後に連絡します)出発
着くまでにワラビの説明など

交換プロジェクト:?ワラビモチ1パックと何か
あなたのおすすめ品/一芸(何でもあり)と交換してくれる人募集してます(ワラビモ長者プロジェクト)!
その他、何かやりたい方は申し出てください

12:00 ワラビ農家に到着
まず、蕨を収穫する。その後
各自お弁当を食べる
この時、ワラビ農家のおばあちゃんの美味しい手作りワラビ料理が食べられます!
ワラビモチ作り実演?ワラビ農家の方に?ワラビの話を聞いたり、遊んだり

15:00頃 ワラビ農家を出発
16:00 岐阜駅着 解散

・面白い農家に面白いツアーバスで行き、少し蕨やワラビモチに詳しくなれるツアーです!!
?
プレゼンしたい人(何か話したい人)は事前に気軽に連絡してください!
以下、マルトヨさんからの連絡事項

・わらび料理と山菜の天麩羅がでます。
(弁当をほどほどに持ってきてください、
ワラビ料理完食してもらえると婆ちゃんが喜びます)
・わらびは持って帰っていいので希望者は袋などを準備してください
・わらび畑に入るので動きやすく汚れても大丈夫な服装で。軍手があると手が汚れません
是非遊びにおいでください!

定員20名

INFO:
MOBIUM
http://mobium.org/

ワラビモチ愛好会
http://www.phirip.com/

協力:井上天極堂

http://www.phirip.sakura.ne.jp/blog_w/2009/04/09/

[中止になりました]生野銀山を巡る廃墟巡り的なバスツアー

[中止になりました]
ツアーは中止になりました。一刻も早くよい状況になることを祈ります。
震災地の皆様が一刻も早くよい環境に戻れますように!

生野銀山を巡る廃墟巡り的なバスツアー

いつもワラビモチ歌会でご一緒している歌人の伯爵さんから誘われて、
3/20に生野ルート・ダルジャン芸術祭にMOBIUMさん(バス)、に私もワラビモチ参加することになりました。生野銀山を巡る廃墟巡り的なツアーです。

09:00 三宮あたりで集合
移動中は産業遺産の映像を見る(生野銀山・軍艦島)
11:00 生野到着 町歩き
12:00 昼食(生野ハヤシライス)
13:00 再び町歩き
14:30 アート鑑賞
15:30 生野銀山見学
17:00 生野出発
19:00 三宮あたりで解散

[生野ルート・ダルジャン芸術祭、生野銀山とは]
奈良の大仏の銅を産出したという言い伝えもある、長い歴史を誇る生野銀山は、石見銀山、佐渡金山と共に江戸時代には幕府直轄の三大天領鉱山でした。但馬の山間の盆地に開けた美しい街並みは小京都的な和風建築のみならず、明治~昭和初期の洋館もいくつも現存しています。
姫路(飾磨港)から生野まで、明治の始めにフランス人技師ジャン・フランソワ・コワニエによって開かれた「銀の馬車道」が延び、そして生野から神子畑選鉱場、明延鉱山までは「鉱石の道」で結ばれていたのです。このたび、その美しい生野の街で、小規模ながら現代アートの祭典を催すことになりました。ぜひお越しください。

NOX:PM 2 に参加します

MOBIUMさんの「NOX:PM 2」が開催されるよ!
OX(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)による大気汚染は依然として深刻な状況が続いています。
工業地帯を見学し、またその近隣に位置する都市を探索するツアー「NOX:PM」。
今回のNOX:PMは愛知県常滑市を目的地に焼き物のまちを巡ります。

noxpm2

「NOX:PM 2」
日時:2011年2月6日[日] 常滑見学ノイズバスツアー 13:00名古屋集合 20:00ごろ名古屋解散
参加費:1000円(定員15名予約制)
※2010年12月5日を予定していましたが、諸事情により延期になりました。
また、場所についても再調整中ですので変更になる可能性があります。

出演
菊池行記

空間性を響きによって表現することを得意とし、ミュージックコンクレートの洗礼を受けた表現方法。Billy?は1993年に結成、以後ノイズ、フリーミュージックなどの国内外のミュージシャンと数多くのライブをこなす。

Craftwife

クラフトワイフは、7,80 年代スタイルのテクノポップを、iPhone 片手に演奏する既婚女性による・テクノポップバンド。2008年夏より、岐阜県を拠点に、日本各地とドイツにて制作とライブ活動を行う。音響合成プログラムと映像サンプリングシステムの制作から、電子回路と衣装のデザインと制作までを幅広く手掛け、音楽、映像、デザイン、ファッション、言語といった既存の領域を超え、「作る」という行為と精神を尊重した制作活動をしている。
http://www.craftwife.com/

Kaseo

日本が誇るサーキットベンダー。
2005年の春頃からソロ活動の一環として、サーキットベンディングに着手。
毎日ハンダごてを握って改造三昧。代表作にピカルミンなど。
http://homepage.mac.com/kaseo/circuit_bending/

タニウラトモフミ

コンピューターを使い、鬱蒼としたサウンドパフォーマンスを行う。ペーパーポタリスト。

亀田暁彦

アヴァンハイブリットバンド、phallusor主宰。シュトックハウゼン音楽論集ー音楽的時間の統一を読み、電子音楽への興味が爆発。以後テープ、アナログモジュラーからDSPに至るまでの各種手法を駆使した音楽制作を行う。

PHIRIP

ワラビモチ愛好会会長。ワラビモチを愛し、ワラビモチと関わるいろいろな事を実験する活動をしています。合い言葉 ワラビモチを主食に!!

LOZI+MOBIUM

バスの音を運転テクニックやGPSの位置情報により、リアルタイムフィードバックさせます。

●参加方法

リンク先フォームに情報を入力ください。(受付締切2011/2/4[金]まで)

●集合場所

名古屋大学豊田講堂前集合(地下鉄名城線名古屋大学駅2番出口出てすぐ)

ごはんイベント ブレックファーストファースト おおがきライトハウス編

大阪で飲食を楽しみながら参加するライブ&プレゼンテーションの場
「BREAKFAST FAST」を主催している梅田哲也氏を招いてのイベントに参加します

おいしいご飯を食べながら、ライブパフォーマンスや作品展示を楽しみましょう!!

*食事を頂いた分だけ、あるいはイベントのライブへの気分でカンパする制です

タイムスケジュール(仮)
16:00-OPEN
17:00-17:30 Phirip
17:30-18:00 cavilll
18:00-18:30 栗原ペダル
18:30-19:00 村上ゴンゾ
19:00-19:30 Gofish
19:30-20:00 akamar22!
20:00-20:30 mots
21:30 クローズ

lighthouse

おおがきらいとはうす